FC2ブログ

いいとこみつけた

柏・松戸を中心に美味しいお得なお店を紹介しています。

やよい軒 松戸店(その9)

やよい軒9 (1)

この時期になると ここのあのメニューが、人気になります。
松戸の「やよい軒」です。
看板が 変わってシックなイメージになりましたね。
女性が 入りやすくするためでしょうか?

やよい軒9 (2)

やはり寒くなると こちら、鍋メニューが人気になりますよね。
800円台で サイドメニューもついて ご飯が食べ放題なので、他を 圧倒する内容です。

相変わらず混んでおりました。
席数が多いのと 回転も速いので 並ぶほどではないです。

やよい軒9 (3)

100円の コーヒーメニューで来てました。
空いている時間なら ちょっとした休憩も出来ます。

やよい軒9 (4)
やよい軒9 (5)

今回選んだのは、すき焼き定食 890円。
焼き焼き定食には、サイドメニューが付いてなかったです。
やっぱ牛肉ですからね。

具材も盛り沢山、味付けがしっかりとしているので うどんや白菜が いいごはんのおかずになります。

やよい軒9 (6)

余った玉子とすき焼きのタレで ご飯 もう1杯お替りも出来ます。
プラス 60円で玉子を追加するものありですよね。

もう お腹いっぱいになりました。

相変わらずのコスパ 素晴らしいです。

このまま 内容を維持して 店舗数が増えていくといいですね。

やよい軒(その8)
やよい軒(その7)
やよい軒(その6)
やよい軒(その5)
やよい軒(その4)
やよい軒(その3)
やよい軒(その2)
やよい軒(その1)


住所   松戸市本町17-7松葉ビル1F
電話   047-308-6131
営業時間 8:00~0:00
定休日  無休
駐車場  なし
スポンサーサイト



ここのつ(その4)

ここのつ4 (1)

北千住の「ここのつ」に行ってきました。
ここの定食 美味しいんですよね。

小さいお店なので、入れない時もありますので 注意が必要です。

ここのつ4 (2)

お得なのは、セットメニューですかね。
究極のニラレバは、鶏レバを使用して 絶品ですよ。

ここのつ4 (4)

この時期には 鍋メニューもあります。
それも 結構なリーズナブル。

ここのつ4 (5)
ここのつ4 (6)

今回は 寒かったので 塩ちゃんこ鍋にしました。
いい出汁が出ています。
地鶏を使用しているのか 鶏肉自体の旨みが良く出ています。
よく噛んで 味わえる美味しい鶏肉でしたよ。

ここのつ4 (3)

セットで付けられる本格焼酎は、10種類ほど中から選べるのですが「月の中」にしました。
400円程度で このレベルの焼酎が飲めるのは、嬉しいです。
あて として お味噌もついてきます。

お鍋は バランも良く 体に優しいですからね。
もっと食べたい方は、プラス300円で 雑炊セットも食べれますよ。

ニラレバも いいですが 鍋も良かったです。

最近 少なくなった定食屋さん これからも 頑張ってほしいですよね。

ここのつ(その3)
ここのつ(その2)
ここのつ(その1)

住所    東京都足立区千住旭町43-13
電話    03-5284-9281
営業時間  11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日   水曜日
駐車場   なし

子組

子組 (1)

松戸 イトーヨーカドーの前にある「子組」に「行ってきました。
コグミと読むようですね。
黒おでんと海鮮系を主とした居酒屋です。

子組 (2)

すぐお隣にあるるのが、めだか組、同じ系列のお店ですが、こちらは 串焼きを主としているようです。

子組 (3)

店内は こんな感じです。
こちらの方が、テーブルがあって 店内が広いです。

子組 (4)

メニューは 壁に貼ってあるのですが、ドリンクとおでんメニューは、テーブルにあります。

子組 (5)

お通しは、鶏の煮込みとマカロニサラダの組合わせ。
これ200円だったら かなりお得です。

子組 (9)

この日の サービスメニュー 鰤刺し 50円。
お一人様 1点頼めますので、 人数分頼めてしまえます。
50円とは 思えない 美味しさでした。

子組 (6)

黒おでんの大根とたまご。
真っ黒ですが シンプルな味付けですです。
魚粉と青のりは、テーブルにあるのでお好みでかけれます。

子組 (7)

まぐろぶつ 350円。こちらは 普通に美味しかったです。

子組 (8)子組 (10)

鶏のつくねとはんぺん。
くろはんぺんではなく普通のはんぺんでした。

子組 (11)

焼き鳥 盛り合わせ。
レバ・かわ・鶏の3種です。
日向鳥を使用しているそうです。

美味しい焼き鳥でしたね。

子組 (12)

おでんの チーズ巾着。
中には、チーズも入ってますが、もつや野菜など色々入ってました。

子組 (13)

〆は46年風焼きそば。
46年は よく分からないそうですが、なんか 懐かしくて美味しい焼きそばでした。
麺2玉くらいです。かなりの食べ応えがありました。

なかなかのいいお店ですね。

これは、開拓が楽しみなお店を発見いたしました。

住所     千葉県松戸市松戸1240-3 エクセル松戸102
電話     047-368-0304
営業時間  月~木曜日 17:00~
        金・土曜日  17:00~翌5:00
定休日   日曜日
駐車場   なし

東葛大賞典(その6)

東葛大賞典6 (1)

新松戸の 東葛大賞典にやってきました。
ここではよく デカ盛りのらーめんを頼んでいますが、実は もう1つ 凄いのがあるんです。

東葛大賞典6 (6)

中は こんな感じですね。

東葛大賞典6 (2)

メニューはこちらです。
凄いのが どれかと言うと・・・

東葛大賞典6 (3)

今回は頼んだのは、背油 げんこつちゃーしゅーめん 950円です。
ここの売りであるげんこつ系に背脂を追加したものです。

何が凄いかと言うと、スープの濃度です。

東葛大賞典6 (4)

ただでさえ濃度が濃いのに さらに背脂まで たっぷり入ってます。

東葛大賞典6 (5)

麺は 細麺と太麺を選べますが、太麺の方です。
濃いスープにも負けないしっかりとしたものです。

正直 濃度が高いので お腹の弱い方には お薦めできません。

超コッテリ派のらーめんがお好きな方、是非 唇 ギラギラしに来てみてください。

東葛大賞典(その5)
東葛大賞典(その4)
東葛大賞典(その3)
東葛大賞典(その2)
東葛大賞典(その1)


住所    千葉県松戸市新松戸2-22 Tsビル 1F
電話    047-711-9333
営業時間  11:00~翌2:00
定休日   無休
駐車場   なし

大国ホルモン(その2)

大国ホルモン2 (1)

北千住の「大国ホルモン」に行ってきました。
この日は、ちょっとしたイベントデーだったので 思わず寄ってしまいました。

大国ホルモン2 (2)

なんと もつ煮とハイボールが 100円です。
ハイボールに関しては、何杯でも 100円と 大判ふるまいです。

大国ホルモン2 (3)
大国ホルモン2 (5)

通常メニューは こちらです。

大国ホルモン2 (4)

お通しの枝豆と 100円ハイボール。

大国ホルモン2 (6)

100円の もつ煮。
量は 少なめでしたが、美味しいもつ煮でしたよ。

大国ホルモン2 (7)
大国ホルモン2 (8)

看板メニューのハラミカツとレバテキ。
レバテキは、しっかりと火が通っていました。

大国ホルモン2 (9)

もつとふわホル。
奥のふわホルは、想像以上に柔らかくておすすめです。
他では 食べたことがない味ですね。

大国ホルモン2 (10)

興味があったので 頼んでみました。
あみればです。
おそらく、レバを網脂でくるんで焼いたものだと思います。
ちょっと コッテリさが増すような感じでした。

前回は、オープンしたての頃に来たのですが、だいぶんメニューが変わっていましたね。

いい感じのお店だと思いますよ。

大国ホルモン(その1)

住所    東京都足立区千住旭町40-24
電話    03-5284-9434
営業時間   17:00~24:00
定休日   無休
駐車場   なし

ヒラマヤカレー

ヒラヤマカレー (1)

10/1にオープンした 「ヒマラヤカレー」です。
場所は、松戸の ワイン酒場 次男坊の跡地です。
渋谷を中心とした チェーン店の様ですね。
ネパール人が作る本場ネパールカレーのお店です。

ヒラヤマカレー (2)
ヒラヤマカレー (3)

ディナーのセットのカレーは、こんな感じです。
出来れば 場所柄 1000円を切るセットが 欲しいところですね。

ヒラヤマカレー (4)

ランチは こんな感じ。
カレーは、日替わりで 数種類から選べます。

ヒラヤマカレー (5)

初めてなんで 無難にディナーセット 1242円にしました。

まずは、サラダ。
このドレシング なかなか美味しい。

ヒラヤマカレー (6)
ヒラヤマカレー (7)

カレーは、激辛のマサラチキンです。

ちょっと殺風景ですが、カレー自体は、美味しい。

カレー屋さんなんで 定番化されてしまいますが、何か もう少し売りになるものがあるといいですね。

このカレー 昼食べると半額近くになるので まずは ランチがおすすめですね。

カレー自体は 美味しいので 今後の展開が楽しみなお店ですね。

住所     千葉県松戸市本町19−10 
営業時間  11:00−23:00
定休日    無休
駐車場    なし

丸一(その24)

丸一24 (2)

何回っても 色々な創作料理が楽しい「丸一」です。
今回も、どんな料理が 食べれるか楽しみですね。

丸一24 (1)

この日のおすすめは こちらでしたね。

丸一24 (3)

もともと お通しが豪華でしたが、さらに 豪華にしたようです。

丸一24 (4)

そして ビール。

丸一24 (5)

いか 3種盛り。
あおりいか・するめいか・やりいかの3種です。
味の食べ比べが出来て、面白いですね。

丸一24 (6)

まぐろたたき たくあん磯部巻。
自分で、海苔にわけぎとまぐろのたたきを巻いて食べるのですが 海苔も6枚あるので食べ応えもあります。

これなら 家でも すぐパクれそうです。

丸一24 (7)

特大 牡蠣フライ。
縦10cm位ありました。
ジューシーで 堪らないです。

そのほかにも メニューになくても 簡単に作ってくれたりして、とてもありがたいです。

毎回 違う料理が食べれて楽しいですね。

丸一(その23)
丸一(その22)
丸一(その21)
丸一(その20)
丸一(その19)
丸一(その18)
丸一(その17)
丸一(その16)
丸一 花見’2014
丸一(その15)
丸一(その14)
丸一(その13)
丸一(その12)
丸一(その11)
花見 ’2012
丸一(その9)
丸一(その8)
丸一(その7)
丸一(その6)
丸一(その5)
丸一(その4)
丸一(その3)
丸一(その2)
丸一(その1)

丸一 花見(その2)
丸一 花見(その1)

てんぷらめし 天之助

天の助 (1)
天の助 (2)

柏の大井に出来た「天之助」に行ってきました。
フーサワグループの新しいお店です。
とてもリーズナブルなのですが、天ぷらを1個ずつ出してくれる ちょっとリッチ感あるお店です。

場所は、以前 大井食堂があった場所です。

天の助 (3)

さすが フーサワグループ。お花もたくさん来ておりました。
オープン数日後、外のお花は、持ち帰ってもいいサービスもあったようです。

天の助 (5)天の助 (6)

まずは 食券を購入します。
単品でも購入できますが、新たにこちらで食券を購入しなければならないので 追加で食べたいものがあったら先に買っておいた方がいいですよ。

天の助 (4)天の助 (7)

カウンターに置いてあった 塩辛・漬物・ふりかけです。
無料なので 食べれる分だけ取ってくださいね。
天ぷらの出てくるまでの ちょっとした箸休みになります。

天の助 (8)
天の助 (9)

今回は、天之助定食 830円にしました。
この定食が 1番バランスがよく お得感もあります。

かき揚げは ふんわりと美味しいですね。
やはり 揚げたてのポイントは高いです。

柏産のご飯も美味しい。
このご飯が食べれるだけでも ここに来る価値ありですよ。
ただし、ご飯は少なめなので、しっかり食べたい方には 大盛り(無料)がおすすめです。

年内は、ご飯1杯無料でお替わり出来ます。

天の助 (10)

第2陣は、海老・鶏もも・南瓜です。
サクサクの揚げ立て感が美味しいです。

天の助 (11)

第3陣は、半熟卵・烏賊・なすでした。

天の助 (12)

最後は、ご飯をお代わりして TKG?
天つゆもかけて 美味しいご飯を頂きました。

この価格でこの内容 頑張っていますね。

天ぷらを サクッと食べたいとき この店 ポイント高いですよ。

住所     千葉県柏市大井800-2
電話     04-7128-4147
営業時間   11:00~21:00  
定休日    年末年始以外無定休
駐車場    あり

品川製麺所

品川製麺所 (1)

学芸大学 駅前にある らーめん屋です。
ちょっと前は すためしどんどんと言うらーめん屋?でした。

品川製麺所 (3)
品川製麺所 (4)
品川製麺所 (5)

メニューは、こちら。
色々とありますが、チェーン店ですので 個性的な感じはあまりありません。
無難な線を確保しています。

品川製麺所 (2)

最大の魅力は こちらですかね。
オールタイム ライス食べ放題です。

品川製麺所 (7)

最初の ご飯をキープ。
漬物もありますので 先に食べたい方も フライング okです。

品川製麺所 (9)

こちらが こだわりの云々になります。

品川製麺所 (8)

使っているか 分かりませんが 大きな釜もありました。
ここで 豚骨を ぐつぐつ煮込んでいる雰囲気は、感じられませんでした。

品川製麺所 (10)
品川製麺所 (11)

前回は、出てくるのに相当かかりましたが、今回は 早かったです。
釜炊き豚骨味玉らーめん 730円です。
でも、前回より ちょっとスープが薄い感じ・・・

品川製麺所 (12)

前回は、濃厚な 豚骨の旨さ出ていたのですが、薄めな感じがしたので 高菜と紅ショウガのトッピングを追加してみました。
物足りない方は、らーめんのタレを追加してくださいと書いてあったので、そちらも入れてみましたが 醤油系のタレだったので ちょっとイメージが違うような気がします。

前回のスープで、今回のスピードで ライス食べ放題なら 魅力あると思うんですけどね。

次回を 楽しみしましょう。


五感ず(その6)

五感ず6 (1)

今年のブロガーの忘年会は、「五感ず」でした。
もう少ししたら 駅近くに 3号店も出来ます。

五感ず6 (2)

奥にこういう座敷があるのですね。
初めて入りました。

五感ず6 (3)

まずは、ビール。

五感ず6 (4)
五感ず6 (7)

ど定番のまぐろタルタル。
中のまぐろのタルタルソースを混ぜて、バケットに乗せて頂きます。

五感ず6 (5)

真鯛のカルパッチョ。
彩りきれいですよね。
ケッパーがいいアクセントです。

五感ず6 (6)

生ハムとレバパテ。
この辺は おつまみ的にも最高ですよね。
どの料理も 鮮やかなだけではなく 味も 相当旨いです。

五感ず6 (8)

キッシュ。
まったりと マヨネーズが効いていて お酒との相性も バッチリです。
あまり キッシュは 好みではありませんでしたが これなら 2,3個は食べたくなるくらいです。

五感ず6 (9)

五感ずサラダ。
ボリューム満点のサラダです。
根菜や海鮮が そこら辺にちりばめられているサラダです。
サラダなのに 食欲をそそられますね。

五感ず6 (10)

和牛すね肉のアッシェパルマンティエ。
ひき肉のお替わりに和牛すね肉が入っている贅沢品です。
デミグラスソースとマッシュポテトの組合せも美味しい。
よく煮込まれた牛肉は、柔らかくてぽっぺたもとろけてしまいそうです。

五感ず6 (11)

グルクンのポアレ白ワインのクリームソース。
鯛のような旨味のある魚です。
カリカリの皮と クリームソースの相性が抜群でしたよ。

この辺から 圧巻ですよ。

五感ず6 (13)
五感ず6 (15)

蝦鹿のロースト。
これで 5人分なのですが こんなてんこ盛りの蝦鹿のローストは 見たことありません。
フィレ肉なので 超柔らかいです。食べた瞬間 にっこりですよ。
赤ワインのソースも、上手に 肉の旨みを引き出しています。

五感ず6 (14)

このお肉には、赤ワインでしょう。
このワイン 飲みやすくて 美味しかったですよ。

五感ず6 (12)

そして まさか出てくるとは思わなかった ラクレットチーズ。
これを 食べてしまうと 今まででのチーズ感が変わってしまいます。
柏でこれを食べれるお店は そうはないですからね。

五感ず6 (16)

最後は 締めのパスタは、ベーコンとチーズと蕪の葉のペペロンチーノ、てんこ盛りバージョン。
この辺では みんな お腹が かなりいっぱいなのですが、美味しいから入る。
ちゃんと みんなで完食しましたよ。

予想以上に 素晴らしい料理でした。

さすが 五感ずさん、 今月に出来る新しい店舗も 期待が出来ますね。

五感ず(その5)
五感ず(その4)
五感ず(その3)
五感ず(その2)
五感ず(その1)

住所   千葉県柏市中央1-9-16 YSビル2F
電話   04-7168-5454
営業時間 月~木  18:30~02:00(L.O.01:00)
     金・土  18:30~04:00(L.O.03:00)
定休日  日曜日
駐車場  なし

STOVE

stove (2)

柏銀座通りにある「STOVE」のランチに行ってきました。
アウトドアグリルをコンセプトにしたお店です。

stove (1)

今は、ランチのメニューは 2種類です。
どちらも こだわりの料理で美味しそうです。

stove (3)

中は このような 感じ。出来て間もないので 非常にきれいです。
階段は 上りづらいんですけどね。

stove (4)

もう1つの売りのコールドプレスジュース。
ランチにも 日替わりでついてきますので 味わえますよ。

stove (5)

まず 1回目の訪問は、黒黒ハンバーグの方にしました。
黒毛和牛と黒豚を使用した リッチなハンバーグです。

stove (6)
stove (7)


まんまるとした ハンバーグ 実はこの中に 肉汁がたっぷりと封じ込められています。
ナイフを入れた瞬間 ビックリするほどの肉汁が ほどばしってきます。
こんなに肉汁が出てくるハンバーグは 見たことがないです。

stove (8)

日替わりのコールドプレスジュースは、バーガンディーでした。
ビーツ・ジンジャー・アップル・オレンジを特別の機械で摩擦熱を出さないようにして栄養価を損なわないよう絞り出した生ジュースです。
甘みの中にジンジャーが効いていて 体によさそうで 美味しいドリンクです。

ハンバーグもコールドプレスジュースも美味しかったです。

これからの 寒い時期になったら、どんな料理が出てくるのか 楽しみなお店ですね。

住所    柏市柏3-3-18
電話    04-7192-8518
営業日  11:30-0:00
定休日   日曜日
駐車場   なし    

東葛MARUKAKU(その14)

東葛MARUKAKU14 (1)

南柏の「東葛MARUKAKU」に行ってきました。
今回寄ったのは 新メニューが出来たからです。

東葛MARUKAKU14 (2)

こん中に 新メニューがありますよ。
見づらいですが 中段 ちょっと右側・・・

東葛MARUKAKU14 (3)

こちらが、新メニュー。
でも かなりシンプル。
それは、上に乗りものが大きすぎて のらないからです。

東葛MARUKAKU14 (4)

今回は、ちょっと 問題があって、先に麺を先に頂きます。
兎も角 もやしを減らさないと・・・・

東葛MARUKAKU14 (5)

そして やっとトッピングが出てきました。
デカ唐揚げです。
実は、これ 店員さんが間違って2枚一緒に唐揚げを上げてしまったようで、らーめんの上には乗せられないほどのボリュームに・・・

東葛MARUKAKU14 (6)

だいぶん もやしと麺が減ってきたので 丼の上に トッピング。
これでも 唐揚げ 何個か食べている状態です。

今回は 特別仕様になってしまいましたが、通常の1枚ものでも、かなりのボリュームがあります。

たくさん食べたい方は 野菜増しと言う手もありますからね。

まぜそばやつけ麺にも たっぷりのもやしが付いたりしますので、そちらも 圧巻ですよ。

是非 がっつり派の方 いろいろと楽しんでみてください。

東葛MARUKAKU(その13)
東葛MARUKAKU(その12)
東葛MARUKAKU(その11)
東葛MARUKAKU(その10)
東葛MARUKAKU(その9)
東葛MARUKAKU(その8)
東葛MARUKAKU(その7)
東葛MARUKAKU(その6)
東葛MARUKAKU(その5)
東葛MARUKAKU(その4)
東葛MARUKAKU(その3)
東葛MARUKAKU(その2)
東葛MARUKAKU(その1)

住所   柏市今谷上町71
電話   04-7190-5645
営業時間 11:00~25:00
定休日  無休
駐車場  あり

丼丸 小金原店

丼丸 (1)

小金原商店街のそばに出来た「丼丸」です。
一部を除いて オール 540円(税込)の海鮮丼のテイクアウトのお店です。

近くだと みのり台や常盤平にもあるようです。
店舗情報はこちら

並盛 540円 シャリ大盛り 648円 ネタ大盛り 756円 両方大盛り 864円というシステムです。(すべて税込)

丼丸 (2)
丼丸 (3)

どんぶりの種類は、80種類以上、 色々ありすぎて 何を頼んでいいか悩みます。

丼丸 (4)

サーモンづくし丼 540円。
2種類のサーモンに サーモンのたたきが たんまり乗っています。
サーモン好きには、堪らないですよね。

大きさは、13cm*13cmくらいであまり多くは見えません、縦に ごはんがぎっしり詰まっているので、見た目以上にボリュームあります。

丼丸 (6)

お店の名前がついた どんまる丼 540円。
内容は、まぐろ・サーモン・烏賊・ネギトロと立派な内容です。
それも ネタのボリュームがあるのが嬉しい。
フワフワのネギトロの量が 半端ないです。

丼丸 (5)

こちらは、日替わり丼 540円。
この日は、鯛・つぶ貝・しらす・いくら・小肌・海老・北海タコ・炙りサーモン・ヤリイカと9種類も乗っていました。

どれも 540円とは思えない満足感はありましたよ。

予約をしておけば、待たずにもらえるので そちらの方が便利です。

詳しいメニューは、こちらで参照できます。

最近は 家で作ってもそこそこ金額がかかるので こういうお店があるとありがたいですね。

住所     千葉県松戸市小金原5-30-4
電話     047‐710‐0740
営業時間  10:00~21:00
定休日    無休
駐車場    あり 2台

兎に角(その17)

兎に角17 (1)

松戸の兎に角に行ってきました。
ここのらーめん ひきつけるものがあります。

兎に角17 (2)

メニューも あまり変わらないので、頼むものも偏ってきてしまします。
でも、美味しいので 何回でも飽きずに食べれますね。

兎に角17 (3)兎に角17 (4)


今回も 坦々まぜそば 780円です。
油そばの ちょっぴり辛いやつです。

モチモチの麺は、250g(普通盛り)でも あっさりと食べれます。

兎に角17 (5)
兎に角17 (6)

途中から割りスープをもらえるんですが、これが また濃厚で、いいんですよ。
割りスープを 入れたら 熱々の濃厚魚介豚骨らーめんに変身します。
(割りスープ)は 店員さんに頼まないと出て来ません。)

何回食べても この味 美味しいですね。

兎に角(その16)
兎に角(その15)
兎に角(その14)
兎に角(その13)
兎に角(その12)
兎に角(その11)
兎に角(その10)
兎に角(その9)
兎に角(その8)
兎に角(その7)
兎に角(その6)
兎に角(その5)
兎に角(その4)
兎に角(その3)
兎に角(その2)
兎に角(その1)

場所  松戸市根本462   
電話  047-361-4667
時間  11:00~23:00 
定休日 無休
駐車場 無し

マルチョー(その7)

マルチョー7 (10)

柏銀座通りの マルチョーです。
たまに覗くのですが、ほとんど入れないのですが、この日は 運良く入れました。
このお店の焼き鳥は 格別ですからね。

マルチョー7 (1)

焼き鳥メニューは、こちら。
少し高めですが、通常の2倍の大きさなので、実は かなり お得です。
ただ、レバは売り切れていることが多いですね。

マルチョー7 (2)

こちらは この日のおすすめ。
焼き鳥以外のメニューも 色々とあります。
ただ、量が多いので 一人だと頼み方が難しいところもありますね。

マルチョー7 (3)

まずは、焼酎と お通し。
お通しは、根菜たっぴりの煮物。

マルチョー7 (4)

ささみの山葵。
写真だと 大きさは分かりづらいですが、かなりでかい。
中もレア感あって、美味しいですよ。

マルチョー7 (5)

つくねのタレ 黄身付き。
黄身をからめながら食べるつくねは 美味しいですよね。

マルチョー7 (6)

ねぎまとふりそで。
ビジュアルがたまりませんよね。
ここの焼き鳥は、柔らかくて美味しいんです。

マルチョー7 (7)
マルチョー7 (8)

明太子オムレツ チーズ入り。
通常メニューが大きいので小さ目に作ってもらいました。
中には チーズがたっぷり、トロトロのオムレツは 美味しいですね。

久し振りのマルチョー、やはりいいですね。
ここで 焼き鳥が食べれるのは 幸せですね。

マルチョー(その6)
マルチョー(その5)
マルチョー(その4)
マルチョー(その3)
マルチョー(その2)
マルチョー(その1)

住所   千葉県柏市東上町2-3  
電話   04-7163-6433
営業時間 17:30~
定休日  日曜日
駐車場  なし

くいしんぼ 中目黒店(その2)

くいしんぼ 中目黒店(その2) (8)

中目黒の「くいしんぼ」に行ってきました。
ここは、ステーキが リーズナブルに食べれるお店です。

くいしんぼ 中目黒店(その2) (1)

今回は この看板に 惹かれてしまいました。

くいしんぼ 中目黒店(その2) (2)

ランチも 安いんですよね。

くいしんぼ 中目黒店(その2) (3)

なるほど ダブルやトリプルもある様です。
サラダつくと 若干上がります。
ソースは 6種類から3種類に減っていました。
前の山葵のソース かなり行けていたんですけどね。

くいしんぼ 中目黒店(その2) (5)
くいしんぼ 中目黒店(その2) (6)

くいしんぼステーキ シングル 980円です。
ライスは食べ放題です。

くいしんぼ 中目黒店(その2) (7)

お肉は、2枚に分かれていました。1枚 100g計算です。
焼き方は何も言いませんが しっかりと火が通っていました。
お肉は アメリカ牛っぽく しっかりした歯ごたえと お肉自体の美味しさがあります。

くいしんぼ 中目黒店(その2) (4)

やたら 女子が多かったと思ったら、ドリンクが無料だったんですね。

1000円以内で ステーキが食べれるのは ありがたいですね。それも ライス食べ放題だし・・・

これからも このまま 頑張ってもらいたいですね。


vinyl(ビニル)

vinyl (1)

柏の「vinyl」に行ってきました。
ロックBARなんですが こだわりのカレーが食べれるお店です。
お店の個性派ですが、カレーも個性派です。

vinyl (4)

中は、こんな感じです。
店内は かなり暗め、ソニーのカメラで良かったです。
なんとか 写っていました。

vinyl (3)

ビールは 10時までは半額になるそうです。
半額は 嬉しいですね。

vinyl (2)

カレーは、週替わりです。
この日のカレーはビー・サム・スージーカレー。
中身は、ビーフ 時々 牛筋入りカレーだそうです。

vinyl (5)

ビー・サム・スージーカレー おそらく 880円。
具は、柔らく煮込まれたビーフにジャガイモ、ところどころにとろけかかった牛筋。
ルーは、ボンベイを彷彿させるスパイスが効いたサラサラカレー。
ボンベイとちょっと変わった感じで 美味しいですね。

マスターも 気さくな感じで いい感じでした。

まさか ここのカレーが こんなに美味しいと思わなかったです。

2月には、KIC主催の 柏の辛いものお店のイベントにも参加されるそうですよ。

次回来た時のカレーが、また 楽しみです。

ちなみに、カレーは 金曜日に作りこみをするので、金曜日に行った方が 作りたてでスパイスが効いて美味しいそうです。

住所    千葉県柏市旭町1-7-11 MYビル 2F
電話    04-7145-3232
営業時間 [月~木・日] 19:00~翌2:00
       [金・土]    19:00~翌4:00 もしかしたら20:00~かも・・・
定休日  無休
駐車場  なし

津々浦々

津々浦々 (14)

柏の「津々浦々」でランチをしてきました。
久利舟のセカンドブランドのお店です。
自然薯を使用した麦とろご飯が売りのお店です。

津々浦々 (3)
津々浦々 (2)
津々浦々 (1)

メニューは、こちら。
麦とろご飯に変更すると 価格は ちょっと高めです。

津々浦々 (13)

中は 今感じです。
とてもキレイな 女性受けしそうなお店です。
周りを囲まれたテーブル席も 多数あります。

津々浦々 (4)

麦とろ御前 おととお造り 1550円。
麦とろご飯とお刺身のセットされたメニューです。

津々浦々 (5)
津々浦々 (10)
津々浦々 (11)

ご飯は、麦ごはんです。
茨城産の天然の自然薯を100%使用してます。
特に味付けはされていないようなので、あっさりとした自然薯です。

麦ごはんの量は 女性客が多いせいか あまり多くはないです。

津々浦々 (6)
津々浦々 (12)

お刺身の質は 高かったです。
写真を見てもらえば 一目瞭然ですよね。

津々浦々 (9)

こちらの 豚汁は めっちゃ美味しかったです。

津々浦々 (7)

かしわ御前 1000円。
いわゆる唐揚げ定食です。
唐揚げは 美味しかったですが 少し高い気もしますね。

津々浦々 (8)

看板メニューの 麦とろご飯 980円です。
麦とろご飯がメインになりますので この価格だとちょっと寂しさがあるかもしれないです。
せめて ご飯のお替りなども出来たら違う気もしますね。
高くても 何かとセット3メニューを頼んだ方が お薦めだと思います。

うちの女性陣は かなり満足してましたので 女性から見ると魅力があるんだと思います。

夜は 居酒屋風になりますので そちらも楽しみですね。

住所      千葉県柏市旭町1-10-18
電話      04-7146-5019
営業時間   17:00ー24:00
定休日     無休
駐車場     なし

せんじゅ 麺処 猪太@北千住

猪太 北千住店 (1)

昨日に引き継き「猪太」です。
猪太と言っても こちらは、北千住に12/10に 出来たばかりの猪太2号店です。
オープン当日に行ってきましたが、かなりの人気でしたよ。

場所は、北千住駅からプライス(元イトーヨーカドー)の先を右折して50mくらいです。
駅から 徒歩5分程度です。

猪太 北千住店 (2)

表には、花がいっぱいでした。
柏の人気店からの花も多かったようです。
この辺は、柏からの出店らしいですよね。

猪太 北千住店 (3)

オープンしたてなので、まだ、メニューは 少なめです。

猪太 北千住店 (5)

こだわりは 柏のお店と一緒ですね。
ネギは 千寿ネギを使用しているようです。

猪太 北千住店 (4)

柏店と違うとこは、生卵が1個 無料で付きます。

猪太 北千住店 (6)

セルフで ご飯がサービスで付くのは、一緒ですね。

猪太 北千住店 (7)
猪太 北千住店 (8)猪太 北千住店 (11)

頼んだのは、豚骨塩らーめんです。
柏同様 鍋で出て来ます。
最後まで熱々ですが、麺は伸びない不思議ならーめんです。

猪太 北千住店 (9)

肉増しも頼んだですが、こういうものだったんですね。
ご飯との相性 バッチリでした。

猪太 北千住店 (10)
猪太 北千住店 (12)

すき焼き風に生卵に麺を絡めて食べるのは、新しいです。
味が 濃いめなので この食べ方はいいですね。

猪太 北千住

残った卵をご飯にかけて食べるのも、ありですよ。

相変わらず 美味しいですね。

北千住に新しい風邪を吹き起こしそうですよね。
今後が 楽しみです。

住所      東京都足立区千住3-6
電話      070-6940-1210
営業時間    11:30〜14:30 17:00〜22:00
定休日     水曜日
駐車場     なし

猪太(その11)

猪太11 (1)

段々と寒くなってくるとここのらーめんが 食べたくなってきます。
柏の「猪太」です。
ここの鍋らーめん いつまでも熱々で美味しいんですよ。

猪太11 (2)

メニューは、こちらです。

猪太11 (3)

今回は 豚カレーラーメン 900円。
ここのカレーラーメンは、半端なく濃度が高いです。
辛さは選べますが、激辛でお願いいしました。

猪太11 (4)

無料で ご飯が付くのはいいですよね。
特に カレー系のらーめんには必須です。

猪太11 (5)

細麺ながら なかなか伸びないのが大きな特徴です。
濃厚なカレースープが麺にガッチリと絡んできます。

地元産の野菜が たっぷり入っているのも嬉しいですね。

猪太11 (6)

麺を食べ終わったら、そこに ライスを投入。
これが また合うんです。

問題点は、スープまでしっかりと完食してしまうので 食べすぎてしまうことですかね。

これからの寒い時期は このらーめん 是非 おすすめですよ。

また、北千住に 猪太2号店が出来てますので そちらも楽しみですね。

猪太(その10)
猪太(その9)
猪太(その8)
猪太(その7)
猪太(その6)
猪太(その5)
猪太(その4)
猪太(その3)
猪太(その2)
猪太(その1)

住所   千葉県柏市柏3-10-20 柏ストーンハイツ101
電話番号  04-7166-5800
営業時間  11:30~14:30 17:00~22:00(売り切れ次第終了)
定休日   水曜日
駐車場  なし

小満堂

小満堂 (1)

柏インター近くの小満堂にランチに行ってきました。
ここは、ボリューム満点のランチが食べれますよ。

小満堂 (3)
小満堂 (4)

ランチメニューは、680円~ですが、なんと ご飯 スープ お替り自由でドリンクバーまで付きます。
いっぱい食べれる方には 威力的なお店です。

小満堂 (8)

199円のおつまみメニューもあります。
ただ、車で来やすいお店なので お酒が飲めないのが残念です。

小満堂 (2)

お弁当もありますので、お近く方は、利用価値ありですね。
6個以上なら 配達もしてくれるのもありがたいです。

小満堂 (6)

なかは こんな感じ。
かなり余裕を持った造りになっています。

小満堂 (5)
小満堂 (7)

ドリンクバーは セルフで コーヒー・烏龍茶・ジャスミン茶の3種のみなります。
ジュース系はないので お子さん向けでは ないですね。

小満堂 (9)

ハンバーグ麻婆豆腐セット 950円。
チリソースのかかったハンバーグに麻婆豆腐・サラダ・シュウマイ・スープ・ナムル・ザーサイと凄いボリュームです。
これで ご飯とスープ・ドリンクが 食べ放題ですからね。
ただし、通常メニューなので、いつもあるわけではないと思います。

小満堂 (10)

柔らかいハンバーグなのですが、チリソースが美味しいので 満足度も高いです。
チリソースもたっぷりかかっているのでこのソースだけでも ご飯1杯はいけてしまいます。

小満堂 (11)

麻婆豆腐は、あまり辛くがありませんが、味噌の効いたタイプで ごはんとの相性がいいですね。

小満堂 (12)
小満堂 (13)

こちらは 八宝菜定食 880円。
日本人向けの味付けで ご飯が進みます。
野菜もたっぷりと食べれて バランスもいいです。

お腹いっぱいになりましたね。
埼玉・野田あたりの16号沿いのお店は チェーン店が多いのでこのお店は貴重ですよ。

住所    千葉県柏市大青田809-1
電話    04-7134-2065
営業時間 [月~金]  11:00~15:00 17:00~22:00
       [土・日・祝] 11:00~22:00
定休日  無休
駐車場  あり

旬彩 一

旬彩 kazu (1)


柏の「旬彩 一(kazu)」行ってきました。
前から 気にはなっていたお店です。
本格的は 和食が頂けますよ。

旬彩 kazu (3)
旬彩 kazu (4)

メニューは、こちら。
少し高めですが、ボリュームもあるので 楽しみですね。

旬彩 kazu (2)
旬彩 kazu (5)

まずは、ビールとお通し(秋刀魚の煮つけと小松菜のお浸し)
最初から 美味しそうなものが出て来ますね。

旬彩 kazu (6)

お刺身 3点盛り頼んだら この内容です。
どう見ても 5点盛りです。
こういうサービス嬉しいですよね。
雲丹が 超美味しかったです。

旬彩 kazu (7)

田舎鶏と奥久慈卵の親子煮。
お肉がボリューミーで卵がトロ~リと 堪りませんね。

旬彩 kazu (8)

インドマグロほほ肉のカツ。
ほほ肉なので柔らくてジューシー。

他の料理も気になります。
でも ここに来たら お刺身は 外せないかな・・・・・

住所     千葉県柏市旭町1-7-11 神田ビル 1F
電話     04-7147-2914
営業時間  17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日    月曜・第3日曜
駐車場    なし

いってんばり(その3)

いってんばり3 (1)

増尾の「いってんばり」に行ってきました。
美味しい手羽先の専門店です。

いってんばり3 (2)

お気に入りの 手羽先の唐揚げ。
とても 美味しいので 10個くらい簡単に食べれます。

いってんばり3 (4)

手羽先の塩。
シンプルながら 鶏の美味しさをダイレクトに味わえます。
切れ込みが 入っているので簡単に2つに割いて食べれるので、面倒くさくないですよ。

いってんばり3 (5)

手羽先 タレ味。
また、こちらも 美味しいんだよね。

いってんばり3 (3)

水餃子。
分けられてしまったので1個しか 写真撮れませんでした。
お肉がしっかりと詰まった美味しい水餃子です。

いってんばり3 (6)

つくね 唐揚げ。
15個で500円なので、人数がまとまった時に 頼んでください。

このお店は マスターが 楽しいですからね。

是非、楽しみに行ってみてください。

いってんばり(その2)
いってんばり(その1)

住所     柏市増尾台1-12-8
電話     070-6986-2344
営業時間  16:00~23:00 
定休日    木曜日
駐車場    あり 2台

Azzurro520

アズーロ (1)

新しく あさひ町通りに出来た「Azzurro520」に行ってきました。
場所は、新しく出来た「鳥貴族」1Fになります。
普段使いのしやすい いいお店ですよ。

アズーロ (2)

本日のすすめ。
ワインが良かったですよ。

アズーロ (3)
アズーロ (4)
アズーロ (5)

メニューは 390円~ とお手頃なものから 肉もあり、ピザやパエリヤなどお腹にたまるものもたくさんあります。

アズーロ (12)

中は こんな感じです。
やはり 女性のお客さんが多かったですが、男性でも気にせず入れます。

アズーロ (6)

まずは おすすめのワインから・・・
500・600円程度ですが非常に飲みやすいワインで美味しかったです。

アズーロ (7)

お通しは ドンタコス?にサルサソース。
ドンタコスもこうなると ちゃんとした1品料理になりますね。

アズーロ (8)

おつまみパルミジャーノ 390円。
思ったより ボリュームあります。
色々な 料理と一緒に食べると コクが増すので 使い勝手がいいですね。

アズーロ (10)
アズーロ (9)

海老のアヒージョとバケット。
アヒージョのオイルに色々な旨み移っていて 絶品です。
バケットにつけて食べると とても美味しいです。

アズーロ (11)

モヒートと 1番安かったワイン(390円)です。
モヒートは、ストローが2本付いてラブラブなやつです。
赤ワインの方は、グラスが小さくなるのですが なみなみと注いでくれるので、いっぱい飲める気分になって嬉しいですよね。

アズーロ (13)

ピザは ビスマルクにしました。
専用の窯で焼くピザは、間違いなく美味しいですよね。
980円で 30cm近くあるので、お得感もあります。
半熟卵の トロ~リ感 堪らないですよね。

アズーロ (14)

なかなか出てこなかったので最後になってしまったお肉。
フラップミート(カイノミ)のロースト。
写真は 150gで980円ですが、十分 お肉を楽しめます。
バルサミコソースと本わさび・香味塩と食べ方も色々です。

静かなお店ではないので、ワイワイやるのは いいお店ですね。
料理も リーズナブルで 種類も多いので かなり 流行りそうなお店ですよ

住所     千葉県柏市旭町1-4-16 1F
電話     050-5785-7620
営業時間  月~金    ランチ 11:00~14:00(LO14:00)
        土・日・祝   ランチ 11:00~15:00(LO15:00)
        月~木・日  ディナー・バー 17:00~1:00(LO24:30)
        金・土     ディナー・バー 17:00~2:00(LO1:30)
定休日   不定休
駐車場   なし

麺屋 凛(その3)

麺屋 凛3 (1)

北小金の「麺屋 凛」で朝ラーしてきました。
なんと このお店 午前8時から オープンしております。

麺屋 凛3 (2)

営業時間 8:00~23:00までと長いですね。
すぐお隣に 6台駐車場があります。

麺屋 凛3 (3)

メニューは 夜と変わらないです。
とういうことは、 朝からお酒は飲むことも出来てしまいます。

麺屋 凛3 (4)

中は こんな感じです。
座敷席も多いです。。

麺屋 凛3 (5)

テーブルには、無料の調味料があります。
定番のものが多かったです。

麺屋 凛3 (6)
麺屋 凛3 (7)

どれでも頼めるのですが、朝ラーに向いているのはこちら 博多ラーメン 300円です。
丼が大きいので少な目に見えますが、普通に一人前です。
替え玉を考慮して 大きな目な丼 スープ多めしているそうですよ。

麺屋 凛3 (8)
麺屋 凛3 (9)

300円では 申し訳なかったので 替え玉Aも頼んでみました。
予想以上に 大きなチャーシューでした。
替え玉しても 450円ですから 相当安いですよね。
それに 濃度がそれほどではありませんが、結構 旨い博多らーめんなんですよ。

麺屋 凛3 (10)

替え玉を入れなおした状態です。
スープが たっぷりあるので 普通に もう1人前ですね。

朝から らーめんが 食べたくなったら もうここでしょう。

ただ、300円と言うのが ちょっと 気がねしてしまうんですけどね。

麺屋 凛(その2)
麺屋 凛(その1)

住所    千葉県松戸市大金平1-41
電話    047-703-8337
営業時間 【日〜火】08:00~23:00
       【木〜土】08:00〜23:00
定休日  水曜日
駐車場  あり

宗八(その2)

宗八2 (1)

柏の「宗八」に行ってきました。
最近できた 家系のお店です。

宗八2 (3)

メニューは こんな感じです。
家系ですが まぜそばもあるのが特徴的です。

宗八2 (4)

半ライスと 玉ねぎが無料で付けられます。
家系にライスは 必須です。

宗八2 (5)

カウンターの無料トッピング。
基本通りです。

宗八2 (6)

今回は 炙り角煮らーめん 880円にしました。
かな入りでかい 肉が乗っています。
この炙り角煮らーめんは数量限定になります。

宗八2 (7)

そして ご飯も到着。

宗八2 (8)

ご飯の上に角煮を乗せてみましたが、でかいです。
長さ 20cm 厚さ1cmのビックサイズです。
これが 880円とは かなりお得ですよ。
お肉好きな方には、たまりませんね。

宗八2 (9)

玉ねぎは こういう形で出されるようです。
入れ放題みたいです。

宗八2 (10)

玉ねぎ たっぷり入れてみました。
家系の こってりスープには、 玉ねぎのようなさっぱりしたものは よくい合いますよね。

宗八2 (11)

スープは 塩分濃いめで 濃度はかなり高いです。
王道家ほどは 塩分は高くありませんが 、ご飯をつけると ちょうどいい感じになります。
麺も スープに よく合った麺で美味しかったです。

柏にも 家系のらーめん屋 たくさんありますので どのように展開していくか 楽しみなお店です。

宗八(その1)

住所    千葉県柏市柏3-1-6
電話    04-7167-5859
営業時間 11:30~15:00 17:30~0:30
定休日   火曜日
駐車場   なし

せい家(その3)

せい家3 (1)

柏の「せい家」に行ってきました。
ここは、 家系なのに らーめんが 500円で食べれるという凄いお店です。
新メニューも 増えつつもありますね。

せい家3 (2)

基本メニューは、こんな感じです。

せい家3 (3)

お得な セットメニューもあります。

せい家3 (5)

限定の豚丼もあるようです。

せい家3 (4)

まずは お疲れ様セット 400円。
ビールとおつまみがが付いては 安いですよ。
でも ビールは 発泡酒ぽかったです。
それでも 十分ですけどね。

せい家3 (6)
せい家3 (7)

新メニューの味噌らーめん 580円。
この価格なのに煮玉子 半分入ってます。
味は 思ったより マイルドです。
柏で 家系を食べている方には、少し物足りなさを感じる方もいるかもしれません。
らーめんとしたら 十分 美味しいと思いますよ。

せい家3 (8)

つけめん 500円。
つけめんは、麺が1.5倍になりますが、らーめんと同価格は、ありがたいです。
家系のつけ麺は イメージわきませんでしたが、思ったよりさっぱり感があっていけるかもしれません。

このコスパは 凄いですね。
これからも 頑張ってもらいたいです。

せい家(その2)
せい家(その1)

住所    柏市柏1-6-5  吉田ビル1F
電話    047-162-1119
営業時間 11:00~翌2:30
定休日   無休
駐車場   なし

すらんぷ(その15)

すらんぷ15 (1)

柏のすらんぷに行ってきました。
ここは、お酒も安くて 居心地のいいお店です。

すらんぷ15 (2)

この辺が 最近の新メニューなどです。

すらんぷ15 (6)

定番は こちら。

すらんぷ15 (4)

この日のお通しは、しらす入り 出汁巻玉子。
アットホーム感出ていますよね。

すらんぷ15 (3)

この時の おすすめ焼酎は赤霧島でした。
おすすめ焼酎は、390円ですので その時 何が出てくるか 楽しみです。
赤霧島 390円で飲めるお店は そうはないですからね。

すらんぷ15 (5)

前からの課題だった 豚キムチ鍋 650円。
かなりのボリュームあります。
20cmほどの鍋なので 1人目と言うより 2人前くらいはあります。

すらんぷ15 (7)

生ビールも 290円です。
ちょっとグラス小さ目ですが・・・・

すらんぷ15 (8)
すらんぷ15 (9)

クリームコロッケ 180円。
ちょっぴり 蟹入りで 美味しかったです。

マスターの永田さんの 人柄が出ている 楽しいお店ですよ。

すらんぷ(その14)
すらんぷ(その13)
すらんぷ(その12)
すらんぷ(その11)
すらんぷ(その10)
すらんぷ(その9)
すらんぷ(その8)
すらんぷ(その7)
すらんぷ(その6)
すらんぷ(その5)
すらんぷ(その4)
すらんぷ(その3)
すらんぷ(その2)
すらんぷ(その1)

住所   柏市明原1-1-5 明原第一ビル1F
電話   04-7144-5450
営業時間 16:00~24:00
     16:00~25:00(金、土、祝前日)
定休日  月曜日
駐車場  なし

次男坊

次男坊 (1)

松戸の「次男坊」でランチしてきました。
西口 北松戸方面 線路沿いなので 分かりやすい場所ですよね。

次男坊 (3)
次男坊 (2)

ランチメニューは、こちら。
ピザもパスタも 数種類から選べるのでいいです。
ただし、こちらは土日・祭日のランチメニューになります。

次男坊 (4)

中は こんな感じです。

次男坊 (5)
次男坊 (11)

夜のメニューは こんな感じですね。

次男坊 (6)

まずは、サラダとドリンク。
サラダは シャキシャキで美味しかったです。

次男坊 (7)
次男坊 (9)

ジューシー窯チキン定食 700円 15食限定品です。
とても柔らかい もも肉を高温の窯で焼いてあるので、旨みがぎゅっと詰まっています。
皮の部分が また パリッと これがまた美味しい。

次男坊 (8)

スープも具だくさんで 食感豊かで 美味しかった。

次男坊 (10)

ピザは 超デカの30cmクラスです。
本格的な窯で焼いてくれるピザとしては、この大きさはうれしい限りです。
今回頼んだのは、バンビーニ ベーコン・コーン・モッツレラのトマトベースのピザです。

窯で焼き上げるピザは 美味しかったです。

このランチは いいですね。

夜の方も 楽しみなお店です。

住所     千葉県松戸市本町21-9 田村ビル1F
電話     047-711-5088
営業時間  【Lunch】月~日 11:30~14:30(L.O.14:00)
        【Dinner】月~日 17:30~22:30(L.O.22:00)
定休日    不定休
駐車場    なし

丸亀製麺 栗ヶ沢店(その8)

丸亀製麺8 (1)

丸亀製麺 栗ヶ沢店に行ってきました。
ここのお店は 非常に良く混んでいます。
豊四季のお店は つぶれてしまったようですが 何が違ったんでしょうかね。

丸亀製麺8 (2)

最近は、天ぷらの お得な持ち帰りも出来たようです。
そのせいか 天ぷらの種類も増えていました。
揚げたてだし、ボリュームもあるので スーパーなどで買うより お得ですよ。

丸亀製麺8 (3)

メニューは 落ち着いていますね。
期間限定が 定期的に出ていますが、後は ほぼ一緒です。

丸亀製麺8 (4)
丸亀製麺8 (7)

タル鶏天ぶっかけ。

鶏天が4つも乗って その上にタルタルがかかっています。
タルタルは、お好みで自分で追加できます。
スプーン4杯も追加してしまいました。

これは いけますよ。

丸亀製麺8 (5)

美味しそうだったので 焼き鯖寿司。
ご飯の甘酢生姜と胡麻が入っていて 美味しかったです。
握り緩めだったので ちょっと食べづらかったです。
お皿持ってきた方がいいかもしれないですね。

丸亀製麺8 (6)

明太釜玉うどん。
間違いない美味しさですよね。

丸亀製麺8 (8)

すだちぶっかけうどん。
あっさりと食べたいときには おすすめです。

丸亀製麺8 (9)

がっつりと 天ぷら盛り合わせ。
好きなもの選べるし これで 500円くらいなので 安いですよね。
ここは、回転もいいので 揚げたてが食べれるのも嬉しいですよね。

このお店は、 安心感合って 間違いないですね。

丸亀製麺(その7)
丸亀製麺(その6)
丸亀製麺(その5)
丸亀製麺(その4)
丸亀製麺(その3)
丸亀製麺(その2)
丸亀製麺(その1)

住所   松戸市栗ヶ沢825-1
電話   047-386-5830
営業時間 11:00~22:00
定休日  無休
駐車場  あり

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

kou

Author:kou
いいとこみつけたへようこそ!

このサイトは お店側と見て頂いる側とのいい関係を目指しておりますので お店の誹謗中傷的なコメント等があった場合は、勝手に削除させていただくことがあるのでご了承ください。

また、紹介している内容は 訪問当時の内容になります。価格やメニューなど変わっていることもありますので そちらもご了承ください。

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランチ(柏) (229)
ランチ(松戸) (89)
ランチ(その他) (58)
未分類 (0)
らーめん松戸 (255)
らーめん柏 (139)
らーめん東京 (86)
らーめん(その他千葉県内) (18)
居酒屋・BAR(柏) (628)
居酒屋・BAR(松戸) (187)
居酒屋・BAR(その他) (95)
洋食(柏) (14)
洋食(その他) (21)
和食 (131)
中華 (127)
寿司 (27)
焼肉など (50)
エスニック (76)
スイーツ (2)
イベント (130)
おうちdeごはん (5)
日記 (26)
お店 (22)
美味しいお店(東京) (6)
らーめん(その他) (6)
パン (9)
Cafe (8)
昼飲み (4)

Adsense

Adsense2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん