FC2ブログ

いいとこみつけた

柏・松戸を中心に美味しいお得なお店を紹介しています。

肉の大山(その6)

肉の大山6 (1)

たまには 美味しい焼肉をということで 柏の「肉の大山」にやってきました。
ここは お肉屋経営の焼肉屋なので 肉の質は 素晴らしいですよ。
それでいて それほど高くないのがいいです。

肉の大山6 (2)

この日のおすすめメニュー。

肉の大山6 (14)

こちらが定番メニューです。
出て来たものを見るとこれがこんな値段とビックリするものばかりです。

肉の大山6 (3)

焼肉は やっぱりビールですよね。

肉の大山6 (4)

毎回頼んでいる 豆もやし。
この山盛りで 280円は 破格です。
それが 何気に旨いんです。

肉の大山6 (5)
肉の大山6 (6)

まずは 上タン 柔らかくでジューシー。
いい牛タンは 美味しいですよね。

肉の大山6 (7)
肉の大山6 (8)

3種盛り 1500円。
上カルビ・上ロース・上ハラミの組み合わせです。
1種類換算 500円は 安すぎですよね。

肉の大山6 (9)
肉の大山6 (12)

ミックスホルモン 880円。たっぷり2~3人前です。
よくホルモンは 硬くて 臭みがあるから嫌いな方は いらっしゃいますが こちらそんなこと 全然ないです。
肉の大山6 (10)

この辺で ホッピーにに切り替えです。

肉の大山6 (11)
肉の大山6 (13)

本日のメインは 特上ザブトン。
和牛独特の甘みと 口の中でとろけてしまうほどの柔らかさ もうたまりません。

肉の大山6 (15)

ちょっと変化球で、ハチノス。
コリコリ食感のホルモンです。
煮込むと柔らかいのですが、焼肉ですと食感があるので 好みが分かれるかもしれませんね。

肉の大山6 (16)

もう1つ 珍しいところで つらみです。
牛のほっぺの部分で食感はあるのですが、赤身ならではの旨さもあります。
ご飯との相性もよさそうです。

肉の大山6 (17)

最後の締めは カルビクッパ。
さらりと 頂きました。

相変わらず ここの焼肉は 美味しいですね。

いつも 混んでいるお店なのですが こちらで 予約ができるようになったようです。

https://yoyaku.toreta.in/horumonyakinikuooyama/#/

旨く利用して 安くて美味しい焼き肉を食べてください。

肉の大山(その5)
肉の大山(その4)
肉の大山(その3)
肉の大山(その2)
肉の大山(その1)

住所   柏市柏3-9-3 プロシード柏トロワ102
電話   04-7170-0766
営業時間 17:30~23:30(L.O23:00)
定休日  日曜日
駐車場  なし
スポンサーサイト



炭火とワイン@学芸大学

炭火とワイン (12)

この日は 会社の送別会で 学芸大学の「炭火とワイン」に来ました。
チェーン店のイタリアンバルみたいな感じでした。

炭火とワイン (1)

まずは 乾杯のスパークリング。

炭火とワイン (2)

前菜は クリームチーズ・ハム・ポテサラです。
おしゃれ感があっていいですね。
HPでは 素材にこだわりがるようなので 変わったものなのかもしれません。

炭火とワイン (3)

カルパッチョ 3種。
この日は 秋刀魚と あまり聞きなれないお魚 2種でした。
ソースも バジルなど こだわりがありそうです。

炭火とワイン (4)

揚げニョッキ。
メイプルシロップをつけて頂きます。
女性が多いお店なので 女性受けしそうなものが多いです。

炭火とワイン (5)

1番の特徴は これですかね。
20種類近くのワインが飲み放題です。
また、ワインのイメージを芸能人で例えているので面白いです。

炭火とワイン (7)

早速 綾瀬はるかを頂きました。
軽めで 非常に飲み易くて いいワインでしたよ。

炭火とワイン (6)

大分県産 ムール貝白ワイン蒸し。
もうちょい 大きかったらよかったですが プリッとして なかなか美味しかったです。
もう少し ガーリックが効いてら もっと 美味しかったかもしれません。

炭火とワイン (8)

メインは、炭火焼3種 (豊後和牛もも肉 & 鴨 & 肉汁ソーセージ)。
豊後和牛もも肉 a4ランクの赤身のお肉でしたが 柔らくて和牛の甘みが しっかりしてました。
鴨は 結構固め 肉汁ソーセージはとってもジューシーで美味しかったです。

炭火とワイン (11)

今度は 青いグラスで出て来た 杏ちゃんです。
シラー系ワインで ちょっぴり大人の雰囲気を出したかったのかな・・・

炭火とワイン (9)

魚介ブイヨン凝縮 青さリゾット。
ブイヨンとチーズ アオサの風味 いい味出していましたよ。

炭火とワイン (10)

国産ワタリガニ 濃厚トマトクリームソース 生パスタ。
蟹旨みが良く出ていたので美味しかったのですが これで5人分だったので パスタのボリュームが少なめでした。

これに デザートが付いていたのですが 量が少なかった いつの間にかなくなっていました。

今回は 5000円ほどのコースだったようですが なかなか良かったですね。

ちなみ アラカルトですと お通しがサラダ食べ放題で そちらも魅力があるようです。

餃子酒房 まる功 (その3)

まる功らーめん3 (1)

松戸になる「まる功らーめん」に行ってきました。
松戸駅から 江戸川の方に少し歩きます。
手堅い 堅実ならーめんを出されるお店です。

まる功らーめん3 (3)
まる功らーめん3 (4)

メニューは ひと揃えありますね。
前食べたとろ~り魚介らーめんも 美味しかったですよ。

まる功らーめん3 (2)

夜には 飲みの1品メニューもあります。

まる功らーめん3 (5)

今回は 未食のタンメンにしてみました。
海苔やチャーシューが乗っているのですね。

まる功らーめん3 (6)

海苔とチャーシューをどかしてみると 野菜がたっぷりのタンメンです。
麺と同じくらいの野菜が入っていたので これはありがたいですね。
タンメンには きくらげがいいですよね。

まる功らーめん3 (7)
まる功らーめん3 (8)

乳白色のスープには、野菜の旨みがたっぷり これは 結構好きな味のスープです。
タンメンに海苔は どうかなと思ったのですが これが想像以上に合います。
チャーシューも 見た目は それほど美味しそうには見えないのですが、肉の美味しさがあって 
おつまみとしても十分楽しめてしまうのものです。

予想より はるかに美味しかったですね。
これは また タンメン食べたいときに 来てしまいそうです。

餃子酒房 まる功 (その2)
餃子酒房 まる功 (その1)

住所   千葉県松戸市根本57-10
電話   047-711-9901
営業時間 [火~日・祝] 18:00~24:00
定休日  月曜日
駐車場  なし

中華菜館 光が丘店

中華菜館 光が丘 (1)

柏の光が丘にある「中華菜館」に行ってきました。
リーズナブルで 結構 美味しい中華料理店です。

中華菜館 光が丘 (2)

ランチメニューはこちらです
結構 リーズナブルですよね。

中華菜館 光が丘 (4)
中華菜館 光が丘 (5)

今回頼んだのは 茄子と豚肉の細切り炒め 680円です。

付け合わせには もやしの炒め物・卵スープ・タピオカココナッツミルクが付いておりました。

茄子は 皮向いて 角切りにしてあります。
こうすることによって トロ~りとした食感になって 美味しいですね。
皮の食感が なくなった分 食べやすくなっています。

豚肉のほかに ハムが入っているのも珍しいですね。

味付けは 日本人向けで 美味しかったです。

今気づきました コーヒーも付くようでしたね。

行ってくれれば 飲んだのに・・・・

住所    千葉県柏市光ヶ丘2-3-7
電話    04-7176-7809
営業時間 [月~金] 11:30~15:00 17:00~23:30
       [土・日] 11:30~22:00
定休日  木曜日
駐車場  なし

cafe de crie@南柏店

crie (1)

南柏 フィールズ内になる「cafe de crie」に行ってました。
この日は 軽く 食事がしたかったのでこのお店です。

crie (2)

まずは ホットコーヒー。
さすが 美味しいですね。

crie (3)

半熟卵のサーモンアボカドライス。
シンプルな料理ですが 思ったより美味しいですね。
これなら おうちで作ってみるのもいいかもしれません。

crie (4)

デミグラスソースのロコモコ。
ハンバーグが思ったよりジューシーでした。
それほど 期待してはいなかったので 思っていたより良かったです。

crie (5)
crie (6)

日南どりの照焼き山椒風味サンド。
お店に飾ってあった写真とは かなり違います。
味的には 紫蘇と山椒が効いており 斬新な感じで美味しかったのですが、いかんせん 写真とのギャップがありすぎです。

crie (7)

半熟たまごとベーコンの濃厚カルボナーラ。
こちらも 写真とは違いますが コッテリさもしっかりしていますし まあまあな味ですね。

特に 関心するものは ありませんでしたが、これで 時間つぶせるのと言うメリットがあるなら ありかもしれませんね。

陽だまり

陽だまり (1)

柏 明原に新しく出来た「陽だまりに行ってきました。
元寿司屋のご主人が新しく開いたお店です。

場所は 「丸一」の隣の隣になります。

この近辺 和食の居酒屋が一気に増えましたね。

陽だまり (2)

メニューはこんな感じです。
ご主人が鹿児島の阿久根の御出身らしく そちらから食材を入手されているようです。
なかなかリーズナブルでいいですよね。

陽だまり (11)

手前は カウンターですが 奥にはこのようなテーブルもあります。

陽だまり (3)

飲み物は まずは緑茶ハイです。

陽だまり (4)

お通しは 茄子の煮びたし。
味が滲みていて美味しかったです。

陽だまり (5)
陽だまり (6)

刺身盛り合わせ 980円。
今回は メジまぐろ・生タコ・サーモン・平目の4点盛りです。
生タコと平目 美味しかったです。

陽だまり (7)

鰺のミリン干し。
独特の甘みがいいですね。
鹿児島から取り寄せてあるだけあって この味は こちらでは食べれませんね。

陽だまり (8)

きびなごの干し物。
このようなきびなごの干し物は 初めて食べましたが、これは 日本酒に合いますね。
とても美味しかったです。

陽だまり (9)

さつま揚げ。
こちらは 普通だったかですね。

陽だまり (10)

季節の野菜の天ぷら。
サクッと揚がっていて美味しかったです。

あと 寿司を握ってもらえるのもいいですよね。

それと こちらの娘さんめっちゃ可愛いです。

住所    柏市明原4-5-1
電話    
営業時間  16:00~
定休日   不定休
駐車場   なし

三寒四温(その7)

三寒四温7 (1)

昨日に引き続き 今日も柏の「三寒四温」の記事です。
実は このお店 10/30をもって閉店します。
ただご心配なく 別の場所に移ってリスタートする予定ですので、また 新しい情報を入手できましたらご連絡致しますね。

三寒四温7 (3)

これが この日のおすすめメニュー。
閉店が近づいているので メニューは 少なめになっています。

三寒四温7 (2)

こちら 日本酒メニュー。

三寒四温7 (4)

まずは ホッピーから・・・
中が多いので 3杯も飲んでしまいました。

三寒四温7 (5)

この日のお通しは「むかご」。
山芋の葉の付け根にできる球芽です。 いわば山芋のあかちゃんのようなものです。

味は ちっちゃいジャガイモを蒸したもの様な感じです。
栄養価も高いみたいですよ。

三寒四温7 (6)
三寒四温7 (7)
三寒四温7 (8)

ここに来たら やっぱり おお刺身です。
このぶ厚いカットの仕方が特徴的ですよね。
この日は 本マグロの大トロ・ハーブしめ鯖・青そいに天然ブリ。
本マグロの大トロは 口の中でとろけて すぐになくなってしまいました。

三寒四温7 (9)

塩肉じゃが。
ゴロゴロっとしたホクホクのジャガイモに豚のいい脂が出てます。
なんと言っても このお店のだしの取り方が 素晴らしい。
旨みが 口の中に ぐんぐんと押してきますよ。

三寒四温7 (10)

こちらは 日本酒も いいものがもりたくさん。
まずは 三重錦。 三重の純米うすにごりです。
にごり酒の特有のミルキーぽさが ありながら 甘さ控えめで 飲みやすい日本酒です。

三寒四温7 (11)

穴子の白焼き。
穴子の質の良い脂と 塩山椒でさっぱりと頂けます。

三寒四温7 (12)

かすべの唐揚げ。
えいひれの部分の唐揚げです。
柔らかいナンコツとジューシーなコラーゲンがたっぷり、とても美味しいのに 美容にもいいとダブルでいいですよね。

三寒四温7 (13)

ぎょうざ。
こちらのぎょうざ 半端なく美味しいです。
ジューシーな餡に パリッとした部分とモチモチとした両極端の皮がいい味出しています。
いつもあるメニューではありませんので 是非 頼んでみてくださいね。

三寒四温7 (15)

この辺で 飲物を三連星に・・・
滋賀のお酒で 「三連星」 ブランドの夏季限定酒!です。
純米大吟醸らしい上品で綺麗な吟醸香と軽快で爽やかな口あたりがお楽し無ことが出来ます。

三寒四温7 (14)

トマトらっきょうサラダとトマトベリーの冷やしトマト。
トマトベリーの冷やしトマトは、トマト特有の臭みもないので トマト嫌いな方でも食べれてしまう 非常に食べやすいフルーツトマトです。

トマトらっきょうサラダは らっきょの甘酢を刻んだものに味付けしたものをトマトにかけたものです。 これが 、あた また 美味しい。
こういう食べ方ものあるのだと 感心させられる1品です。

三寒四温7 (16)

烏賊の肝和え。
塩辛と違って塩分が控えめで ねっとりした烏賊の食感と 肝のコクが素晴らしい感じに仕上がっています。
量もあるので ちょびちょびと食べるのではなく がばっと口に入れて 豪快に食べるのがおすすめですよ。

三寒四温7 (17)

新潟のお酒で 純米吟醸 無濾過の方にしました。
無濾過らしい甘味はあるものの喉越しはしっかりとした辛さがあり喉キレは抜群です。

三寒四温7 (18)
三寒四温7 (19)

最後の締めは 鶏そば。
なんと言っても だしの取り方が 半端なく美味しいです。
鶏の旨みが これでもかと言うくらい出ています。

今回も どれも 美味しかったですね。
次回は 新しいお店となると思いますが 新しいお店も 楽しみですね。

ただ 今週いっぱい やっていますので 是非 三寒四温を楽しんでくださいね。

三寒四温(その6)
三寒四温(その5)
三寒四温(その4)  特大岩牡蠣とレアな日本酒 幸せです。
三寒四温(その3) 裏メニューの餃子が あったら当たり。
三寒四温(その2) 牛すじもめっちゃウマいんです。
三寒四温(その1) ここの刺し盛り半端ないぞ~

住所     千葉県柏市泉町16-18
電話     04-7128-9242
営業時間  17:00~24:00 L.O 23:00
定休日    月曜日
駐車場    なし

三寒四温(その6)

三寒四温6 (1)

最近 お気に入りの柏の「三寒四温」です。
駅から少し離れていますが 賑わっていますよね。
いいものを出されているのが 評価されて来たのでしょう。

三寒四温6 (2)

この日のおすすめの日本酒を選んで頂きました。
どれも 気になります。

三寒四温6 (3)

この日のおすすめ。
この日は ぶりがいいもの入ったようです。

三寒四温6 (4)

お通しは トマトにらっきょの甘酢漬をすりおろしたものをかけてあります。
トマトの酸味とらっきょの甘みがいいバランスでした。

三寒四温6 (5)
三寒四温6 (6)

本日の 刺身盛り合わせ。
身が厚いですよ。
ぶり・インドマグロ・平目・鰹・あいなめの5点。
ここのお刺身は 本当に旨いです。

三寒四温6 (7)

今回は このブリが 1番美味しかったです。
脂の乗りが すごく良かったです。

三寒四温6 (8)

ヤリイカの塩辛仕立て。
グラスに入っており オシャレですね。
味付けも濃くないので、烏賊本来の味を楽しめます。

三寒四温6 (9)
三寒四温6 (10)

ハムカツ。
タルタル たっぷりとかけて食べるとまた 一段と美味しいですよね。

三寒四温6 (11)

花邑。
このお酒も 美味しいですよね。
他にも 頼んでいたのですが 写真を撮ったのは これだけでした。

相変わらず いいお店です。

次回も楽しみですね

三寒四温(その5)
三寒四温(その4)  特大岩牡蠣とレアな日本酒 幸せです。
三寒四温(その3) 裏メニューの餃子が あったら当たり。
三寒四温(その2) 牛すじもめっちゃウマいんです。
三寒四温(その1) ここの刺し盛り半端ないぞ~

住所     千葉県柏市泉町16-18
電話     04-7128-9242
営業時間  17:00~24:00 L.O 23:00
定休日    月曜日
駐車場    なし

風味宴(その2)

風味宴2 (1)

この日は ニクの日だったので 悩んで行ったのが 上本郷の「風味宴」です。
毎月 いいサービスやっているんですよ。

風味宴2 (2)
風味宴2 (3)

肉の日には 特定のお肉が半額になるんです。
やっぱ半額が 大きいですよね。

風味宴2 (5)

焼肉は ビールが必需品です。

風味宴2 (6)

中は こんな感じです。

風味宴2 (7)

まずは 上カルビ 半額なので850円です。
見て頂けば 分かると思いますが いいさしが入ってます。
これが とろけるほど柔らくて旨い。

風味宴2 (8)

それを しちりんの炭火で焼くと それは 間違いなく絶品ですよね。

風味宴2 (9)

ライスも頼んでみましたが 思ったリより少なめ、もう少し多いと印象度も上がるので ちょっともったいないです。

風味宴2 (10)

こちらは 並カルビ 半額になると280円です。
上に比べると 固さはありますが、黒毛牛の脂の旨みはあります。

風味宴2 (11)

このように しちりんに乗せると お肉の焼ける絵は もうたまりませんですよね。

美味しいお肉を食べると幸せになりますよね。

気になる方は 次回他のしみしてくださいね。

住所   千葉県松戸市仲井町3丁目3-102
電話   047-366-3416
営業時間 月~土 17:00~翌2:30 日 17:00~24:30
定休日  不定休
駐車場  あり 2台くらい

天津(その10)

天津10 (1)

北松戸にある「天津」に行って来ました。
あまりきれいなお店では ありませんが 安さ 旨さ ボリュームと3拍子揃っているお店です。
出てくるのも速いので 4拍子ですね。

天津10 (2)
天津10 (3)

定番メニューは こちらです。
下の方のメニューは プラス200円で定食にすることが出来ます。

天津10 (4)

この日のおすすめ。
こちらも プラス200円で定食に出来ます。

天津10 (8)

今回は 味噌らーめんと半チャーハンのセット 700円です。(味噌らーめん単品でも 550円です)
寒くなると このセットが食べたくなります。

天津10 (5)
天津10 (6)

ここの味噌らーめん 特に特徴がないのですが 結構 好きなんです。
乳白色の ちょっと甘めの味噌だれに ボリューム満点の野菜と ボリューム感のある麺で これが 550円で頂けるのは いいと思いますよ。

天津10 (7)

半チャーハンも ちょっと味濃いめで 決して 多からず ちょうどいい感じのボリュームです。

相変わらず 何食べても美味しいですし。いいお店ですよね。

次回あたりには カツとカレーにもチャレンジしてみたいです。

天津(その9)
天津(その8)
天津(その7)
天津(その6)
天津(その5)
天津(その4)
天津(その3)
天津(その2)
天津(その1)

住所   千葉県松戸市上本郷859-3
電話   047-368-3360
営業時間 16:30~翌01:00
定休日  木曜日
駐車場  なし



亀壱(その3)

亀壱3 (1)

みのり台にある「亀壱」に行ってきました。
こちらは 特長あるらーめんを出されるお店です。
マスターも 楽しい方です。

亀壱3 (2)
亀壱3 (3)

こちら定番でないメニューが楽しみです。

亀壱3 (4)

夜は 座敷もあるので 飲みもokです。

亀壱3 (5)
亀壱3 (6)

今回は 普通のらーめんを食べたことがなかったので 頼んでみました。
どちらかと言うと和風ですが しっかりとしたかえしが特徴です。
シンプルなストレート麺と相性もいいいですね。
トッピングで ソーキ辛子煮を乗せてあります。

亀壱3 (7)

こちらのソーキ 麺類を頼むと350円で追加できるのですが ボリュームもあって 中々美味しいです。

亀壱3 (8)

最初は 頼む気はなかったのですが ソーキをつけたのならば 無料のライスは 食べたくなりますよね。

亀壱3 (9)

せっかくなのでソーキをライスの上に乗せてみました。
正直 乗せきれないほどのボリュームです。
今回は ナンコツ少し多めでしたが 柔らく煮込まれたソーキは やっぱ 美味しい。

亀壱3 (10)

横から見るとこんな感じです。
見ただけでもおいしそうですよね。

まだまだ 美味しそうなメニュー たくさんありますよ。

こちらのマスター 休みの日は しょっちゅう 他店に勉強行かれています。

今後も まだまだ美味しいメニューが出てきそうですね。

亀壱(その2)
亀壱(その1)

住所     松戸市みのり台1-14-2
電話     090-4959-4343
営業時間  [月・火・水] 18:00~翌1:00
        [木・金・土] 12:00~14:00 18:00~翌1:00
        [日] 12:00~14:00 18:00~22:00
定休日    火曜日
駐車場    なし

おにやんま@中目黒

おにやんま (1)

中目黒に 出来たうどん屋があったので早速寄ってみました。
「おにやんま」と言うチェーン店のようですね。
12席しかない小さなお店ですが いつも混んでいるので どんなお店か 楽しみですね。

おにやんま (11)
おにやんま (2)

メニューは こんな感じです。
天ぷらがついて 500円程度のものが多いので 立ち寄り易いですね。
どのメニュー とてもリーズナブルです。

おにやんま (3)

入口そばでは 天ぷらを大量に揚げています。
店員3人態勢ですが かなり忙しそうでした。

おにやんま (4)

奥には製麺機があり、出来たてを提供しているようです。

おにやんま (5)
おにやんま (7)
おにやんま (8)

鶏天・ちくわ おろし醤油 490円です。

内容は 鶏天2個・ちくわ天に 冷たいうどんにおろしにカウンタに置いてある タレをかけて頂きます。
この内容で 490円は かなり頑張っていますよね。

おにやんま (9)

うどんは、ギザギザ縮れ麺で 丸亀ほどこしはありませんが タレが良く絡んで美味しいです。

おにやんま (6)
おにやんま (10)

無料の揚げ玉があるのですが これが 大きさがバラバラで 非常に食感が豊かになり、美味しさをプラスしてますね。

なるほど これは 混むのは 分かります。

今後の展開が 楽しみなお店です。

住所    東京都目黒区上目黒3-3-1 1F
電話    
営業時間 【月曜~金曜】   7:00~23:00
       【土曜・日曜・祝日】7:00~15:00
定休日   無休
駐車場   なし

YOL Cafe Frosch(その3)

YOL Cafe Frosch3 (1)

久し振りに「YOL Cafe Frosch」に行ってきました。
このお店 日替わりで色々な方とコラボして イベントをやっている面白いお店です。

この日は クラスターⅡとのコラボでした。

非常にコアなイベントでしたよ。
その分 かなり 楽しめした。

YOL Cafe Frosch3 (2)
 
なかなか来れませんが ランチもやっています。

YOL Cafe Frosch3 (3)

この日のイベント内容は アブサン・プレゼンツ。
アブサンと言う 非常にヤバイ酒を飲む会でした。

ハーブ系のリキュールのようですが どんな味なんでしょうね。

飲んでいただくと分かるのですが、惹きつける力が半端ないです。

YOL Cafe Frosch3 (4)

まずは 選べるお通しから 限定4個の手作りごぼうチップス。
割いたごぼうを乾燥させたもの様です。
結構 手間がかかっていると思います。

YOL Cafe Frosch3 (5)
YOL Cafe Frosch3 (6)
YOL Cafe Frosch3 (7)

アブサン メニュー。
意外と種類も多いです。
ものによって 味や 風味 香りもずいぶん違うようですね。

YOL Cafe Frosch3 (8)
 
初心者だったので 入門セットを頼んでみました。

正直 効いていたイメージとは 全然違いました。

よもぎで香りづけされたリキュールは 何とも 独特の甘い香りがします。
アルコール度が40~70℃くらいと高いのですが、ひとくち 口に含んでみますと、口の中に甘みが広がっていきます。
アルコール度が高いのは 分かるのですが 飲みやすさもあります。

これは はまる方は相当 はまるのが分かりますね。
今回は 30ml 2杯飲みましたが これくらいでも 十分満足ですね。

自分の体調に合わせて 美味しく飲むのに適量の判断が非常に難しいです。

YOL Cafe Frosch3 (9)

アルコール度が 高いので 火をつけると このように 青く燃えます。
なかなか 魅惑的でいいですよね。

YOL Cafe Frosch3 (10)

水で割ると面白いとのことで割ってみました。

YOL Cafe Frosch3 (11)

そうすると このように白くなります。
中に油分を多く含んでているので 加水すると 水と油が融合して白くなるそうです。
加水した方が 飲みやすくなります。
味は それほど変わらないです。

YOL Cafe Frosch3 (12)

アブサンには 甘いものも合うと言うことで アイスも頼んでみました。
確かに合いますね。
普段 このような組み合わせはないので このようなお酒の飲み方も 乙なもんですね。

このアブサン クラスターⅡでは 常時 出しています。

興味のある方は クラスタ-Ⅱで飲んでみてくださいね。

ただ 加減が難しいお酒なので 飲み過ぎには 注意しいてくださいね。

身を破滅させるような 恐ろしいお酒でもありますから・・・・

YOL Cafe Frosch(その2)
YOL Cafe Frosch(その1)

住所   千葉県柏市柏2-5-9 ニックハイム柏1F
電話   04-7100-0018
営業時間 18:00~24:00
定休日  無休
駐車場  なし

クラスターⅡの記事は こちらです。

ohana

ohana (1)

柏の明原にある 「ohana」に行ってきました。
アットホームで とってもリーズナブルなお店ですよ。

いい感じのお店 発見しましたよ。

場所は「はくたか」のお隣の隣です。

ohana (2)

なんと言っても お刺身のニハチシリーズが魅力あります。
ご主人は 元魚屋のお勤めされていたので 魚の質もいいです。

ohana (3)

プラス 定食もあります。
ご飯を食べに来るのもありですよね。

ohana (4)

カウンターの他に テーブル席もあるので 家族で来るのもいいと思いますよ。
料理も 量が多いですし、リーズナブルなので向いていると思います。

ohana (6)

最新のカラオケもあります。

ohana (9)

お一人な場合は ビールのセットもあります。

ohana (5)

お通しは さつま揚げと鰹のたたきでした。

ohana (7)

この日は、酎ハイから・・・

ohana (8)

そして これが 本マグロの刺身 280円です。
中トロぽい部分も混ざってこの価格は 破格ですよね。

ohana (10)

もつ煮込み。
量もたっぷり しっかりと煮込まれていて 美味しかったですよ。

ohana (11)

なすとトマトのチーズ焼き。
チーズたっぷりでトマト・ナスともに相性バッチリです。
これは おうち料理でパクらさせれていただきます。

ohana (12)
ohana (13)
ohana (14)

女将さん おすすめののっけ盛り 980円。
これは 贅沢ですよね。
まさに 宝石のやまです。

いいお店 見つけましたね。
今後 色々 探索してみたいです。

住所    千葉県柏市明原4-5-4
電話    04-7170-2250
営業時間 16:00~24:00
定休日   水曜日
駐車場   なし

野郎ラーメン 中目黒本店(その3)

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (1)

中目黒にある「野郎ラーメン」に行ってきました。
結構 ここのらーめん好きなんです。

チェーン店ですが オリジナルティーのある 美味しいらーめんを出されています。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (2)

メニューはこちら。
前回に比べて 新しいメニューも増えているようです。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (3)

映画とのコラボらーめんもあるようですよ。
都内のお店は このようなタイプを見かけますよね。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (4)

せっかくなので そのカラシビ真田味噌らーめんを頼んでみました。
今はやりのカラシビの信州みそのらーめんのようです。

なかなかのビジュアルですよね。

このラーメンは 10/5までの期間限定なので ブログアップされる頃には なくなっているので気をつけてください。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (6)

横からの画像。
レッドマウンテンです。
この山は 赤ネギなので 二郎系のようにもやしは入っていないので バカみたいにボリュームはありません。
ただ そこそこのボリュームはありますよ。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (5)

分厚くカットされた チャーシューは美味しかったです。
ここのチャーシューは 柔らかいのでこの厚さでも さくっと食べれてしまします。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (7)

味噌にニラは ちょっと珍しいですよね。
旨みもしっかりある バランスのいい味噌味です。
味噌は 当たりはずれが多いですが こちらは 当たりの方ですね。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (8)
麺は、中太縮れ麺。
味噌には 無難に合いますよね。

野郎ラーメン 中目黒本店 3 (9)

辛さの要因は この赤ネギで左右するようです。
辛くしたい方は 早くスープに浸した方が 辛さが増します。
ただ 辛さもシビレもそれほど強くないので、普通に 美味しく食べれました。

コラボらーめん はずれもありますが こちらは 良く出来ているらーめんでしたよ。

他のらーめんも 完成度高いですし 楽しみなお店ですよね。

野郎ラーメン(その2)
野郎ラーメン(その1)

住所     東京都目黒区上目黒3-1-4
電話     03-3710-7086
営業時間   10:30~翌3:00
        日曜    10:30~23:00
定休日    無休
駐車場    なし

DAICHI

DAICHI (1)

柏駅南口にあるDayOneタワーの1階にある「DAICHI」に行ってきました。
いわゆる 柏および千葉関係のアンテナショップみたいなものですね。

DAICHI (4)
DAICHI (7)
DAICHI (8)
DAICHI (9)

柏や千葉関係の食品がたくさんさん売られています。

DAICHI (6)

ジェラートも凝ったものを多数置いてあるようです。
野田市関宿地区からほぼ毎日生乳を運び 鮮度も売りのようです。
今回は 食べませんが 気になるものもたくさんありました。

DAICHI (5)

こちらでも イートインをすることが可能です。

DAICHI (10)
DAICHI (11)

今回の目当ては こちらの農家サンド 270円。
沼サンドのような野菜たっぷりの野菜サンド 見ているだけで美味しそうですよね。

柏の農産物 もっともっと広がって行くといいですね。
今後 どのように変わって行くか 楽しみなお店です。

住所    千葉県柏市柏1-7-1-101 Day One タワー1F
電話    04-7128-7601
営業時間 AM11:00~PM7:00
定休日  水曜日
駐車場  なし

唐揚げ専門店「侍」(その3)

唐揚げ専門店「侍」3 (1)

柏銀座通り沿いにある 唐揚げ専門店「侍」に行ってきました。
こちらでは 美味しい唐揚げ がっつりと食べれますよ。

唐揚げ専門店「侍」3 (2)

この日のおすすめメニュー。
メニューも 増えて頼みも増えてきましたね。

唐揚げ専門店「侍」3 (9)

中はこんな感じです。
白木造りのきれいな造りです。

唐揚げ専門店「侍」3 (3)

定番メニューは こちらになります。
唐揚げは 1個からオーダーできます。

唐揚げ専門店「侍」3 (4)

こちらが 新しく出来たランチメニューです。
からあげ丼も食べてみたいんですよね。

唐揚げ専門店「侍」3 (5)

まず 飲み物は ハイボール。

唐揚げ専門店「侍」3 (6)

こちらは お通しが出てこないので 場つなぎに やみつきキャベツ。
味濃いめだったので 飽きが来なくていいですね。

唐揚げ専門店「侍」3 (7)
唐揚げ専門店「侍」3 (8)

気になっていた コロコロつくねボール。
下にカットしたキャベツが置いてあるので 挟んで食べても美味しいです。
予想より美味しかったので パクパクと食べてしましました。

唐揚げ専門店「侍」3 (10)

そして 今回のメイン 若鳥の半身揚げ 塩味です。
生の状態から 揚げるので 出来上がるのに30分ほどかかります。
食べたい方は 最初の方 頼んだ方がいいですね。

唐揚げ専門店「侍」3 (11)

半身揚げとしても 20cm位あるので 大きい方ですね。
このままだと 食べづらいので 店員さんお願いすれば 包丁を入れてくれるので お願いした方がいいと思います。

唐揚げ専門店「侍」3 (12)

食べかけですけどすいません。
皮の部分がパリパリでで超美味しいです。
揚げているときには何回も油をかけておりました。手のかかる料理です。

そして 中は ジューシーで 柔らかいです。

若鳥の半身揚げってその言葉だけでも 魅力ありますよね。

その名の通り めっちゃ美味しかったですけどね。

唐揚げ専門店「侍」(その2)
唐揚げ専門店「侍」(その1)

住所     柏市柏3-6-5 石井ビル1F
営業時間  11:30~22:00
定休日    無休
駐車場    なし

さじろう(その8)

さじろう8 (1)

久し振りに 柏の1小通り沿いにある「さじろう」に行ってきました。
ここの串揚げ とっても美味しい串揚げです。

さじろう8 (2)

このように売上ランキングが載っていると 頼みやすいですよね。

さじろう8 (3)

最近は 土日祝と14:00~昼飲みが出来るようになっています。
たまには 休日のお昼から お酒が飲めるのも楽しいです。

さじろう8 (4)

こちらが 秋のメニューです。
季節ごとに メニューが変わって行きます。
人気の牛カツも 夜のメニューに加わりました。

さじろう8 (5)

お通しのキャベツ。
こちらは お代わり okです。
キャベツは 手で持って ソースにつけてくださいね。
2度づけNGです。

さじろう8 (6)

こちらが 定番メニューです。

さじろう8 (7)

今回は 竹鶴ハイボールを頼んでみました。
500円という価格もいいですよね。

さじろう8 (8)

砂ポン。
砂肝を小さ目にカットしてポン酢で和えたものです。
砂肝の薄皮も取ってあるので食べやすいです。
いいあてになります。

さじろう8 (9)

チキン南蛮。
細かいころものから揚げに たっぷりと自家製のタルタルが たっぷりかかっています。
このタルタルも 美味しいこと・・・ ご飯が恋しくなります。
お昼のランチでも定食で 食べることが可能です。

さじろう8 (10)

秋鮭と1番人気の紅ショウガです。
秋鮭はトロリとジューシー、鮭の脂がたまりません。
紅しょうがは サッパリと頂けていいですね。

今回も どれも美味しかった。
最近 串カツのお店が 増えてきましたが やはり ここの串カツが1番好きかな・・・・

さじろう(その7)
さじろう(その6)
さじろう(その5)
さじろう(その4)
さじろう(その3)
さじろう(その2)
さじろう(その1)

住所   千葉県柏市末広町12-4
電話   04-7143-0733
営業時間 11:30~14:00 17:00~23:30 土・日曜 11:30~23:30
定休日  無休
駐車場  なし

キャトル@柿の木坂

キャトル (1)

世田谷 柿の木坂にある「キャトル」でランチしてきました。
こちら 卵の殻に入ったプリン(うふプリン)など有名な洋菓子店+パン屋さんですが、奥の方にカフェスペースがあります。
お昼時には こちらで ランチが食べれます。

キャトル (8)

一見入ると このような洋菓子店ですが・・・

キャトル (7)

ちょっと奥の方に ホテルのような カフェがあります。

キャトル (4)
キャトル (5)

メニューは、撮り忘れてしまいましたが、今回頂いた チキンカレー 950円です。
ランチメニューはこちらで見られます。

スパイスが効いた本格派カレーに 骨付きチキンが2個も入っています。
あまり期待はしてなかったのですが、しっかりと手をかけたカレーですね。

キャトル (2)
キャトル (3)
キャトル (6)

パン屋さんも併設しているので ライスではなくて パンが付きます。
食パン1枚半にバケット2枚とボリュームもありますね。
ここのパン かなりの高級パンですので さすがに美味しいです。
ジャムやバターもいいのもが出て来ますよ。

この手のお店としては 料理も本格派で 良心的な内容だったと思います。

以外と空いてますし、穴場かもしれませんね。 

住所     東京都目黒区柿の木坂3-11-4
電話     03-5431-3663
営業時間  10:00~20:00  ランチ時間は不明
定休日    無休
駐車場    あり

まとや(その3)

まとや3 (1)

柏西口にある「まとや」に来てみました。
美味しい個性的ならーめんを出してくれるお店です。

ワンコインのまぜそばなどもあったりするのもいいですよね。

まとや3 (2)

前回気づきませんでしたが このようなメニューもあったのですね。
凄く 気なります。

まとや3 (3)
まとや3 (4)

ということで 贅沢とろカツとんこく麺にしてみました。
スープは、国産豚骨・鶏がら・ニボシをじっくり煮込んだ濃厚トリプルスープ、独特のまろやかなスープです。
それに 魚粉が さらにかかって入るので最初は 魚の味強めで それから 段々 動物系の味が強くなっていきますね。

麺は、パスタのような プリッとした麺です。
スープはすいませんが、食感がいいのでつるっと食べてしまいます。

まとや3 (5)

最初 唐揚げだと思って食べたのですが 思ったより歯ごたえがあってジューシー。
豚肉しては肉厚でジューシーだっだのでおそらく 豚トロをから揚げにしているようです。
これが 個性的で 美味しいです。
また、シャキシャキのもやしも たっぷり、麺と同じくらいのもやしが入っているのでボリューム感もあります。

まとや3 (6)

スープに つぶつぶが入っていたので 麦味噌を使用しているのかもしれませんね。
それが このマイルド感を出しているのかもしれません。

なかなかユニークで面白いらーめんでしたね。

他のらーめんも 面白そうですね。

次回 また 楽しみにしてみます。

まとや(その2)
まとや(その1)

住所    柏市明原 2-2-16
電話    04-7143-7255
営業時間 11:00~14:00、18:00~23:00    
定休日   日曜日
駐車場   なし

大勝軒てつ

大勝軒てつ (1)

柏の国道16号線沿いにある「大勝軒てつ」に行ってきました。
以前 流行った大勝軒系列と同じ味かと思っていたのですが 少し違うのですね。
そうと知っていれば もっと早く行くべきだったです。

大勝軒てつ (2)
大勝軒てつ (4)
大勝軒てつ (5)

メニューは こんな感じです。

大勝軒てつ (6)

女性には こんなサービスもあります。
女子盛り 0円の押して店員さんに渡すと 麺の量は少し減って 杏仁豆腐かアイス または、コーヒーゼリー?をつけることが出来ます。

大勝軒てつ (3)

中は こんな感じでとてもキレイでしたね。
出来て4年くらい経っているはずなのに 凄くきれいでした。

大勝軒てつ (7)
大勝軒てつ (9)

野菜味噌らーめん 中盛り。
こちら 中盛りまで無料になります。
出来れば 麺が美味しいお店なので中盛りをおすすめします。

甘い味噌を使用しているので 大勝軒のイメージと違う感じがします。

ある程度 味は 濃いのですが それほどしつこくなく てんこ盛りの野菜との相性も良かったです。

大勝軒てつ (8)

チャーシューは、バラチャーシューとグルメチャーシューの2種類から選べます。
バラチャーシューは よくあるトロトロチャーシューです。
グルメチャーシューは 写真のように 少しピンクかかっています。
ロース肉を一晩タレに付け 低温で焼いたものになるそうです。
しっかりとした歯ごたえと、肉っぽさを感じられます。

個人的には 食べやすい バラの方が おすすめですね。

大勝軒てつ (10)

味玉つけ麺。
大勝軒特有のダブルスープの味を想像していたら ちょっと違いますね。
説明するのが難しいのですが、それほど 魚介も強くないし コッテリしているのかと思ったら そうでもないです。

大勝軒てつ (12)

もっちりとした麺も なかなか美味しい。
らーめん系も同じ麺を使用していました。

大勝軒てつ (11)

こちらは 野菜味噌つけ麺の女子盛りです。 
若干 麺は少なめになっています。
ただ、野菜が この麺と同じくらいつけだれの中に入っています。

タレは 先ほどの野菜味噌らーめんに近い感じで こちらの方が少し濃い感じですかね。
この味は 万人に愛される味付けだと思いますよ。

大勝軒てつ (13)

餃子も 頼んでみました。
こちらは 普通かな・・・
見た目は goodですね。

大勝軒てつ

最後に出て来た 杏仁豆腐。
これが めっちゃ美味しかった。
濃厚で とろ~り まさに もう 飲み物です。
これ 丼で食べたいという方もいるのではないでしょうか。

想像以上に どれも美味しかったですね。
他のメニューも食べてみたいです。

住所    柏市藤ヶ谷新田21
電話    04-7197-1787
営業時間 11:00~23:00
定休日   なし
駐車場   あり

和さび(その5)

和さび5 (1)

柏の「和さび」に行ってきました。
駅から少し離れていますが、とっても美味しい和食の居酒屋です。
特に ご飯の美味しさには定評があります。

和さび5 (2)

最近は 酒肴セットなるセットもあるようですね。
お得なセットなのでしょうね。

和さび5 (3)

中は 広くて キレイです。
こ上りもあります。

和さび5 (4)
和さび5 (5)
和さび5 (5)

お通しは 小さ目なサザエに枝豆・里芋を茹でたものでした。
かなり豪勢です。

和さび5 (6)
和さび5 (7)

おすすめの秋刀魚の刺身。
かなり型の大きな秋刀魚でした。
脂の乗りがいいですね。
今年は 秋刀魚 本当に美味しいです。

和さび5 (8)

唐揚げ。
マヨとカレー塩で頂きます。
カレー塩は ちょっとかけるだけでも カレーの香りが 唐揚げに しっかりとまといます。

和さび5 (9)

緑茄子の田楽。
とろ~りの茄子に甘い味噌が たまりませんですね。

和さび5 (10)

豚しゃぶのサラダ。
思ったより 豚しゃぶが多かったですね。
野菜も シャキシャキ、たぶん 地元も野菜でしょうね。

和さび5 (11)
和さび5 (12)

最後の締めは 秋刀魚の土鍋ごはん 2合。
こちら 頼んでから 40分ほどかかりますので 食べたい方は 最初に頼んだ方がいいです。
4人で食べたのですが 小さなお茶碗に 軽く2杯ずつくらいは食べれました。
秋刀魚の美味しい脂と刻んだ生姜と紫蘇がいい味出してました。
秋の秋刀魚ごはん ご馳走ですよね。
ここは ご飯自体が 美味しいので ますます美味しかったです。

作る方が お一人なので 人数が増えると 出てくるのにちょっと時間がかかりますが、料理は どれも間違いなく絶品です。

特に 秋刀魚ごはん 間違いなく 幸せ気分になれますよ。

和さび(その4)
和さび(その3)
和さび(その2)
和さび(その1)

住所 千葉県柏市千代田1-5-50
電話 04-7103-8601
営業時間 11:30-14:00 17:00-22:000
定休日 日曜
駐車場 有

ビア食堂(その2)

ビア食堂2 (1)

松戸の「ビア食堂」に行ってきました。
ここは 飲んでも 食べても出来る居酒屋さんです。
それも リーズナブルなのもいいですね。

ビア食堂2 (2)

この日の日替わり定食。
夜なのにワンコイン定食もあるのが嬉しいです。

ビア食堂2 (3)
ビア食堂2 (4)
ビア食堂2 (5)

メニューは こちら。
メニューも 多くて リーズナブルなものも多いです。

ビア食堂2 (7)
ビア食堂2 (6)

ビールも 300円と安いです。
レーベンブロイも300円で飲めることが出来ます。

ビア食堂2 (8)

左側 プレミアム 豊穣 300円です。
このビールコクがありますね。

ビア食堂2 (9)

奥の方に テーブルや座敷があります。
結構 人数は入れます。

ビア食堂2 (10)

今回は大トロサーモン丼 650円です。
やっぱ この価格は 魅力ですね。
ビール1杯つけても 1000円ちょいでした。

ビア食堂2 (11)
ビア食堂2 (12)

ネタもボリュームも この価格なら十分ですよね。
付け合わせの大根の煮物も 味がしっかり滲みてました。

次回は 麺類なども頼んでみたいですね。

ビア食堂(その1)

住所      千葉県松戸市本町25-3
電話      047-312-5088
営業時間   9:00~11:30
定休日     無休
駐車場     なし

おとど(その11)

おとど11 (10)

リニューアルして初めての訪問です。
北松戸の「おとど」です。
同じ場所なので 、店の間取りは変わりませんが 厨房が使いやすくなった気がします。
お店はきれいになったのは良かったです。

ただ、前からの課題の回転率の悪さは 相変わらずの悪さです。
厨房の処理スピードが上がった分 作り手に かなりの余裕が出来ているようです
出来れば 移転して 回転率を上げるような対策してもらいたかったですね。

なんかもったいない リニューアルをされた感じもします。

おとど11 (1)
 
メニューは 少なくなった感じです。
新しいところで とみ田とのコラボ麺ですね。
9月開始 黒いボタンも気になるところです。

おとど11 (2)

相変わらず 素材のこだわりは、凄いです。

おとど11 (4)
おとど11 (6)

とみ田Xおとど コラボ麺。
何が コラボなのか よく分かりませんでしたが 麺は違う感じがします。
ただ この麺だと スープをあまり吸わないので おとどらしさが 少し減ってしまうような気がします。

何が 違うのが詳しい方がいたら 教えて頂けると助かります。

おとど11 (5)

お肉の量は 少なくなった感じですが、味付けがしっかり濃いめになったので ごはんに ますます合うようになりましたね。

おとど11 (7)

相変わらず ご飯の盛りは 少なめです。
お代わりokなので 足らなかったら ご飯お代わりしてください。

おとど11 (8)

やっぱり、いつもながらの オリジナルスペシャル丼作ってしまいました。

おとど11 (9)

肉などの食材を取ったら 残りは麺とスープとネギ・にんにくのみになってしましました。
でも こちらの方がシンプルにらーめんを味わえますよね。

おとど11 (3)

はしっこの席には、コンセントがありありました。
あればうれしいですが 回転を争うお店としては 必要なものか ちょっと疑問です。

今回も 美味しかったのですが、相変わらず 味のブレがあるようです。

食べるときによっては 爆発的な美味しさがあるので その時を楽しみにしましょう。

今回も 厳しくなってしまいましたが ポテンシャルのあるお店なので 今後も頑張ってほしいです。

おとど(その10)
おとど(その9)
おとど(その8)
おとど(その7)
おとど(その6)
おとど(その5)
おとど(その4)
おとど(その3)
おとど(その2)
おとど(その1)

住所    千葉県松戸市上本郷901 鈴木ビル1F
電話    047-360-5858
営業時間  【月曜日~土曜日】11:00-15:00  18:00-翌2:00
      【日曜日】    11:00-翌2:00
定休日    無休
駐車場    なし

三昧や

三味や (1)

柏の6号線沿いに出来た「三昧や」に行ってきました。
粉物のお店に強い森久保さんと言う方が監修したのチェーン店のようです。

場所は 鶏銀の隣になります。

三味や (2)
三味や (3)

たこ焼きは 280円~ お好み焼きは 600円~とリーズナブルです。
テイクアウトも出来るようですね。

三味や (4)

中は こんな感じです。
入口は 狭いのですが 中は 50席はあるそうです。
こ上りもあって 仲間内で楽しむには いい感じです。

三味や (5)
三味や (6)

今回は 店員さんおすすめの 広島焼きにしました。
ここは 厨房で焼いたものを 持ってきてくれるタイプのお店です。

量多いですよと言われていたので心配しましたが、普通の大きさで良かったです。
おたふく系の甘いソースで美味しかったですね。
極太のそばも良かったです。
ただ 中に もやしが入っていたのは ちょっと違和感ありました。

とても リーズズナブルで 中も広いので 家族連れや 若い人たち向けには いいのではないでしょうか?

この辺り 粉物のお店も多いですので 個性を出して 頑張ってほしいですね。

住所     千葉県柏市旭町1-3-8
電話     04-7146-2770
営業時間  【月~木曜日】 15:00~25:00
        【金曜日、祝前日】 15:00~26:00
        【土曜日】 11:30~ 26:00
        【日曜日、祝日】11:30~ 24:00
定休日    火曜日
駐車場    なし

麺屋 凛(その6)

麺屋 凛6 (1)

北小金にある「麺屋 凛」に行ってきました。
このお店 行くたびに 形態が少しずつ変わっているので 面白いですね。

麺屋 凛6 (2)

メニューは こちらです。
盛岡冷麺は 珍しいですよね。
激辛らーめんも気になります。

麺屋 凛6 (3)

チャレンジメニューの凛ゴット。
2000円なので 失敗しても たくさん食べれる方なら それほど損はないと思います。
食べきれば無料ですので 自信のある方は チャレンジしてみてください。

麺屋 凛6 (4)

中はこんな感じです。
座敷も多いので 家族連れでも安心ですよ。

麺屋 凛6 (5)
麺屋 凛6 (6)

今回は 鶏塩そばです。
通常 750円ですが 実は 500円で食べれるときがあるんです。
それは、こちらの 公式ブログで 1杯 500円サービスをやっているときです。
http://ameblo.jp/mennyarinn/
この割引サービス 不定期で 行われているので ちょくちょく チェックしてみてくださいね。

麺屋 凛6 (7)

らーめんで 竹の子が入っているのは 珍しいですよね。
スープも 家系に近いものはあるのですが、独特のマイルドさがあります。
面白くて 美味しいスープですよ。
これが 500円なら 結構 満足感高いと思います。

麺屋 凛6 (8)

安くあがった分 チャーハンも頼んでみました。(麺類と一緒に食べると通常500円が350円になります。)
まるきのチャーハンを彷彿する味だと思います。
チャーシューがたくさん入っていて濃いめの味付けで美味しいです。

このほかにも 2人以上なら 餃子1人前プレゼントなど 色々と やっていますので 確認してみてください。

麺屋 凛(その5)
麺屋 凛(その4)
麺屋 凛(その3)
麺屋 凛(その2)
麺屋 凛(その1)

住所    千葉県松戸市大金平1-41
電話    047-703-8337
営業時間 11:00~ 翌3:00
定休日  水曜日
駐車場  あり

福しん 北千住東口店(その2)

福しん2 (1)

北千住 東口 降りてすぐのことろにある「福しん」に行ってきました。
この日 雨だったので 駅そばのお店を選んでしまいました。
でも ここは、なかなか やるお店ですよ。 

福しん2 (2)

ここは ちょい飲みするにもベストなお店です。
なんと おつまみは 100円~ それも種類が豊富です。
他も 高くても 250円です。

福しん2 (3)

もちろん 定食やらーめんメニューもリーズズナブルで充実してます。

福しん2 (4)

冷やしそばも 頼んでいる方多いです。
暑い時には 冷たいそばを食べたくなりますからね。

福しん2 (5)

まずは 酎ハイ 250円。
ドリンク類も 安いです。

福しん2 (6)

煮玉子 100円。
ザーサイは お酒を頼むとサービス出てくるのだと思います。
この煮玉子 まあまあ美味しかったですよ。

福しん2 (7)

ウンパイロウ  160円。
茹でた豚肉に八角が入ったタレがかかっています。
予想以上にいいつまみになります。

福しん2 (8)

餃子(小) 100円。
普通のぎょうざもありますが 3個で100円のぎょうざもあるので間違えないようにしてくださいね。
ニンニクが効いており パンチのある餃子でした。

福しん2 (9)

ニラ玉 250円。
250円は 安いですよね。
味は普通で 直径15cmほどあるので 思ったよりお腹にたまります。

これで トータル860円 普通定食頼んだら このくらいの価格ですよね。

何人かで 長居をするには 不向きですが さくっと飲むには 最適なお店ですよね。

福しん 北千住東口店(その1)

住所      足立区千住旭町41-2
電話      03-3870-0256
営業時間    11:00~翌02:00
定休日     無休
駐車場     なし

センワ屋(その2)

センワ屋2 (1)

柏 青葉台にある「センワ屋」です。
発芽にんにくを使用した料理を出されるお店です。

センワ屋2 (2)

お隣のこちらが 本社。
建築系の会社のようですが 自社でコンテナを持っており、そちらで 発芽にんにくを作られているようです。

センワ屋2 (3)

前回は、らーめんを頂きましたが 今回は お弁当を購入していこうと思います。

センワ屋2 (4)

お弁当は こんな風に ご飯の部分が入っていません。
その部分に ご飯を セルフでたっぷり詰めてもいいですし、脇に置いてある お惣菜も詰めてもいいそうです。

センワ屋2 (5)

ご飯は セルフで お好みの量を入れることが出来ます。
とりあえず ふたが閉めればokのようです。

センワ屋2
センワ屋2 (7)

お惣菜は こちらです。
全て 発芽にんにくを使用してます。

センワ屋2 (8)

特に 美味しかった 発芽にんにくの油味噌。

センワ屋2 (9)

ラーメンなどは こちらで頂きます。

センワ屋2 (10)
センワ屋2 (11)

今回のお弁当たち。
ご飯は 家にあったので ご飯尾部分には お惣菜をメインに入れてみました。
これで 1つ 500円は 相当お得ですよね。

このお弁当 配達もしますが、その場合は おそらくご飯が詰まっています。 

大漁お惣菜をゲットしたい方は 寄ってみてください。

センワ屋(その1)

住所     柏市青葉台1‐24‐7
電話       0120‐27‐1008
営業時間    11:00~14:00  16:30~23:30
定休日      曜日 祝日
駐車場      あり

光が丘 酒場放浪記

光が丘の飲みイベント 「光が丘 酒場放浪記」に参加させて頂きました。

光が丘の飲食店を1日に10店舗を飲み歩くというイベントです。

実は 光が丘も いい飲み屋があるんですよ。

今回は 途中参加 途中退散です。

光が丘放浪記 (1)

1軒目(途中参加なので全体的な流れとしては 実質は3軒目)は おなじみの串郎です。
難関の焼酎の飲み放題のお店からスタートです。

光が丘放浪記 (2)
光が丘放浪記 (3)
光が丘放浪記 (4)
光が丘放浪記 (5)

ぼんじり・チーズインポテもち・手羽先・牛つくね+温玉 とどれも安くて美味しい。
割りもの1杯頼めば 焼酎(キンミヤ)は飲み放題ですし、普段使いでも コスパは最高です。
今回はポッピーを頼んだので ここで2.5杯ほど飲んでしましました。

光が丘放浪記 (6)

2軒目は ぎょうざ亭。
光が丘放浪記 (7)

まずは ハイボール 結構濃いめでした。

光が丘放浪記 (8)
光が丘放浪記 (9)
光が丘放浪記 (10)
光が丘放浪記 (11)光が丘放浪記 (12)

とりあえず 焼き餃子 全種類オーダーです。
上から 激辛・強烈(にんにく3倍)・海老・大判・美人(ノーマル)です。
みんなで食べる 餃子は 美味しいですね。

とてもリーズナブルなのに いい感じの焼き加減で とても美味しいです。(ちなみに美人ぎょうざは 220円です)

光が丘放浪記 (13)
光が丘放浪記 (14)

締めには 新メニューの釜玉らーめん。
モチモチの麺をシンプルに醤油タレ・鰹節・海苔・卵で頂きます。
こういう味も 結構ありだと思います。
サッパリとして美味しかったです。

光が丘放浪記 (18)

3軒目は やがちゃんキムチ。
完全無添加のキムチやさん。
ネットでは 有名なお店みたいですよ。

こちらでは お酒は売っていないので スーパーで各自 お酒を購入しました。

まさかキムチやさんの店先で飲めるとは 思っていませんでした。 

店先にテーブルが置いてあるのでそちらを利用させて頂きます。

光が丘放浪記 (15)

まずは ナムル・タコキムチ・パクチーのキムチです。
パクチのキムチは珍しいですよね。
それも本格的な 辛さ、まさか こんな美味しいキムチ屋さんだと 知らなかったです。

光が丘放浪記 (16)

キムから。
揚げた唐揚げをキムとのタレに和えたものです。
今年の唐揚げグランプリで金賞を受賞した逸品です。
これは いいおつまみになります。

光が丘放浪記 (17)

麻婆クル。牡蠣が入ったキムチ鍋みたいなものです。
これが また美味しいこと 辛めのスープに牡蠣の旨みがどっしりと溶け込んでおります。
もう止まらないうまさです。
他との料理との相性も抜群ですよ。

光が丘放浪記 (19)

メニューの 1部は こんな感じです。

大所帯だったので あまり気にはしませんでしたが、後で良く考えると ちょっと恥ずかしいですよね。

光が丘放浪記 (20)

4軒目は 菜ちゅり。
本格的な 韓国料理のお店です。

光が丘放浪記 (21)

韓国料理と言ったらマッコリ それも 梨味とちょっと変わったものでした。

光が丘放浪記 (22)
光が丘放浪記 (24)

野菜チヂミと海鮮チヂミ。
外がカリカリで中はしっとりと美味しいチヂミです。
ランチに付いてくるものよりこっちの方が美味しかったような気がします。

光が丘放浪記 (23)

こんな感じのドリンクもあります。
これなら 女子受けも間違いなしです。
というか どちらかと言うと女性の方が多いお店ですが・・・

光が丘放浪記 (25)

チーズトッポギ。
ピリ辛のソースにモチモチ のトッポギ トロ~リチーズ 間違いない美味しさですよね。

光が丘放浪記 (26)

烏賊と野菜の辛味炒め。
シャキシャキの野菜と烏賊との相性は バツグンです。
ピリ辛ソースで いい感じに食べれます。
此方は雰囲気も とてもいいお店なんですよ。

今回は 10軒中4軒の訪問でした。
中には 10軒すべて回っている方もいらっしゃいました。タフですよね。

何気に 光が丘も いいお店が たくさんありますよ。

興味のある方は 是非 光が丘に遊びに来てくださいね。

ユルベルトkashiwax’2016(その2)

ユルベルト2016 (25)

4軒目は 銀花。
運よく 並び0で入れました。
いつもだったら 20人近く並んでいることが多いので ちょっとびっくり。

ユルベルト2016 (19)

内容は 相変わらずに ハイランク。
今回行かれた方は 並ばず入れたので ちょっと得した気分です。
ここから ショージさんと合流してます。

ユルベルト2016 (20)

こういうことも あったりするんですね。
ちょっとしたら すぐ入ってきましたが 出た時にも 並びはなかったです。

ユルベルト2016 (21)

この日は 天気が良かったので ビールを良く飲んでいました。

ユルベルト2016 (22)
ユルベルト2016 (24)

特製ハンバーグ スモーク香るきのこソース。
粗びきのお肉 デミグラスソースがいい感じに美味しい。
また きのこの香りが なんと言えない 美味しさをプラスアップさせています。

ユルベルト2016 (23)
 
こちらがショージさんが頂いた 和牛ビーフシチューライス。
お肉 たっぷり入っています。

どちらも ビールが付いて800円で食べれるのは 幸せですよ。

ユルベルト2016 (27)

5軒目は 和香。

ユルベルト2016 (26)

こちらも 毎度ながらの 豪勢な3点セットです。

ユルベルト2016 (28)

こちらは 選べるドリンクの種類も多いです。

ユルベルト2016 (30)

プラス500円で ちょっとプレミア付きのお酒を追加することも出来ます。

ユルベルト2016 (29)

今回は 香露と鳳凰美田のひやおろしにしました。
どちらも なめらかで美味しい酒でした。

ユルベルト2016 (31)
ユルベルト2016 (32)
ユルベルト2016 (33)
ユルベルト2016 (34)

料理も 豪華です。
秋野菜のかき揚げには 秋刀魚が入っており これは また美味しかったです。

一見 地味に見えますが 食べてみるとレベル高いです。

ユルベルト2016 (35)

6軒目は PEC。
最近できたばかりのお店です。
柏には ないタイプの カジュアルイタリアンの店です。

ユルベルト2016 (36)

ユルベルトメニューは、上記のようでしたが もう売り切れでしたね。

ユルベルト2016 (37)

飲み物は サングリアとビールにしました。
ビールは グラスでの提供でした。

ユルベルト2016 (38)

代わりの料理は こちらでした。
店内が暗かったので 写りが悪くてすいません。
生ハムとチョリソーにジャガイモにマヨネーズ系のソースがかかったもの。

もうこの頃は お腹もかなり満たさていたので この内容は ちょっとありがたかったです。

ユルベルト2016 (39)

最後は やまんです。
なぜか 知っている顔が たくさん集まって来ましたね。面白いもんです。

こちらのシステムは 貴重なお酒と おつまみ1品です。(写真は3人前)
おつまみの内容は 選べませんが 今回は 茹でおおまさり(落花生)・チーズ味噌・ドライ明太子・鯖燻製入りポテサラなどでした。

ユルベルト2016 (40)

せっかくなので十四代。
他に 飛露喜や 獺祭と新政NO.6の飲む比べなど 他多数ありました。

ユルベルト2016 (41)

こちらが 茹でおおまさり 通常の2倍以上ある大きな落花生です。
この時期限定で 茹でで食べると とても 美味しいです。

ユルベルト2016 (42)

初めて食べましたが ドライ明太子。
ほんのりピリッとしてまったり 面白い味です。
これは いいつまみになります。

今回も ユルベルト 堪能いたしました。

毎回書きますが、このユルベルトは 出店される方は 採算度返しで 料理を提供さています。
また 寝る間を惜しんで 料理を仕込んでおります。

柏で飲む機会がありましたら 是非  今回 気に行ったお店に 顔を出して欲しいです。

実は 通常営業の方が もっと美味しものたくさんあるんですよ。

是非 柏の街を 楽しんでくださいね。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

kou

Author:kou
いいとこみつけたへようこそ!

このサイトは お店側と見て頂いる側とのいい関係を目指しておりますので お店の誹謗中傷的なコメント等があった場合は、勝手に削除させていただくことがあるのでご了承ください。

また、紹介している内容は 訪問当時の内容になります。価格やメニューなど変わっていることもありますので そちらもご了承ください。

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランチ(柏) (229)
ランチ(松戸) (87)
ランチ(その他) (56)
未分類 (0)
らーめん松戸 (254)
らーめん柏 (136)
らーめん東京 (85)
らーめん(その他千葉県内) (18)
居酒屋・BAR(柏) (620)
居酒屋・BAR(松戸) (187)
居酒屋・BAR(その他) (91)
洋食(柏) (14)
洋食(その他) (21)
和食 (131)
中華 (127)
寿司 (27)
焼肉など (49)
エスニック (76)
スイーツ (2)
イベント (128)
おうちdeごはん (5)
日記 (21)
お店 (21)
美味しいお店(東京) (6)
らーめん(その他) (6)
パン (9)
Cafe (8)
昼飲み (4)

Adsense

Adsense2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん