FC2ブログ

いいとこみつけた

柏・松戸を中心に美味しいお得なお店を紹介しています。

虎昇(その4)

虎昇4 (1)

今年 年始の初めてのお店は 北小金の「虎昇」でした。
年始 やっているお店が少ないので ここがやっていてよかったです。
ここは 我が家でもお気に入りのお店なんですよ。

虎昇4 (5)
虎昇4 (4)
虎昇4 (3)
虎昇4 (2)

メニューの一部です。
他にも壁などの色々と書いてあるので よくチェックしてみてくださいね。

虎昇4 (6)

お通しのサラダ。
シンプルなサラダですが 何気に旨いんです。

虎昇4 (8)

豆腐サラダ 300円。
大きな豆腐が1丁乗っているのでボリュームありますよ。
お好み焼きが焼けるまでの いい繋ぎになります。

虎昇4 (9)

1品目のお好み焼きは たこ玉、蛸がたくさん入ったお好み焼きです。
この日は お店の方に焼いていただきました。
その方が キレイで美味しく焼けるので 間違いないですよね。

虎昇4 (10)虎昇4 (13)

ここのお好み焼きは 特に厚いお好み焼きです。
それでも ふわふわと柔らくて とても美味しいんですよ。
まぜ方に 技があるんでしょうね。

虎昇4 (11)
虎昇4 (12)

豚(デジ)プルコギ。
トッポギのようなタレで炒めてあるので 甘辛くて超美味しかったです。
ご飯と合わせても とても美味しいと思いますよ。

虎昇4 (14)
虎昇4 (15)

ここに来たら 必ず頼んでいる 明太もちもんじゃです。
今気づきましたがチーズが入っていると もっと美味しかったので トッピングすればよかったですね。

虎昇4 (16)
虎昇4 (17)
虎昇4 (18)虎昇4 (19)

最後は 烏賊・チーズお好み焼き。
チーズが 横からはみ出て気いるの分かりますか?
これが 少し焦げて カリッとなって旨いんですよ。

年始から 美味しいお店で食べれて良かったです。

虎昇(その3)
虎昇(その2)
虎昇(その1)

住所     松戸市殿平賀199-1-1F
電話     047-382-5990
営業時間  平日 17:00~23:00
        土・日・祭日 11:00~2300
定休日    火曜日
駐車場   なし
スポンサーサイト



久兵衛屋 南柏店(その3)

久兵衛屋 南柏店3 (1)

元旦の日 あまりやっているお店が少ないので 南柏の久兵衛屋に来てみました。
元旦は 人が集まる場所のお店は 混んでしまうことが多いのですが こちらは 街中にあるのお店なので 意外と空いていることが多いので 重宝です。

過去記事を検索してみたら 去年もここに来ていたようです。

久兵衛屋 南柏店3 (2)
久兵衛屋 南柏店3 (3)
久兵衛屋 南柏店3 (4)
久兵衛屋 南柏店3 (5)

ここは、種類も多くて、リーズナブルなので チェーン店の中では 好きなお店です。
セットの組み合わせも多く、選ぶのに 悩んでしまうくらいです。

ここは ゼンショーグループのお店だったようですね。
大手チェーン店のパワーを 確認してみたいです。

久兵衛屋 南柏店3 (7)久兵衛屋 南柏店3 (8)

金曜日には ビールが 半額になるので こちらで ちょい飲みも かなり楽しめると思います。

久兵衛屋 南柏店3 (9)

中は こんな感じです。
ファミレスらしく 広々とした造りです。

久兵衛屋 南柏店3 (10)

看板メニューの1つの 野菜ほうとう。
ほうとうが 690円+税で食べれるのが 非常にありがたいです。
冬には 最適です。体温まります。

久兵衛屋 南柏店3 (11)
久兵衛屋 南柏店3 (12)

こちらは キムチほうとう。
ちょっとピリ辛にするのもありですよ。
具もたくさん入っていて 複雑な味わいになるのが ほうとうの醍醐味ですよね。

久兵衛屋 南柏店3 (13)

冬のおすすめメニュー中から 鴨つけ汁の賑わい膳 920円+税です。
天ぷらや小鉢3種に デザートが付いてこの価格は リーズナブルです。

久兵衛屋 南柏店3 (18)
久兵衛屋 南柏店3 (19)
久兵衛屋 南柏店3 (14)

麺は 中華麺でしたね。柚子の香りがいい香りです。
つけ汁は、醤油ベースの和のテイストのものです。
中華麺より そばやうどんの方が合いそうな気がします。
一応 鴨も入っていますが この価格なので それなりのものですね。

久兵衛屋 南柏店3 (16)

小鉢は、きんぴら・ほうれん草の白和え・松前漬けでした。
味付けは、麺類に合わせるので あっさり目でした。

久兵衛屋 南柏店3 (15)
久兵衛屋 南柏店3 (17)

天ぷらは この価格なので 蟹のかまぼこ・ごぼう・春菊・かぼちゃでした。
抹茶塩で頂きます。
蟹のかまぼこは、身がむっちりとしており 期待以上に美味しかったです。
最近のカニカマも 優秀ですね。

デザートは、リンゴゼリーのシャーベット。
あっさりと口直しに良かったです。

年末年始は チェーン店を楽しむのもありですね。

久兵衛屋 南柏店(その2)
久兵衛屋 南柏店(その1)

住所   柏市豊四季971-7
電話   04-7170-9909
営業時間 11:00~23:00
定休日  無休
駐車場  あり

吉野家 柏東口店

吉野家 柏東口店 (1)

この日は 1年の最後の日でした。
残念ながら 個人店のお店は ほとんどやっていませんでしたので、
それなら 普段 なかなかいけなくて気になっている 吉野家に来てみました。
新しくなって イメージがだいぶん変わったようです。

吉野家 柏東口店 (2)

メニューに 牛丼以外に 唐揚げやとんかつなどのメニューも増えています。
期間限定商品などで 気になるものもあります。
webで確認したら 場所によって 地域限定商品もあるようですね。

吉野家 柏東口店 (3)

カウンターで 注文をすると アラームを受け取ります。
料理が出来たらアラームが鳴って 頼んだものを取りに行く フードコートと同じ形態ですね。

また、英語の話せる 店員さんがいますので外国の方が来ても大丈夫になっているようです。
実際、外国の方も多かったです。

吉野家 柏東口店 (4)

7種の彩り野菜 190円。
これが 190円はうれしいですね。
これなら 女性客も 来やすくなります。

吉野家 柏東口店 (5)

この日は、唐揚げが食べたかったので 唐揚げタルタル丼しました。
唐揚げは 3cmくらいのそれほど大きくはありませんが、5個ほど乗っています。
半分は 千切りキャベツが乗っています。

吉野家 柏東口店 (6)

タルタルは たっぷりなのは いいですね。

吉野家 柏東口店 (7)

今回は 普通盛りだったのですが、大盛りにしたら おかず的に足りないのかなと思ったら、ご飯には 旨辛い美味しいタレがたっぷり かかっていました。
これなら 大盛りでも 美味しく食べれそうです。

新しい吉野家は ずいぶんと幅が 広がりましたね。
さすが 吉野家 色々と頑張っていますね。

clover cafe

clover cafe (12)

柏の 高柳にある「clover cafe」でランチをしてきました。
昨年の12月にオープンしたばかりのお店です。

場所は、サンキ 高柳店の裏になります。

clover cafe (11)
clover cafe (10)
clover cafe (4)

中は こんな感じです。
明るい基調の清潔感のある造りになっています。

clover cafe (5)

メニューは こちら。
どれも 1000円以下で リーズナブル。
後ほど詳しく 紹介しますが、ボリュームもあり お得感もありますよ。

clover cafe (1)

最初に出てきたのは、野菜たっぷりコンソメス-プ。
優しい味わいで 心落ち着きます。

clover cafe (2)

ランチメニューには ドリンクがサービスで付きます。
本格コーヒーが たっぷりとマグカップで サービスでつくなんで 嬉しいですよね。
付け合せに 付いてくるクッキーが これが また 美味しいこと、売っているなら 買って帰りたいほどでした。

clover cafe (3)

スプーンやフォークの柄の部分が また可愛いんです。
お子さんには ウケそうですね。

clover cafe (6)

鶏とレンコンペペロンチーノ 750円。
ボリュームありますね。
見た感じ 150gくらいでしょうか? 通常の大盛りくらいイメージだと思います。

clover cafe (7)
clover cafe (8)

オムライスハンバーグ 850円。
とてもキレイなオムライスです。
ハンバーグも ナツメグが しっかりと効いており、デミグラスソースもたっぷりとかかっています。
カフェで出て来るオムライスとしては レベルは高い方だと思います。

clover cafe (9)

アーモンドミルクチョコワッフル? 680円。
重厚感のあるワッフルは、しっかり歯ごたえがあるタイプで、お腹も満たされます。

味的には 特にこだわりがあるタイプではありませんが、ボリュームがあってリーズナブルで、内装もキレイです。

女子会などに 使用するには かなりいいと思います。

まだ 出来たばかりのお店ですが 今後 楽しみなお店ですね。

住所     柏市高柳1113-10
電話     04-7192-8078
営業時間  10:00~21:00
定休日    水曜日
駐車場   

奏(その2)

奏2 (1)

前回 プレオープンに行ってきた 「奏」に また行って来ました。
ここの料理は 間違いなく美味しいので 安心して行けますね。

奏2 (3)

この日のお通しは、京芋と鶏肉の白味噌煮。
この出汁が 凄いんです。
濃厚で 旨みが強く ちょっとびっくりするほどの味付けです。

奏2 (5)

この日の おすすめです。

奏2 (2)
奏2 (6)

なんといっても ここの厚切りのお刺身は 間違いなく美味しいです。
この日は インドマグロ・金目・アブラボウズ・ぶりの組み合わせでした。
特に ぶりは 脂が乗って凄かったですよ。

奏2 (4)

柚子大根。
しゃっきとした大根の食感に 柚子の香りと甘みが いい箸休めになりますね。
上品なお味なので すっきりっとした辛めの日本酒とも合いそうです。

奏2 (7)

香味鶏のもも焼。
しっとりとした柔らかいもも肉に 皮の部分が カリッと焼き上げ 絶品なおいしさです。
もう 箸が止まらなくなってしまします。

奏2 (8)

牡蠣のオイル漬け。
プリプリの食感に オイルで牡蠣の旨さが閉じ込められています。
これは 牡蠣好きな方には 堪らない1品ですよ。

奏2 (9)

最後は、裏メニュー 和野菜のピクルス。
それほど 酸味は強くないので 口の中をサッパリと 浄化してくれます。

相変わらず どれも美味しかったです。

新しい店で 広くもなりましたし、今後も 期待が出来るお店ですね。

奏(その1)

住所    千葉県柏市泉町6-57
電話    04-7163-8150
営業時間 17:00~24:00
定休日   火曜日
駐車場   なし

松乃家(その7)

松乃家7 (1)

松戸の「松乃家」に行って来ました。
ワンコインから 美味しいとんかつが食べれるお店です。

松乃家7 (2)

この低価格なのに 品質も それなりのレベルを維持で来ているのは さすが 大手食品チェン店の強さです。

松乃家7 (4)
松乃家7 (5)

今回は 500円のローズカツ定食です。
何千円もする とんかつとは やはり違いますが ワンコインと思ったら 十分な 満足度はあると思います。

松乃家7 (6)

何気に このおしんこも美味しいです。

テイクアウトも出来ますし、サクッと食べてもokです。

使い勝手のいいお店ですよね。
ただし、ご飯とキャベツのお替りは 有料です。

松乃家(その5)
松乃家(その4)
松乃家(その3)
松乃家(その2)
松乃家(その1)

住所   千葉県松戸市本町4-4 GK松戸ビル
電話   047-366-6581
営業時間 24時間
定休日  無休
駐車場  なし

ラーメン一竜

一竜 (1)

学芸大学にある「ラーメン一竜」に行って来ました。
駅から 徒歩1分と 立地のいい場所ですが よく店舗が変わるお店です。
今度は 博多風のラーメン店になりました。

2014年に、(株)三光マーケティングフーズから「東京チカラめし」を68店舗買収したガーデングループが、
今年7月11日付けで、「元祖博多中洲屋台ラーメン一竜」を運営する(株)トライアングルの全株式を取得し、
完全子会社化して 今回の店舗化になったようです。

一竜 (6)

単品メニューは こんな感じです。
本場博多ラーメンとしては 少し高いような気がしますが 東京なので仕方ないですかね。

一竜 (4)

セットメニューも そこそこ充実してますね。

一竜 (2)

博多ラーメンときたら やはり替え玉ですよね。
前のお店は ライス食べ放題だったので 100円は 気持ち残念ですね。
チェーン店ですので 決まりがありますからしょうがないところでしょうか。

一竜 (5)

カウンターに おいてあった無料トッピング。
紅ショウガはありましたが、博多らーめん 特有の 辛子高菜は なかったです。

一竜 (7)

その代わり 小さなすり鉢があって 擦りたての胡麻をトッピングできます。
胡麻を擦った時の いい香りは 食欲を増進させます。

一竜 (8)一竜 (9)

今回は 赤ダレとんこつラーメンにしました。
厚さはそれほどではありませんが 大きなチャーシューが2枚のっています。
その上に乗っているのが 赤ダレです。

スープは その場で 豚の頭をコツコツと煮たような長浜風というより やはり セントラル系でしょうか?
安定して 美味しいスープだと思います。

一竜 (10)

麺は 博多ラーメン 特有の細麺です。
今回は カタで頼みましたが、いい感じに美味しかったです。

一竜 (11)

せっかくなので 白ごまと紅ショウガをトッピングしてみました。
これが 入ると 1つギアが上がったような感じに 旨さが増します。

一竜 (12)

そして 替え玉は バリカタで・・・
先ほどより固めで こしが出たようになって 美味しいです。

一竜 (13)

2杯目は 赤ダレをスープに溶かして・・・・
これが ちょっと辛くなって コクがアップしますね。
個人的には 赤ダレおすすめです。

まだまだ 試行錯誤のお店だと思いますので 今後に期待をしたいです。

一撃(その10)

一撃10 (1)

松戸の「一撃」に行って来ました。
あまり知名度はありませんが 個性豊かで 美味しいらーめんを出されているお店です。

一撃10 (2)

売上ランキング。
こういうのが書いてあると 最初の訪問でも 選びやすいですし 次回も また 食べに来たくなりますよね。

一撃10 (3)

松戸は らーめん激戦区ということもあり、ランチ時には ライス無料というお店が多いですね。
ここは、他にも 色々とサービスあるも嬉しいです。

一撃10 (4)

あまり気にはしてなかったのですが、テイクアウトもあったようです。

一撃10 (5)

こちらはメニュー。
種類が 豊富なのが特徴です。
どの味も個性的なのも 頑張っている証拠です。

一撃10 (6)

今回は 山ちゃんおすすめの タンタン麺にしてみました。
白っぽい担々麺なのですね。
見た目と違って 本格的な担々麺です。
芝麻醤が しっかりと感じられる担々麺は 本当に 美味しいです。

一撃10 (7)

麺は、中太麺 歯ごたえがよく スープとも良く合っています。
野菜も たっぷりと入っていて ヘルシー感もあります。

一撃10 (8)

黒ゴマもかかっており、なかなか 胡麻の風味も豊かです。
真ん中にある 肉みそも美味しかったです。
これだけでも ご飯に合いますし、また この担々麺自体が ごはんとの相性もいいと思います。

一撃10 (9)

途中から ラー油をたっぷりとかけすぎなくらいかけてしまいました。
でも この赤いビジュアルが、担々麺として堪らないですよね。

期待以上の担々麺が食べれて良かったです。
今度が ライスをつけてがっつりと食べてみたいですね。

一撃(その9)
一撃(その8)
一撃(その7)
一撃(その6)
一撃(その5)
一撃(その4)
一撃(その3)
一撃(その2)
一撃(その1)

住所  千葉県松戸市松戸1228-1 松戸ステーションビル1F 102
電話番号 047-366-6213
営業時間 11:00~中休 18:00~
定休日   日曜日
駐車場  なし

にかいや(その11)

にかいや11 (1)

増尾にある「にかいや」に行って来ました。
ジャンクで なぜか また食べたくなるラーメンです。

にかいや11 (2)

メニューは 変わりませんね。
今どきのラーメンとしたら リーズナブナル方です。
なぜか 超激辛の「赤道」さえ 600円なので嬉しいですよね。

にかいや11 (3)

今回も 豚入りオロチョンらーめんです。
以前は このオロチョンあまり好きでなかったのですが 最近は 逆に好きになりました。
スープと麺がマッチしているように感じられるようになりました。

にかいや11 (4)

毎回 ビジュアルが違うのですが 豚入りにすると 豚肉が 100円で これだけの量がプラスになります。
これは、豚好きな方には 堪らないですね。

にかいや11 (5)

今日のオロチョンは 真ん中にかかっていました。
今回は 野菜と玉ねぎ増しにしたので プラスするトッピングによっても違うにかもしれません。

にかいや11 (6)

パスタ風の麺は モチモチで150gくらいですが、野菜がたっぷり入っているので 全体的にボリュームがあります。
麺は あっという間になくなってしまう感じです。
ただ、大盛りにすると 2玉なので 麺300gは 相当 多い量になってしまいます。

にかいや11 (7)

オロチョン自体を直接 食べてみたら いい感じの辛さでだったので、麺を直接オロチョンを絡めて食べてみました。
この食べ方 意外にいいかもしれませんね。
後半は スープにお酢を入れると美味しいと書いてあったので やってみましたが それも良かったです。

にかいや11 (8)

残ったスープは こんな感じです。
見た目は 辛そうですが そこまで辛くはないです。
ここは どちらかというとスープを味わうというより 麺と具をガツガツと食べるようなお店のような気がしますね。

兎も角 中毒性のある美味しいらーめんであることは 間違いないです。

あと ティッシュペーパーがないので持参した方がいいと思います。

にかいや(その10)
にかいや(その9)
にかいや(その8)
にかいや(その7)
にかいや(その6)
にかいや(その5)
にかいや(その4)
にかいや(その3)
にかいや(その2)
にかいや(その1)

住所    柏市青葉台1-3-25 
電話    非公開   
営業時間  火~金 11:30~19:00
        土・日・祝 9:00~麺切れまで(15:00ぐらいが目途 )
定休日   月曜日
駐車場   3台

くらま(その5)

くらま5 (1)

南柏の「くらま」に行って来ました。
だいぶん前に行ったのですが 気にするのを忘れていたので今頃のアップになってしまいました。
非常に 美味しい塩らーめんのお店です。

くらま5 (2)

当時は 新しいメニューが 出来たと聞いたので来てみたのが こちらです。

くらま5 (3)

早速 頼んだのは 塩担々麺です。
塩の担々麺は珍しいですよね。
既存の塩らーめんほど 完成度は 高くはありませんが 個性的な味 いいものが出てましたよ。

くらま5 (4)

大き目な ひき肉も 肉の食感があっていいですね。

くらま5 (5)

途中から カウンターにあった ラー油をかけてみました。
担々麺には やはり ラー油が かかっていた方が コクが出て味が締まりますね。

新しいメニューが 増えて 今後の「くらま」も楽しみですよね。

くらま(その4)
くらま(その3)
くらま(その2)
くらま(その1)


住所   柏市豊四季973-4  
電話   04-7173-8663
営業時間 [月~金]   12:00~14:00 18:00~22:00
     [土・日・祝] 12:00~15:00 18:00~22:00   
定休日  火・水曜日
駐車場  あり

AKEBI(その6)

AKEBI6 (1)

柏のAKEBIに行って来ました。
こだわりの 美味しいらーめんが頂ける店です。

AKEBI6 (2)

この時は 大きく分けて 2種類しかありません。
それだけ 1つのらーめんに こだわりがあるのでしょうね。

AKEBI6 (3)

こちらに こだわりについては 詳しく書いてあります。

AKEBI6 (4)
AKEBI6 (5)
AKEBI6 (6)

味玉濃厚鶏塩そば。
一口 スープをすすった瞬間 濃厚さが がんと口の中に広がります。
これで 化学調味料を使用してないのですから、かなり努力されているのだと思いますね。
濃厚なスープ対して 生野菜が 新鮮さを感じられる1品です。

AKEBI6 (7)

味玉中華そば。
こちらは 逆にあっさりとした中華そばです。
ただ シンプルでありながら 奥行きが感じられる中華そばです。
バランスのいい 飽きの来ないらーめんですよね。

安定の美味しさ 人気店の証ですよね。

AKEBI(その5)
AKEBI(その4)
AKEBI(その3)
AKEBI(その2)
AKEBI(その1)

住所   千葉県柏市泉町6-53
電話   04-71-65-7191
営業時間  11:30~14:30、18:00~22:00
     定休日  火曜日
駐車場  なし

丸一(その29)

丸一29 (2)

柏 明原にある「丸一」に行って来ました。
行くたびに 色々な料理があるので 楽しみなお店です。
今日は どんなものが食べるのか楽しみです。

丸一29 (1)

本当にメニューの種類が多いです。
このほかにも まだまだたくさんあります。

丸一29

この日のお通し。
だいたい3種類ほど出て来ることが多いです。

丸一29 (4)
丸一29 (5)
丸一29 (7)

セコガニセット。
小さ目な蟹ですが 身がしっかり詰まっており 美味しい。
赤いのは 内子の昆布締め。
こういう食べ方が出来るのは 丸一ならではですよね。

丸一29 (6)

カレー雲吞揚げ。
カリカリの雲吞とカレー餡が スナック感覚で食べれて 美味しいです。

丸一29 (8)

刺身の盛り合わせ 3種盛り。
今回は 赤貝・生蛸・黒そいの3種、これで 580円ほどですから、本当にありがたい限りです。

どの料理も 独創的で 美味しいものばかり、来るたびに 楽しみがありますね。

これだから 丸一 やめられません。

丸一(その28)
丸一(その27)
丸一(その26)
丸一花見 ’2016
丸一(その24)
丸一(その23)
丸一(その22)
丸一(その21)
丸一(その20)
丸一(その19)
丸一(その18)
丸一(その17)
丸一(その16)
丸一 花見’2014
丸一(その15)
丸一(その14)
丸一(その13)
丸一(その12)
丸一(その11)
花見 ’2012
丸一(その9)
丸一(その8)
丸一(その7)
丸一(その6)
丸一(その5)
丸一(その4)
丸一(その3)
丸一(その2)
丸一(その1)

丸一 花見(その2)
丸一 花見(その1)

住所   柏市明原4-5
電話   04-7144-8802
営業時間 17:00~23:30
定休日  月曜日

ほのじ(その9)

ほのじ9 (1)

久し振りに 松戸の「ほのじ」に来てみました。
駅から 離れていますが いつも賑わっています。
もつ焼きとしては 少し高いのですが 味は 間違いなく美味しいです。
やはり 旨いお店は 人気になりますよね。

ほのじ9 (4)

定番メニューは こちらです。
この他にも メニューがありますので よく周りを見て頼むといいと思います。

ほのじ9 (2)

お通しは 山芋をすりおろしたもの。
サッパリと 見た目もキレイです。
肉料理が多いので こういうお通しもいいです。

ほのじ9 (3)

まずは 緑茶ハイ。

ほのじ9 (5)

レバ焼 塩とごま油で・・・。
炭火で炙っているので 火の通し方いいですね。
これは 滅茶苦茶美味しいわ。

ほのじ9 (6)
ほのじ9 (7)

和牛 すじ玉煮込み。
トロトロの牛すじと甘めのタレととき卵 素晴らしい組み合わせです。
これは 丼にしても 相当美味しいでしょうね。

ほのじ9 (8)

大山鶏の軟骨揚げ。
大山鶏を使用しているので なんとなく品があります。
コリコリとした食感がお酒のいいあてになります。

ほのじ9 (9)

カシラとタンモト。
見た目から違いますよね。
しっかりした肉質と肉の旨みがぎゅっと とじ込まています。

今回も 美味しかった。
ここのもつ焼きは やっぱり美味しいですよね。

ほのじ(その8)
ほのじ(その7)
ほのじ(その6)
ほのじ(その5)
ほのじ(その4)
ほのじ(その3)
ほのじ(その2)
ほのじ(その1)

住所   千葉県松戸市松戸1339
電話   047-364-1178
営業時間 16:00~24:00
定休日  日曜日
駐車場  無し

なんば一番 なかうろこ(その2)

なんば一番 なかうろこ 2 (1)

五香にある「なんば一番 なかうろこ 」に行って来ました。
場所が分かりづらいのですが、西口出てから 線路沿い 元山方面に歩いて2分です。

寒くなると 温かいたこ焼きで 一杯もいいですよね。

なんば一番 なかうろこ 2 (10)
なんば一番 なかうろこ 2 (3)

メニューはlこちらです。
たこ焼き以外に 鉄板焼きや単品メニューもあります。

なんば一番 なかうろこ 2 (2)

中は カウンターのみで6席で このような感じです。
夏は 暑かったですが、冬は快適でした。

なんば一番 なかうろこ 2 (4)

まずは ウーロンハイです。

なんば一番 なかうろこ 2 (5)
なんば一番 なかうろこ 2 (6)
なんば一番 なかうろこ 2 (7)

たこ焼きの明太マヨソースです。
外は カリッと焼き上げてあるタイプですね。
たっぷりの明太マヨソースと良く合います。

なんば一番 なかうろこ 2 (8)
なんば一番 なかうろこ 2 (9)

イカ焼きには チーズを入れてもらいました。
前回は あっさりでしたので こちらの方が 断然美味しかったです。
とろ~りチーズは魅力的な食材ですよね。

このからの寒い時期の 温かいたこ焼で 一杯もいいですよね。

なんば一番 なかうろこ(その1)

住所      松戸市常盤平5-28-5 ジュエル常盤平 1F
電話      047-384-8800
営業時間   火~金  16:00~23:00 土・日 11:30~22:00
定休日     月曜日
駐車場     なし

山勝 角ふじ(その4)

山勝角ふじ4 (1)

久し振りにがっつり系のらーめんが食べたくなって、新松戸にある「山勝 角ふじ」に行って来ました。
履歴を見ると 8年ぶりの訪問になります。
1時は 凄い行列でしたが 同系列のお店は増えましたからね。

山勝角ふじ4 (2)

駐車場が4台あるのはうれしいですね。

山勝角ふじ4 (3)

メニューはこちら。
同系列のお店でも 若干 違うメニューもあるようです。

山勝角ふじ4 (4)

今回は 角ふじに煮干しらーめん+こぶたです。
カツオはイメージがあるのですが 煮干しはなかったのでこちらにしてみました。

今風の煮干しの流れではありませんが いい意味で 豚骨ベースの旨みを増長させており これは 好きな味です。

山勝角ふじ4 (5)

横からの写真です。
この富士山スタイルが 角ふじですよね。

山勝角ふじ4 (6)

豚は 3,4ミリの厚さにカットしてありますが ちょっと固めです。
歯ごたえがある分 枚数が増えると 全体的な量があるので 食べるのに苦労をするかもしれません。

山勝角ふじ4 (7)

麺も 角ふじ特有の ゴワゴワ麺ではなく 極太ながら食べやすさがある麺です。
個人的には このくらいの方が 麺の食感をよく味わえて いいと思います。

山勝角ふじ4 (8)

食べ終わるとこの背油の量です。
さすがに スープは あまり飲みせんが この背油が 美味しくさせているのは あると思います。

8年ぶりですが 当時の旨さが 復活しました。

美味しかった。やはり たまには来ないといけませんよね。 

山勝 (その3)
山勝 (その2)
山勝 (その1)

住所   松戸市新松戸3-420-2  
電話    047-343-8233
営業時間 11:00~翌2:00
定休日  無休

鶏冠(その2)

鶏冠2 (1)

増尾台にある「鶏冠」に行って来ました。
結構人気のお店です。
リーズナブルで いい酒を安く飲めるので 人気には なりますよね。

鶏冠2 (2)

なんと言っても こちらに載っているお酒 全て  380円です。
貴重な 日本酒も 380円だったりして 頑張っていますね。

鶏冠2 (3)

食べ物は こちら。
串の種類も豊富です。
オリジナル串などもあって 楽しめますよ。

鶏冠2 (4)

まずは 田酒 特別純米。
結構 量 入ってます おそらく120mlくらいでしょうか?
もちろん 380円です。

鶏冠2 (5)

最初の1本は ささみ柚子胡椒でした。
ささみ 優しい肉感と 柚子胡椒のピリッと感が 日本酒にあります。

また、こちら お通しを取らないのもいいですね。

鶏冠2 (6)

豚レバのタレ。
しっかり火は通っていますが、コッテリしたタレが良く合っています。

鶏冠2 (7)
鶏冠2 (8)

チキンピザ串。
鶏むね・玉ねぎ・トマトソース・たっぷりチーズの組み合わせです。
ちょっと 食べづらいとこもありますが 間違いなく 美味しいですよね。

鶏冠2 (9)

定番メニューではありませんが ガブうまハムカツ 290円です。
やっぱり ハムカツは 分厚くないといけませんよね。
このくらいあると 美味しさも違います。

鶏冠2 (10)

この辺で 七田にしました。
ちょっと量が少なかったかな・・・

鶏冠2 (11)

こちらは煮込み 最後だったので 少し大盛りだそうです。
美味しい煮込みでした。

鶏冠2 (12)

今度は 獺祭 純米大吟醸。
もちろん こちらも 380円。
これは かなり贅沢のみが出来そうです。

鶏冠2 (13)

最後は 漬物。
なかなか旨かったです。

申し分ないですよね。
これからも この調子でがんばってほしいお店です。

鶏冠(その1)

住所     千葉県柏市増尾台4-12-9
電話     04-7151-1592
営業時間  15:00~
定休日
駐車場    なし

大阪王将 南柏店(その3)


大阪王将 南柏店3 (1)

久し振りに 南柏駅前にある「大阪王将」に行って来ました。
駅から 徒歩0分 とても 便利な場所にありますよね。

大阪王将 南柏店3 (2)

最近 凄く気になっているのが こちら。
お値段も このお店にしては いいですが 今はやりのローストビーフ どうなんでしょう?

大阪王将 南柏店3 (3)
大阪王将 南柏店3 (4)
大阪王将 南柏店3 (5)
大阪王将 南柏店3 (6)

相変わらず メニューが豊富で どれも美味しそうです。
400円台から定食・セットメニューまで 色々な需要に対応できるのが 素晴らしいです。

女性客も多く、テイクアウトされている方も多かったです。
出来たので料理は 美味しいですからね。

大阪王将 南柏店3 (7)

お疲れ様セットも ありました。
これに ハーフメニューなどが付けられるようになったら、1人飲みの需要も上がりそうです。

大阪王将 南柏店3 (8)

やはり 頼んだのは ローストビーフまぜそばの100g 税込1190円です。
見た目は 思ったより ボリューム少ない感じです。

大阪王将 南柏店3 (9)

横から 写真です。
とっても美味しそうですよね。

大阪王将 南柏店3 (10)

肉の下には 温泉卵が入ってました。
これを ちょっと濃いめのタレとからめて食べるのは 美味しいですよ。

大阪王将 南柏店3 (11)

麺は 太麺でモチモチです。
ただ、まぜそばのボリュームとしては 少なめです。おそらく200gくらい。
まぜそばなので がっつりと食べたい感はありますね。

大阪王将 南柏店3 (12)

ローストビーフは、厚さ1.5mm程度ですが 10枚以上あるので お肉感はあります。
麺は あっという間になくなってしまったけど お肉は いっぱい残ってしまった感じです。

美味しかったのですが そこそこの値段なので 他の料理がコスパがいい分 物足りなさは あったかもしれませんね。

大阪王将(その2)
大阪王将(その1)

住所   千葉県柏市豊四季桑原509-66-2 
電話    047-170-6660
営業時間 11:00~24:00
定休日  無休
駐車場  なし

おくのほそ道(その3)

おくのほそ道3 (1)

松戸の「おくのほそ道」に 久しぶりに来ました。
炭火の美味しいつくば鶏が食べれるお店です。
メニューも だいぶん 増えた感じで 楽しみですね。

おくのほそ道3 (3)
おくのほそ道3 (4)

以前に比べて 鉄板メニューが増えています。
それも ミニサイズもあって 価格もリーズナブルです。
“つくば鶏”は、抗生物質や抗菌性物質を一切使用していな いつくられる鶏です。
非常に 体にもいい鶏でもあります。
それが この価格でも食べるのは 嬉しいですよね。

おくのほそ道3 (8)

中はこんな感じです。
マスターは ビートルズファンなのでしょうね。

おくのほそ道3 (2)
おくのほそ道3 (5)

酎ハイとお通しは クルミの佃煮。
クルミは たっぷりと 結構 頑張っていますよね。

おくのほそ道3 (6)
おくのほそ道3 (7)

ローストポーク。
超柔らくて 脂の質がいいですね。
わさび醤油で 少し サッパリと・・・・

これで 350円は かなりの当たりだと思います。

おくのほそ道3 (9)
おくのほそ道3 (10)

串は もも・レバ・つくね・ねじ皮2本にしました。
ちょっと 焦げ目がありますが 炭火で焼く焼き鳥は 美味しいですね。

おくのほそ道3 (11)

国産豚肉と野菜のじゅうじゅう焼き ミニです。
しっかりとした味付けでお酒が進みます。
野菜がなかったので いい補充になりました。

ご夫婦でやられているのですが とってもアットホームな雰囲気でいいですね。

新しいメニューも 増えたし 今度来るときのメニューが楽しみが増えましたね。

おくのほそ道(その2)
おくのほそ道(その1)

住所   松戸市松戸1291-1 古賀ビル1F
電話   047-363-0943
営業時間 17:00~23:30
定休日
駐車場  なし

そば処 なかむら

なかむら (4)

柏の西口にあるおそば屋「なかむら」に行って来ました。
本格的な 蕎麦や 期待が出来ますよね。

なかむら (1)

ランチ時にはセットメニューがあります。

なかむら (2)
なかむら (3)
なかむら (5)
なかむら (6)

メニューは こちら。
お蕎麦屋さんなので 単品でしたら そこそこの価格はします。
それだけ こだわりがあるということになりますよね。

なかむら (7)

そして そのこだわりがこちら。
ただいまと言える蕎麦屋が コンセプトのようです。

なかむら (10)

中は こんな感じです。
とても スタイリッシュな造りです。

なかむら (8)

まずは セットの小鉢とサラダとツユが来ました。
注文を受けてから作るようなので 少し時間がかかるようです。

なかむら (9)

ひめ天セットの天ぷらは 塩で頂くようで 岩塩が出てきました。

なかむら (11)
なかむら (14)
なかむら (15)

まず ひめ天セットの方には 小せいろに天ぷら・炊き込みご飯が付きます。
天ぷらは  口に入れた瞬間 バリバリと音がするくらい カラッと揚がっています。
炊き込みご飯もあっさりと 天ぷらとよく合います。

私は 蕎麦はよく分からないのですが 確かに 美味しい。
このお蕎麦を食べていると 粋な気分になってきます。

なかむら (13)

こちらは 天丼セット。
天丼は 親子丼に変更可能です。
こちらも 天ぷらが カリッと揚がっているので 美味しいですね。
タレも 甘くなくすっきりしてます。

お蕎麦はひめ天と同じもので のどごしよく 美味しかったです。

夜も つまみが結構ある様なので そちらも楽しみですね。

住所    千葉県柏市明原2-2-13
電話     04-7100-8381
営業時間  11:30~14:00  17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日    水曜日
駐車場    なし

野方ホープ 中目黒店

野方ホープ 中目黒店 (3)
野方ホープ 中目黒店 (1)

中目黒の「野方ホープ」に行って来ました。
横から見ると らーめん屋と思えない おしゃれなお店です。
さすが 中目黒にあるだけあります。

久し振りに 見たので 懐かしくて 思わず入ってしましました。

野方ホープ 中目黒店 (2)

早い時間なら お酒も 安いです。
生ビール 250円は 魅力です。

野方ホープ 中目黒店 (4)
野方ホープ 中目黒店 (5)
野方ホープ 中目黒店 (6)

昔と比べると ずいぶんと増えています。

野方ホープ 中目黒店 (7)

生にんにくを 自分でつぶして入れるのも 今では 懐かしい感じです。

野方ホープ 中目黒店 (8)

無料のおしんこと 紅ショウガもありました。

野方ホープ 中目黒店 (9)
野方ホープ 中目黒店 (10)
今回は のがほ「濃」の方を頼んでみました。
見た目は 昔と比べて洗練された感にになっています。
一口食べると 昔の野方ホープの趣が感じられます。
今は 味の濃いらーめんが 多いですが このライトな豚骨スープも たまにはいいですね。
「濃」の方がマー油や辛みそが乗っている分 味が濃いめになっているようです。

野方ホープ 中目黒店 (11)

美味しく完食です。
昭和63年創業 これからも新しい味を加えながら 従来の味を守りつつ頑張ってほしいですね。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

kou

Author:kou
いいとこみつけたへようこそ!

このサイトは お店側と見て頂いる側とのいい関係を目指しておりますので お店の誹謗中傷的なコメント等があった場合は、勝手に削除させていただくことがあるのでご了承ください。

また、紹介している内容は 訪問当時の内容になります。価格やメニューなど変わっていることもありますので そちらもご了承ください。

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランチ(柏) (229)
ランチ(松戸) (88)
ランチ(その他) (58)
未分類 (0)
らーめん松戸 (255)
らーめん柏 (137)
らーめん東京 (86)
らーめん(その他千葉県内) (18)
居酒屋・BAR(柏) (628)
居酒屋・BAR(松戸) (187)
居酒屋・BAR(その他) (95)
洋食(柏) (14)
洋食(その他) (21)
和食 (131)
中華 (127)
寿司 (27)
焼肉など (50)
エスニック (76)
スイーツ (2)
イベント (130)
おうちdeごはん (5)
日記 (26)
お店 (22)
美味しいお店(東京) (6)
らーめん(その他) (6)
パン (9)
Cafe (8)
昼飲み (4)

Adsense

Adsense2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん