FC2ブログ

いいとこみつけた

柏・松戸を中心に美味しいお得なお店を紹介しています。

ヴィバーチェ(その7)

ヴィバーチェ7 (1)

移転されてから 初めてのヴィバーチェのランチに行ってきました。
東パル通りになって 店舗も広くなりました。
2Fは 10名ほどで 貸し切りに出来るスペースもあります。

ヴィバーチェ7 (2)

1Fはこんな感じです。

ヴィバーチェ7 (3)

平日のランチメニューです。
大盛りにしても 50円しか変わらないのですね。

ヴィバーチェ7 (4)

まずは おすすめのシードルをロックで・・・。
柏祭りの時の モヒートが とても美味しかったのです あれは お祭り専用のことで 通常は 出していないのことでした。

ヴィバーチェ7 (5)

前菜のサラダ。
シンプルながら 美味しい。

ヴィバーチェ7 (6)

天然紅鮭のクリームソース 大盛りです。
生パスタを使用しているので パスタが モチモチです。
あっさり系のクリームソースに天然紅鮭の旨みと塩気が いい塩梅でした。

ヴィバーチェ7 (7)

茄子とベーコンのアラビアータ。
ピリリと辛味のアクセントがいいですね。
とろ~り茄子に 刺激的な辛さ、モチモチのパスタ 食欲が進みますね。

ヴィバーチェ7 (8)
ヴィバーチェ7 (9)

夏野菜と生ハムのバジル風味。
なんと言っても バジルの香りが 物凄いです。
こんな 香りの強い パスタは 初めてかもしれません。
茄子やズッキーニ・ロマネスコなどの夏野菜も美味しかったし、
この個性の強いソースにも負けないくらい生ハムも旨みを主張してしておりました。

ヴィバーチェ7 (10)

最後は 美味しい珈琲で〆ます。

あまり パスタは 食べませんが ここのパスタは 相変わらず 美味しいですね。

是非 美味しいパスタを食べたい方は 行ってみてくださいね。

ヴィバーチェ(その6)
VIVACE(その5)
VIVACE(その4)
VIVACE(その3)
VIVACE(その2)
VIVACE(その1)



住所     千葉県柏市柏3-1-4飯田ビル
電話     04-7157-2331
営業時間 月、水~土曜日 17:00~翌1:00
         日、祝が15:00〜0:00
定休日    火曜日
駐車場    なし
スポンサーサイト



ドメーヌ(戸芽主) (その2)

ドメーヌ2 (1)

松戸のドメーヌ(戸芽主) でランチしてきました。
こだわりの中華料理が食べれるお店です。

ドメーヌ2 (2)
ドメーヌ2 (3)

ランチメニューはこちらです。

ドメーヌ2 (4)

せっかく中華とワインのお店なんで 白ワインを頂きました。

ドメーヌ2 (5)
ドメーヌ2 (12)
ドメーヌ2 (13)

汁なし担々麺の大盛り。
モチモチの麺に 花椒が効いた濃厚なタレとひき肉がたっぷり。
花椒は 足らなかったら 後から追加できます。
ただ 正直 味は かなり濃かったです。
大盛りにすると 1300円を超えてしまう価格もネックかな・・・(ドリンクも付いてません)

ドメーヌ2 (6)
ドメーヌ2 (7)
ドメーヌ2 (8)
ドメーヌ2 (9)
ドメーヌ2 (10)
ドメーヌ2 (11)
ドメーヌ2 (16)

よくばりランチセットの日替わりの揚げ豆腐の五目煮込み。
お肉を使っていいないのが 売りなんでしょうね。
味付けは ご飯が進む感じで とても美味しい。

お粥も 見ためイマイチですが 干海老などの旨みがしっかり効いており 滋味深い仕上げになっています。
この日 スープは スペアリブ・とうもろこし・人参・クコの実とかなり 手の込んだ薬膳スープ。
ただ、スープ自体が 非常にあっさりしているので、知らないと ありがたみも減ってしまいそうですね。
付け合わせの蒸し鶏のネギソースとフグの皮入りのサラダも 彩り豊かで 美味しかったです。

ドメーヌ2 (14)
ドメーヌ2 (15)

こちらは よくばりりセットのエビチリ。
ガーリックが効いて とても美味しいエビチリでした。
こちらは ご飯がおすすめかな・・・
ちなみに お粥とご飯は お代わり可能です。

ドメーヌ2 (17)

ドリンクのマンゴージュースと デザート 杏仁豆腐。
特に 杏仁豆腐は 絶品。 これだけでも 満足感 急上昇してしまいますよ。

見た目も きれいですし、バランスもいい内容ですよね。
ただ、手凝った料理も多いので 価格は少し高めになってしまいます。

女性が ゆったりと おしゃべりをしたいときなどには とても いいお店だと思います。
その場合 ホットティーがおすすめですよ(暑くなければ・・・)

ドメーヌ(戸芽主)(その1)

住所    千葉県松戸市本町23-3
電話     047-393-8480
営業時間  11:30~15:00  17:30~23:00
定休日    火曜日
駐車場    なし

丸一(その32)

丸一32 (6)

たまに行きたくなる「丸一」です。
駅から離れていますが 価格もリーズナブルだし いつ行っても 楽しめます。

丸一32 (7)

この日のおすすめは こちら。

丸一32 (5)

他にも メニューが たくさんありますよ。
メニューの豊富さも 魅力ですよね。

丸一32 (2)
丸一32 (3)

この日のお通しはこちら。
韓国産ズッキーニ(通称かぼちゃ)の炒め物・糸コンと魚卵の炒め物・蒸しつぶ貝でした。
相変わらず お通しも手の込んだものが出てきます。

丸一32 (4)

こちらは お隣の方が食べていた味三昧。
写真だけ 撮らさせていただきました。

丸一32 (8)

新物の秋刀魚三昧。
刺身・握り・わた煮・骨せんべいと 豪勢な 盛り付けです。
このセットを 頼むと もう他は いらなくなってしまいますよね。

丸一32 (1)

この辺で チューハイ。
これが ちょっと甘めで 飽きがこない味です。
ついついお替りしてしまいますね。

丸一32 (9)

最後は トロタク 380円。
端っこの部分がはみ出しているのが いいですよね。

この日は 常連さんたちと かなり 盛り上がりました。

大将も 楽しいですし このお店は 美味しいお酒が飲めるお店ですね。

丸一(その31)
丸一(その30)
丸一(その29)
丸一(その28)
丸一(その27)
丸一(その26)
丸一花見 ’2016
丸一(その24)
丸一(その23)
丸一(その22)
丸一(その21)
丸一(その20)
丸一(その19)
丸一(その18)
丸一(その17)
丸一(その16)
丸一 花見’2014
丸一(その15)
丸一(その14)
丸一(その13)
丸一(その12)
丸一(その11)
花見 ’2012
丸一(その9)
丸一(その8)
丸一(その7)
丸一(その6)
丸一(その5)
丸一(その4)
丸一(その3)
丸一(その2)
丸一(その1)

丸一 花見(その2)
丸一 花見(その1)

住所   柏市明原4-5
電話   04-7144-8802
営業時間 17:00~23:30
定休日  月曜日
駐車場  なし

肉の宴 泰平門

泰平門 (1)

元山にある「肉の宴 泰平門」のランチに行って来ました。
結構 人気のあるお店のようですね。
入るのに 10分ほど待ちました。

肉屋直営の焼肉屋なので 期待感があります。

泰平門 (2)

ランチは 520円からと価格的にも魅力があるようです。
焼肉ランチは ライス・スープは お代わり無料です。

泰平門 (3)
泰平門 (4)

ランチメニューは こちらです。

泰平門 (5)

焼肉は 炭火焼がいいですよね。

泰平門 (7)

中は 焼肉屋らしく 広々とした造りです。

泰平門 (6)

まずは 頂ハイボール。
アルコール度は 思ったより強くない感じです。

泰平門 (8)

USハラミセットのお肉。
700円台のセットなのに お肉は 200gと 食べ応えがあります。
肉質は 思ったより 柔らかく これは おすすめですね。

泰平門 (9)

黒毛和牛カルビのセットのお肉。
悪くはないのですが 黒毛和牛独特の 脂の旨みが 少ない感じです。

泰平門 (10)

追加で食べた 牛タンねぎ塩のハーフ。
こちらは 値段が良かった分 超美味しかったです。

泰平門 (11)

牛タンランチの 味噌味。
680円としたら 肉も柔らかったし 良かったですね。

泰平門 (12)

セットの 内容には ライス・サラダ・キムチ・スープが付きます。
ライス・スープは 食べ放題ですが、逆に サラダ・キムチは控えめです。

泰平門 (13)泰平門 (14)

焼いている絵です。(上黒毛和牛カルビ、下 USハラミ)
肉を焼いている 絵柄は 元気が出てきますね。

泰平門 (15)

最後は、もち豚カルビを塩で1人前追加しました。
脂ものっていて 美味しかったです。

今回食べた中では 安いUSハラミや牛タンランチが 安い割には 特徴があったような気がします。

昼は リーズナブルな焼肉屋 夜は 少し高めの焼肉屋と変わるような感じですね。

住所      千葉県鎌ケ谷市初富21-168
電話      047-441-5929
営業時間   ランチ 11:30~15:00 (L.O.14:00)  ディナー 17:00~22:30 (L.O.22:00)
定休日     不定休
駐車場     あり

光が丘2017サマーナイトガーデンに行って来ました。

無題

光が丘2017サマーナイトガーデンに行って来ました。
入場無料で本格的な生歌を聞けるイベントです。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (13)

スケジュールは この様になっています。
本日もやっていますので 興味のある方は 是非 行ってみてください。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (2)

ちょうど行ったときは ホタバンが歌っていました。
さすが 上手いです。
歌には あまり興味がないでごめんなさい。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (7)

食べ物を買うには 基本チケット制。
でも 残金がなければ 現金で受けてくれるお店もあります。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (1)

三陸産の蒸し牡蠣。
この大きさで 300円。 プリプリで 超美味しかったです。
他にも 焼き串つぶ貝などもありました。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (3)

子供向けのお店もありますので 小さなお子さんを連れて行っても楽しめます。
広い芝生もあるので、気持ちがいいです。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (4)
光が丘サマーナイトガーデン2017 (16)
光が丘サマーナイトガーデン2017 (17)

こちらは FIRE WORKSのお店。
けずり苺(氷の代わりに凍った苺を削ったかき氷)FIRE WORKSらしい 豪快な盛りです。
プラス 100円で 大人バージョン(ラムかけ)に出来ます。
モヒート 300円も超お得。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (5)
光が丘サマーナイトガーデン2017 (15)

こちらは やがちゃんキムチのお店。
唐揚げ大会で 金賞を取ったキムカラ(キムチ唐揚げ)は 美味しいです。
それほど辛くもなく ほんのり甘みもあるのが特徴です。
出来たてだったから 一段と美味しかったです。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (6)

わたがしも 100円です。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (8)
光が丘サマーナイトガーデン2017 (9)

こちらの日本酒も 1合 全て400円。
いいお酒がこのお値段で 飲めるのは 地域のイベントならですよね。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (10)

生ビールも 300円なのがいいですよね。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (11)

こちらは 串郎with 連合軍のお店。
どれも 300円なのに ボリューム満点でした。
やはり プロが作る料理は 美味しいです。

光が丘サマーナイトガーデン2017 (12)
 
こちらは はなみずきのお店。
ガパオライスも美味しそうでしたよ。

ただ 残念なのが 近くにコンビニがあるので そちらで 物を買う方も 多いようです。
せっかく お店を閉めてまで こちらで頑張っていらっしゃる方もおられるので 出来ればこちらのものを買ってほしいですね。
食べ物は 間違いなくおすすめです。

本日もやっていますので 良かったら 興味のある方 行ってみてくださいね。

場所は こちらを参照してください

やまや

やまや (1)

この日は 中目黒で 会社の送別会でした。
お刺身の 美味しいお店のようですよ。
楽しみですね。

やまや (10)

厨房がカウンターで囲まれている造りなんて 腕のある証拠ですよね。

やまや (8)

カウンターの上には ユニークな梅酒が置いてありました。
お酒も こだわりありそうですよね。

やまや (11)

やまやサラダ。
彩りもキレイですね。
野菜は 大事です。

やまや (7)

和牛のたたき。
赤身のお肉は人気あります。

やまや (9)
やまや (5)

さすが お刺身は 美味しかったです。
キハタ・鯛・水たこ・鰹でした。
厚みは 薄めでしたが 魚の質は良かったです。

やまや (12)

ちくわの磯部揚げ 抹茶塩で・・・
なんか ついつい つまみたくなる料理です。

やまや (13)

豚肉のソテー。
これは 間違いなく美味しいですよね。
豚肉ならでは 柔らかさと 豚の旨み良かったです。

やまや (2)

特製ソーセージ。
プリプリでした。
ボリュームもあるし、みんなでつまめるので コースに入っていると嬉しいです。

やまや (4)

炭火焼のホッケの焼きもの。
小さ目でしたが脂が乗って最高でした。
炭火焼は 料理に美味しい魔法をかけることが出来ます。

やまや (3)

エビマヨ。
こちらも プリプリ。
大きめな海老なので嬉しいです。

やまや (14)

〆は 牛しぐれご飯。
甘めの牛肉が ご飯と合いますね。
結構 お腹いっぱいでしたが ちゃんと食べれました。

やまや (6)

デザートは パイナップル盛り。
サッパリと 口直しになります。

それにして 色々出てきましたね。
この内容で 飲み放題で 5000円ですので 満足感は 高そうですね。

住所    東京都目黒区青葉台1-28-11 ブルックスビル 2F・3F
電話    03-3719-8260

翁(その11)

翁11 (1)

久しぶりの 柏 東口の「翁」に行って来ました。
元一流料亭の板前の作る料理は 何を食べて美味しいですし、なにしろ本格的な技術を楽しめるお店です。

翁11 (2)

いつかは 食べたい 翁の早割。
これ食べて はしごをするのも楽しそうですよね。

翁11 (3)

この日のおすすめ。

翁11 (4)

毎度 ここで飲むのは 七田(焼酎)です。

翁11 (5)

この日の お通し。
いつも ここのお通しが 楽しみなんです。
この日は、白身魚の西京焼き?・かんぱちの握り(小さめ)・ほうれん草のお浸しでした。

翁11 (6)

最近は これが いちおしになっているようです。
この日は 2軒目だったので 遠慮しましたが 次回は 絶対頂きます。

翁11 (7)

かんぱちのカマ。
炭で焼く かんぱちは 旨みがぎゅっと詰まって 半端なく 美味しい。
こういうの 食べたら 魚嫌いな方でも 一発で 好きになってしまうやつです。

翁11 (8)

最近食べていなかったので もと いちおしの絹揚げです。
これだけシンプルなものを 看板メニューにしていたのですから やはり 腕ですよね。
ただ、豆腐を揚げただけなのですが、薬味とのバランス、専用のタレ旨みと言い 記憶に残る料理ですね。

料理に品があるのですが とっても アットホームなお店ですので ついつい行きたくなってしまう そんな感じのお店ですよ。 

翁(その10)
翁(その9)
翁(その8)
翁(その7)
翁(その6)
翁(その5)
翁(その4)
翁(その3)
翁(その2)
翁(その1)

住所     柏市柏3丁目1-19 1F
電話     04-7162-5255
営業時間   18:00~翌3:00
定休日    日曜日
駐車場    なし

リウレザン(その3)

リウレザン3 (1)

柏 東口 メガロスのそばににある「リウレザン」に行って来ました。
駅から少し 離れてますが この辺も 少しずつお店が増えてきて 楽しみです。

リウレザン3 (2)

本格的な フレンチのお店ですが リーズナブルで 盛り合わせ的なものもあるので 1人で行っても ゆっくりと楽しめます。
この日も 半分くらいが 1人客でした。

リウレザン3 (3)

このお店のもう一つの特徴としては、日本酒も 取り揃えも いいところです。
量は 少なめですが オール 500円というのは 頼みやすいですよね。

リウレザン3 (4)

まずは 小さな前菜盛り合わせ+グラスビールのセットです。

リウレザン3 (5)
リウレザン3 (6)

小さな 盛り合わせと言っても 豚のリエット・コリンキーのマリネ・ラタトゥイユ・レバペースト・鯛のスモークと さすがの優れものばかりです。(もしかしたら 上は お通しだったのかもしれません)

リウレザン3 (7)

この辺で お酒をサングリアにチェンジ。
サングリアはお店によって味が全然違いますが ここのサングリアは、他と ひと味違って 美味しい。
一口飲めば 造り手の気持ち込め方が すぐ分かりますよ。

リウレザン3 (8)

最後の締めは あの有名な奈津子のカレー。
この日は 夏野菜のカレーでした。
スパイシーながら コクと旨みもたっぷり とても 美味しいカレーです。

写真を 撮り忘れましたが 日本酒のかき氷も ほんのりと甘くて美味しかったです。
使う日本酒によって 味も結構変わるようですよ。

お一人でやっていることも多いので 混んでいると 料理が出てくるまでに時間がかかる時があります。

出来れば 時間の余裕がある時に 行くのがおすすめです。

雰囲気もいいですし 料理も美味しい。

駅から 少し離れていますが 是非 行ってもらいたいお店ですね。

リウレザン(その2)
リウレザン(その1)

住所    柏市柏6-7-8 オーキスビル1F
電話    04-7170-0526
営業時間 11:30~14:30 18:00~22:30
定休日  日・祝(定休日の翌日のランチはお休み)
駐車場  なし

富田食堂(その14)

富田食堂14 (1)

松戸の富田食堂に行って来ました。
この日も お昼時に行って 少し並びましたが 5分くらいで入れました。
たいして 並ばないで このレベルのらーめんが食べれるのは ありがたいですね。

富田食堂14 (2)

メニューはこちら。
以前の富田食堂に比べると 種類も増えましたよね。

富田食堂14 (3)

濃厚つけ麺。
このつけ麺は 間違くなく超美味しい。
自分の中では つけ麺としては トップクラスだと思います。

富田食堂14 (5)
富田食堂14 (8)

半熟味玉そば。
初めて 食べましたが 思ったより 動物系の強いスープですね。
細麺ながら しっかりとした歯ごたえのある麺は のどごしの良さは さすがですね。

いかにも 中華蕎麦の名に ふさわしく 深みもあり 中華蕎麦らしいスッキリさもあります。

富田食堂14 (6)

気になっていたチャーハン。
醤油ベースでしょうか?それでいて パラパラながら あっさりとしてます。
ただ、パラパラ度は凄いですね。
これほど パラパラのチャーハンは 食べたことがないです。

富田食堂14 (4)

ザチャーシューご飯。
ピリ辛で刻んだチャーシューが旨いです。
見た目は シンプルですが 満足度はありますね。

富田食堂14 (7)
富田食堂14 (9)

最後は 心の味餃子で締めです。
通常の2倍くらいのボリュームながら 味は 一流。
空いていたら この餃子とビールで一杯もいいと思いますよ。

最初の頃は オペレーションに難がありましたが もう ほぼ改善ですね。

最近 寂しい松戸ですが 今後 盛り上げてほしいですね。


富田食堂(その13)
富田食堂(その12)
富田食堂(その11)
富田食堂(その10)
富田食堂(その9)
富田食堂(その8)
富田食堂(その7)
富田食堂(その6)
富田食堂(その5)
富田食堂(その4)
富田食堂(その3)
富田食堂(その2)
富田食堂(その1)

住所     千葉県松戸市松戸1239-1
電話    047-312-3120
営業時間 10:00~24:30
定休日   無休
駐車場   なし

FIRE WORKS(その19)

fire works19 (1)

久しぶりに南柏の「FIRE WORKS」に行って来ました。
事前に予約を入れての訪問です。
早めの時間に行ったのですが 土日は いっぱいになることが多いようです。

fire works19 (2)

平日には お得なセットもあります。
久し振りに ディナーセットも食べたくなりました。

fire works19 (3)

最近は ドリンクも かなり充実しています。
他にも たくさん 壁に貼ってあるで よくチェックしてみてください。

fire works19 (4)

こちらが 定番のメニュー。
この他に その日のおすすめのメニューもあります。

fire works19 (5)
fire works19 (6)

まずは、ドリンク。
ここに来たら フルーツカクテルを頼みたいですよね。
グラスが 大きいので 1杯頼むと結構 持ちます。(通常の1.5~2倍くらい)
中のフルーツも 凍っているので 冷たさが持続しますよ。

fire works19 (7)

アボカドとズワイ蟹と海老のサラダ。
ハーフで頼んだのですが すでに 大盛り以上のボリュームです。

fire works19 (8)
fire works19 (9)
fire works19 (10)

ココナッツ・モチコチキン。
ココナッツの特有の香りのする唐揚げです。
チリソースとマヨネーズ系のソースをたっぷりと付けて食べてくださいね。
正直 ソースが たっぷりとあるので 残すのはもったいないです。

ちなみに 1つは 女性の拳くらいの大きさくらいあります。(半分に切ってあるので食べやすくなっています)

fire works19 (11)
fire works19 (12)
fire works19 (13)
fire works19 (14)

今回メインに選んだのは ローストビーフ・ローストポークの盛り合わせ。
このボリュームで 1200円くらいです。
なんと言っても ここの料理には どれも付け合わせに野菜がいっぱい付いてくるので嬉しいです。
ローストポークは 炙ってあって 香りも良かったですよ。
レモン旨みダレ・ポン酢・岩塩or わさびをつけて頂きます。

fire works19 (15)

こちらは、グリーンアイズ。メロン系のカクテルです。

fire works19 (16)
fire works19 (17)
fire works19 (18)

最後のデザートは、本日のフルーツのチュロス。
25cmくらいのお皿にこの盛りで 650円ですから お得感も凄いですよね。

揚げたてのチュロスに アイス・生クリーム フルーツがてんこ盛りです。

もう脂肪増加剤みたいなものですが 美味しいからやめられませんですよね。

他にも 食べたいものたくさんありましたが もう お腹が ギブアップです。

相変わらず このお店は 凄いですね。

FIRE WORKS(その18)
FIRE WORKS(その17)
FIRE WORKS(その16)
FIRE WORKS(その15)
FIRE WORKS(その14)
FIRE WORKS(その13)
FIRE WORKS(その12)
FIRE WORKS(その11)
FIRE WORKS(その10)
FIRE WORKS(その9)
FIRE WORKS(その8)
FIRE WORKS(その7)
FIRE WORKS(その6)
FIRE WORKS(その5)
FIRE WORKS(その4)
FIRE WORKS(その3)
FIRE WORKS(その2)
FIRE WORKS(その1)

住所    柏市今谷上町37-2
電話    0471-72-6835
営業時間  18:00~
定休日   月曜日
駐車場   なし



居酒屋 はじめ

はじめ (1)

柏 西口 駅から離れたところにある「居酒屋 はじめ」です。
アットホームで とても居心地のいい雰囲気のお店です。
それでいて 料理も お手頃で 旨いものが出てきます。

はじめ (3)

この日のおすすめです。

はじめ (4)
はじめ (5)

定番メニューも この他に 色々とあります。

はじめ (2)

お通しは 茄子の煮びたし。
味が滲みていて美味しかったです。

はじめ (6)

最初のドリンクは ガリガリ君サワー。
夏の風物詩的な 飲物ですよね。

はじめ (7)
はじめ (8)
はじめ (9)

お刺身 3点盛り。 これで 800円は 嬉しいですよね。水たこは 今回 サービスして頂きました。
今回は 鰹 ホウボウ 水たこ 鮪の内容でした。
鮮度が いいので 美味しいですね。

はじめ (10)
はじめ (11)

1番人気の はじめのもつ煮です。
もつが 分厚いんだけど 超柔らかいです。
さすが 1番人気にあるだけ 美味しかったです。

はじめ (12)

今度は 佐藤の麦です。
久しぶりですが 程よい麦の香りが いいですね。

はじめ (13)
はじめ (14)

気になっていた 八角の一夜干し。
こういう形だったのですね。
一夜干しにしている為か かなり脂が乗っていて 美味しかったです。

お店の方も いい方ですし とても いい雰囲気のお店ですね。

駅から 離れていますが 行ってみる価値はあると思います。

住所    柏市明原1-11-9
電話    04-7199-9936
営業時間 17:00~
定休日   日曜日
駐車場   なし

横浜道 北千住東口店

横浜道 (1)

北千住東口に新しく出来た 「横浜道」に行って来ました。
帰って 調べて 分かったのですが、壱角家系列の 新しいブランドの様でした。
こちらも 横浜家系のラーメン店です。

でも 思うのですが、家系らーめんって 近くに 家系にらーめん屋があることが多いですよね。
こちらも 少し駅より 武蔵家があります。

横浜道 (2)
横浜道 (7)

メニューは こちら。
ラーメンは 690円~。
油そばもメニューにあります。

横浜道 (3)

毎月1日は らーめんが 500円になります。
これで ご飯が食べ放題なら 超お得ですよね。

横浜道 (4)

学生の街なので 学生向けのサービスも 忘れていません。
今後は 新メニューも出るようです。

横浜道 (5)

1番の魅力は オールタイム ライス食べ放題です。
お腹いっぱいになるまで食べれるのは 嬉しいですよね。
ただし 残さないように お替わりしてくださいね。

横浜道 (6)

食券器は 最新式。
簡単に 好みの味を頼めます。
これなら 間違いも少ないですしね。

横浜道 (9)

+250円で ご飯をグレードアップできます。
ただ、ライス食べ放題の家系のラーメン屋としたら もったいないメニューかな・・・

横浜道 (8)

カウンターには 刻み玉ねぎと刻み生姜がありました。
これは 嬉しい無料トッピングです。

横浜道 (10)

その他にも 定番の調味料も 置いてあります。

横浜道 (11)

まずは ライスの到着です。
お替りが出来るので ちょうどいいくらいの量かな・・・

横浜道 (12)
横浜道 (13)
横浜道 (14)

ラーメン 麺固め スープ濃いめ 脂普通でお願いしました。
スープ濃いめしたせいか スープは かなり 王道家チック。
これは ご飯 いっぱい食べてしまう味です。

いかにも 家系らしくていいですね。

横浜道 (15)

途中から 玉ねぎと生姜を投入。
やっぱり 合いますね。
玉ねぎは スープの熱で 徐々に甘みが増していきます。 ただこの後 スープが冷めるので注意。
コッテリしたスープと サッパリとした 刻み生姜 両極端ながら バランスが良くなっていきます。

ライスも食べ放題だし 家系らしさも良く出てますし いい感じかな。

家系 らーめんが食べたくなった時 来たくなる 選択肢の中に入ると思います。

住所     東京都足立区千住旭町40-24
電話     03-5284-1700
営業時間  11:00~23:00
定休日    
駐車場    なし

割烹 BAR まつり(その2)

まつり2 (1)

前回良かった「割烹 BAR まつり」にまた来てみました。
このお店 引き出しが色々とあって 楽しいですね。
今回は 2軒目なので 軽めの内容です。

まつり2 (5)

この日 おすすめ。
お値段も 超お手頃。
魚は 漁師から直接仕入れているので、 鮮度は 半端なくいいです。

まつり2 (2)

まずは 十四代。
相変わらず 旨いです。

まつり2 (3)

ただのチェイサー(水)ですが、 グラスが 超オシャレ。
グラスが いいとただのお水も 美味しく感じてしまいます。

まつり2 (4)

つぶ貝と舞茸とバター炒め。
群馬産の 特別な 舞茸らしく 香りが濃厚、 こんな濃厚な舞茸は 初めてです。
つぶ貝も 旨いのですが 堂々と主役を張れるレベルの美味しさですね。

まつり2 (6)

北の錦 純米吟醸 生酒 銀ラベル 。
北海道の蔵とは ちょっと珍しいですね。
道産米彗星を使用しており、甘みもありながら ドライさもあり それでいて ちょっと奥に何か隠されてい様な感じ。
癖もそれほどないのですが 日本酒としては 違風な感じ、面白いので 見つけたら 飲んでみてください。

まつり2 (7)

2017 Sasanami 夏 純米酒。
夏らしく スイカの香りがする すっきりとした味わい。
さわやかに 夏気分を 味わえる日本酒です。

まつり2 (8)

〆には 小豆島の生のそうめんを頂きました。
半生の麺を使用しているので 麺のこしが違います。

まつり2 (9)

まずは 普通の醤油ベースのつけだれで・・・
出汁の効いたタレに みょうがやカイワレなどの香菜がたっぷり 風味がいいですね。
なんと言っても 麺ののどごしが最高、これなら どんどんと お腹に入ってしまいそうです。
タレも それほど 濃くないのでそのまま飲んでも 香菜のでさわやかな香りで美味しく頂けます。

まつり2 (10)

こちらは 試験的に頂いた もつ煮ダレ。
このお店の 白味噌ベースのもつ煮なのですが これが また良く合う。
自分 濃いめの味が好きなので 堪らなく美味しいですね。
こちらが 食べたい方は お店の方に相談してみてくださいね。通常は 付いていません。

今回も なんだかんだ 長居してしまいました。

いいお店なので 興味のある方は 是非 足を運んでみたら いかがでしょうか?

割烹BAR まつり(その1)

住所    柏市旭町1ー7ー16
電話    04ー7145ー1772
営業時間 18:00~24:00
定休日   日曜、祭日
駐車場   なし

ブロンコビリー(その3)

ブロンコビリーー3 (1)

柏青葉台の「ブロンコビリー」に行って来ました。
たらふく食べたいなら このお店は間違いないです。
この日も この後 お腹いっぱいで 苦しくて大変でした。

今回は 夜の訪問です。

ブロンコビリーー3 (2)

塩や 胡椒も こだわっていますよね。
上手く お肉に合わせてくださいね。

ブロンコビリーー3 (3)
ブロンコビリーー3 (4)
ブロンコビリーー3 (5)
ブロンコビリーー3 (6)
ブロンコビリーー3 (7)
ブロンコビリーー3 (8)

なんと言っても このサラダーは凄いです。
サラダだけはなく フルーツやティラミス、この日は 生八つ橋 えびせん?までありました。
内容 季節ごとに 変わるようすが 時間によっても タイムサービスのようなものもあるようです。

ブロンコビリーー3 (9)

とりあえず 一皿め。
正直 これだけ食べても 十分 満足できる ボリュームです。

ブロンコビリーー3 (10)

大人のハイカラセット 540円。
ハイボールと 唐揚げのセットになります。
唐揚げは 大きくて なかなかいけます。

ただ 他に つまみになるようなメニューはなくなってしまったのは残念ですね。

ブロンコビリーー3 (11)

セットのコーンスープ。 ピンボケですいません。
あっさりと 料理を邪魔しない味付けです。

ブロンコビリーー3 (12)

(ローストサーロインステーキ150g + がんこハンバーグ190g)のセットメニュー。
夜ですと サラダバーとスープ・ご飯が付いて 2700円弱なので やはり そこそこの価格になってしまいますね。
がんこハンバーグはかなり 旨いと思います。

ブロンコビリーー3 (13)

魚沼産のご飯 大盛り。
大盛りですが それほど多くは 感じられません。
その分 サラダたくさん食べてくださいね。

ブロンコビリーー3 (14)

ご飯を パンに変えた場合は こちらです。

ブロンコビリーー3 (15)

デザートも 色々と食べたのですが、 やはり このコーヒーゼリーが 1番 旨いです。

まずは ランチは 16:00までやっているので がんこハンバーグのサラダバー付きが 1200円くらいで食べてしまうので そちらがおすすめです。

味もいいですし お腹も 超いっぱいになりますので 嬉しいお店ですよね。

ブロンコビリー(その2)
ブロンコビリー(その1)

住所     千葉県柏市南増尾7-1-24
電話     04-7176-2908
営業時間  11:00~24:00 ランチ/11:00~16:00
定休日    無休
駐車場    あり

Cuffy(その2)

cuffy2 (1)

前回ランチを食べに行って 良かったので 今度は 夜に来てみました。
昼は カレーのお店ですが 夜は 万能ですよ。

cuffy2 (2)

まずは 提携の駐車場があります。
夜も カレーはやっているので 上手く使えることもあるかもしれないです。

cuffy2 (5)

中は こんな感じです。
お昼より明るいのですね。写真を撮る関係上 ちょっと安心しました。

cuffy2 (3)

この日のおすすめビール。
基本 生樽のビールは 4本あるようです。

cuffy2 (4)

今回は日本物語りエール。
ほのかな 梅の香りと酸味が特徴です。

cuffy2 (6)

パクチーサラダ。
夏らしい パクチーの香りが ガンガンと押し寄せるサラダです。
これは パクチー好きには たまりません。
いちじくのドレシイングを使用しているので ほんのり甘めです。

cuffy2 (7)

トルティーヤのピザ。
味は 味噌ミートの方にしました。
薄い カリッとした生地に 味噌のコクとチーズのまろやかさが いい塩梅に重なり合っています。

cuffy2 (8)

志賀高原IPA。
大量のホップを投入することによって、苦味を高めているのが大きな特徴。
一気にグイッと飲むものではありません。
食事をしながら チョビチョビと飲むのに適してます。

cuffy2 (9)

金曜・土曜の22:00~は バータイムになります。
料理は 減ってしまいますが、 お酒は 堪能できそうですね。

このお店 飲んでも良し 食べても良し コーヒーもあるのでくつろいでも良しです。
使い方 訪れた方の好みに合わせて様々です。

また、珈琲のテイクアウトされる方も 結構多いようですよ。

駅から 離れたお店ですが こういうお店 知っておいても 損はないと思います。

Cuffy(その1)

住所    千葉県柏市東1-2-7
電話    050-1030-4214
営業時間 ランチタイム水曜日~日曜日 11:30〜15:00 
       ディナータイム 18:30〜23:00(LO22:00)
       バータイム 金曜日、土曜日の22:00〜3:00
定休日  月曜日
駐車場  あり

つくし

つくし (1)

稔台にある「つくし」に行って来ました。
駅から離れた 住宅街にある 立ち飲みの焼き鳥屋です。
こういうお店 意外に 地域の貢献してます。
同じ地域に住む方が 軽く飲めるお店は 色々と話が盛り上がりますよね。

つくし (2)

焼き鳥は1本 100円~とリーズナブルです。
立ち飲みは やはりこうでないと・・・

つくし (3)

飲み物は こんな感じです。
おそらく ホッピーが お得感がありそうです。

つくし (4)

と言っても チューハイ を頼みました。
2杯以上 飲む方には ホッピーがおすすめです。 ナカ多かったです。

つくし (5)

カウンターは 立ち飲みですが 奥には 座敷もありました。
家族連れでも 結構楽しめそうです。

つくし (6)

お通しの 鶏サラダ。
普通に美味しかったです。

つくし (7)


かしら と レバ。
レバは かなりの若焼きです。
100円の焼き鳥としたらなかなかです。

つくし (8)

玉ねぎ 甘くて美味しかった。

つくし (9)

焼き鳥と とうもろこし。
とうもろこしはこの日の限定メニュー。

つくし (10)

つくねと 特製かわ。
特に 特製かわは 柔らかくてジューシー、タレも良く合っていました。
このかわなら 3本くらいぺろりと行っちゃいそうです。

気軽に 焼き鳥をつまんで 飲めるのは いいですね。

常連さんたちのコミュニケーションも 楽しかったですよ。

住所     千葉県松戸市稔台1-14-20
電話      047-368-1550
営業時間   16:30~23.:00
定休日     火曜日
駐車場     なし

そい屋(その16)

そい屋16 (1)

松戸の「そい屋」に来てみました。
久しぶりに あれが食べたくなって やってきました。

そい屋16 (2)

メニューは こちら。
最近は 落ち着いています。
また、あの 地方シリーズも やって欲しいですね。

そい屋16 (3)

食べたかったのは こちらのびっくりチャーシュー味噌らーめん。
こちらから見ると 一面お肉覆われて 麺が見えません。

そい屋16 (4)

横からだとこんな感じです。
以前 テレビで ピラミッドらーめんとかで放映してましたよね。

そい屋16 (5)

チャシューの下は この様になっています。
もやしもたっぷりで ボリュームもあります。
甘めの味噌スープで 味噌の香りは それほどではありませんが、好きな 味噌スープですね。

そい屋16 (6)
そい屋16 (7)

このでっかい チャーシューにかぶりつくのが またいいんです。
麺は 中太麺で 味噌スープと合っており バランスもいいですね。

久しぶりのびっくりチャーシュー味噌らーめん、食べ応えがあります。

チャシュー党の みなさん 是非 1度食してはいかがでしょうか?

そい屋(その15)【限定】勝浦タンタン麺
そい屋(その14)【限定】もつ煮込み味噌らーめん
そい屋(その13)【限定】沖縄 ちゅら味噌らーめん
そい屋(その12)【限定】徳島ラーメン
そい屋(その11)【限定】広島風味噌つけ麺
そい屋(その10)【限定】鴨南蛮味噌らーめん
そい屋(その9)びっくり味噌チャーシュー麺 
そい屋(その8)担々麺の鬼辛
そい屋(その7)蔵出しハーフ味噌らーめんとチャーシュー丼
そい屋(その6)びっくりチャーシュー味噌らーめん
そい屋(その5)蔵出し辛ネギ味噌らーめん・蔵出し担々麺の鬼辛
そい屋(その4)蔵出し味噌担々麺 中辛
そい屋(その3)味噌担々麺 鬼辛
そい屋(その2)蔵だしかぶりつき味噌チャーシューめん
そい屋(その1)蔵出し味噌らーめん

住所   松戸市松戸1150
電話   047-369-3110
営業時間 11:00~24:00
定休日  不定休
駐車場  なし

びっくり餃子 北松戸店(その3)

びっくり餃子 北松戸店3 (1)

北松戸の「びっくり餃子」に行って来ました。
北小金のお店が餃子バーになったので、ガツガツと餃子とご飯が食べれるのは こちらだけになります。
お店の方も チェンジしたみたいですね。

びっくり餃子 北松戸店3 (2)

このランチメニューも 魅力あります。
なんと言っても こちらの餃子は 本当に 美味しいです。

びっくり餃子 北松戸店3 (3)
 
餃子の種類も 以前と比べて 少し変わっています。
1本 100円~ですが、ここの餃子は 通常の2,3倍あるので 5本も食べたら かなり お腹いっぱいになります。
前回来た時は 餃子は 5本単位でしたが、聞くの忘れました。

びっくり餃子 北松戸店3 (4)

こちらが 餃子のこだわり。

びっくり餃子 北松戸店3 (5)

サイドメニューは 種類は 多くありませんが、 オール350円とリーズナブルです。

びっくり餃子 北松戸店3 (6)

夜でも 定食が出来ました。
これは ありがたいです。
ご飯も 食べたいですからね。

びっくり餃子 北松戸店3 (7)

お通しは 枝豆とちくわのポテサラ入り磯部揚げでした。

びっくり餃子 北松戸店3 (8)

もやしとニラのおひたし。
ちょっとイメージが違いましたが、よく売っている辛いもやしにニラを混ぜた感じです。

びっくり餃子 北松戸店3 (9)

専用のぎょうざのタレ。
普通のぎょうざのタレと違って たっぷり付けても美味しく頂けます。
このタレをつけることによって 餃子が ぐっと美味しくなります。

びっくり餃子 北松戸店3 (10)
びっくり餃子 北松戸店3 (11)

今回は 納豆以外すべて頼みました。
とても 大きい餃子なので はさみで切ってもらうと食べ易くなります。(上の写真は切ってもらう前に撮りました)
専用の鍋で焼くので 焼き面はカリッと焼きあがっており とても美味しい。

びっくり餃子 北松戸店3 (12)

こちらが 激辛 唐辛子餃子。
これ 結構 ヤバイです。辛いのに自信のある方のみ頼んでくださいね。

にんにくは にんにくの塊が ゴロゴロと 入ってます。
スタミナつけたいときには いいと思います。

びっくり餃子 北松戸店3 (13)

定食の スープと付け合わせ。
肝心な ご飯の写真は 撮り忘れましたが 普通盛りでした。

びっくり餃子 北松戸店3 (14)

こちらが 明太子餃子。
たっぷりと 明太子が 入っているのでお得感があります。
激辛の後に 食べたので 辛さは 全然分かりませんでした。

パクチーも インパクト出してましたが、紫蘇が さっぱり感もあって バランスがいいです。

たらふく食べたい方は びっくり餃子たくさん頼んでくださいね。

びっくり餃子 北松戸店3 (15)

最後の締めが なぜが 玉子焼き。
350円としては かなりいいです。

料理の種類は減ってしまいましたが、 たらふく 旨い餃子が食べれるのは 幸せになりますよね。

びっくり餃子 北松戸店(その2)
びっくり餃子 北松戸店(その1)

住所      松戸市北松戸1-1-4
電話      047-702-3553
営業時間   11:00~15:00 17:00~23:30
定休日     火曜定休
駐車場     なし

富田食堂(その13)

富田食堂13 (1)

移転した 富田食堂に土曜日の2時ごろに行ってみました。
お昼時を 外しているので かなり空いてます。たぶん 席も半分も 埋まっていないくらいです。

富田食堂13 (2)

前回は ×で買えなくなっていましたが、今回は つけそばのところに紙が貼られていました。
後は 変わらずです。

富田食堂13 (5)
富田食堂13 (4)

富田食堂のこだわり。
これを見ていると 今のらーめんのレベルの高さがよく分かります。
食材も どれも こだわったものばかりです。

富田食堂13 (3)

サイドメニューは こちら。
持ち帰りも出来るようです。

富田食堂13 (6)

前回も 食べて 美味しかった チャーシュー煮干しそば。
以前の オペの 悪さも改善されたようで 10分せずに出てきました。

富田食堂13 (7)
富田食堂13 (12)

こころの味餃子。
通常の2倍ほどの大きさです。
中身の具は ちょっと緩い感じはありますが 味はいいです。
焦げているにも気にもなるですが、この美味しさなら サイドメニューとしてつけたくなりますね。

富田食堂13 (8)
富田食堂13 (9)
富田食堂13 (10)
富田食堂13 (11)

そして 今回の目的の 濃厚チャシューつけ麺。
ある程度 美味しさをイメージしてましたが それを上回る美味しさ、以前の富田食堂の濃厚つけ麺より 美味しくなったような気がします。

本店の方は 久しく行っていないので 比較はできませんが こちらも 相当美味しい。

富田食堂13 (13)

最後に スープ割をいたしました。
煮干しが効いており 薄目にした方が あっさりと美味しく頂けます。


これが 並ばないで食べれるのですから このお店が出来た 存在価値は相当高いです。

最近 さびれた感のある 松戸ですが 一つの 希望になってほしいですね。

富田食堂(その12)
富田食堂(その11)
富田食堂(その10)
富田食堂(その9)
富田食堂(その8)
富田食堂(その7)
富田食堂(その6)
富田食堂(その5)
富田食堂(その4)
富田食堂(その3)
富田食堂(その2)
富田食堂(その1)

住所     千葉県松戸市松戸1239-1
電話    047-312-3120
営業時間 10:00~24:30
定休日   無休
駐車場   なし

焼き鳥 たけちゃん

たけちゃん (10)

柏の南増尾(青葉台)にある「たけちゃん」に行って来ました。
焼酎と日本酒の取り揃えがあるお店です。

たけちゃん (2)

この日のおすすめメニュー。
結構 リーズナブルだし、焼き鳥も かなり美味しいです。

たけちゃん (4)

中は こんな感じです。
お酒のラベルが貼ってあるお店は お酒にも力入れてますよね。

たけちゃん (3)

お通しは ジャガイモとソーセージの煮っころがし。
家庭的な お通しも いいもんです。

たけちゃん (1)

1杯目は 大好きな七田。
それも 大き目なコップで 並々と注いでくれるのは 嬉しいです。

たけちゃん (5)
たけちゃん (6)

焼き鳥 5本盛り合わせ 700円。
焼き鳥は 1本 150円くらい~。
皮・もつ・鶏レバ・せせり・ぼんしりかな・・・
焼き方 いいですね。
予想以上に 美味しかった。

たけちゃん (8)

お次は 八千代伝 熟柿。
どっしりとした感触に 完熟の柿のような甘み まさに 熟柿の名の通りの焼酎です。

たけちゃん (7)

箸休めに きゅうりの梅肉和え。
それほど すっぱくもありませんが、梅のパワーぐっと押してきて パワフルな感じで美味しいです。

たけちゃん (9)

奄美黒糖焼酎 長雲の一番橋。
黒糖焼酎らしい 強い甘みとちょっと癖があるとこが また引き寄せますね。
軽い 焼酎に飽きた方など たまには いいかもしれないです。

今回は 2軒目だったので 軽めだったのですが 次回は もう少し ゆっくりと色々と味わってみたいお店です。

住所    柏市青葉台2-3-13
電話    04-7197-6762
営業時間 18:00~24:00
定休日  月曜日 第2火曜日
駐車場  あり

酒森

酒森 (1)

松戸で気になるお店を見つけたので入ってみました。
試飲会場 酒森 面白いネーミングです。

場所は あんぽんたんの2階です。

酒森 (3)

食べ物のメニューは こちらです。
どこかと似ていると思ったら どうも 般若湯の2号店らしいです。
こちらは 食べるより 日本酒を多く飲んでもらって 楽しんでもらう様に作ったお店らしいです。

酒森 (13)

見えないと思いますが テイスト別に 日本酒の種類が書かれてています。
分からなかったら お店の方に相談すれば、色々と紹介してくれますよ。

酒森 (11)

中は こんな感じです。
外から見た感じより モダンな造りになっています。

酒森 (9)

カウンターの正面の冷蔵庫には、日本酒のビンが並んでいます。
気にいった ラベルで選ぶも面白いですね。

主に 純米酒をメインとしてますが、プレミアムな 日本酒も置いてあります。

酒森 (5)

特徴としては 3勺(54ml)から 頼める点です。
色々な 日本酒を味わってみたい方には、 試飲感覚で お手頃に飲むことが出来ます。
しっかり と味わいたい方は、量を増やすことも出来ますしね。

酒森 (4)

この日のお通しは モズク酢でした。
酸味も控えめで あっさりと美味しかったです。

酒森 (2)

最初の1杯は お店の方おすすめの 男山 純米大吟醸 3勺です。
淡麗でありながら上品で深みのある味わいで バランスがいいですね。
最初から いい日本酒が出てきました。

酒森 (7)
酒森 (6)

日本酒のアテには チーズの味噌漬けと鰺のなめろうを頼んでみました。
般若湯もそうですが ここのアテは どれも 美味しい。
量は ないのですが、チョビチョビ飲むには 本当に良く合うものが多いです。

酒森 (8)
 
2杯目は 花陽浴(はなあび)純米大吟醸 さけ武蔵 直汲み にしました。
この日 1番高い日本酒でしたが 3勺 480円ですので 結構 安心して飲めます。

華やかで芳醇な甘旨味があり、口当たりの良さ もう さすがと言う他がないです。

酒森 (10)

今度は、個性的なものを頼んだら「花巴 水酛」が出てきました。
独特なヨーグルトの様な香りと酸味があり かなりの個性的な日本酒です。
濃厚で 濃い味なので チーズとの相性もいいですね。
ただ、個性が 強いの好き嫌いがはっきり分かれるかもしれませんね。

酒森 (12)

最後は 涼やかラベルの「たかちよ 雄町 おりがらみ生酒  タータンチェック青ラベル」。
雄町を更にカスタムし、色々な技法を使って醸しました、チャレンジタンク的な位置づけの日本酒です。
フルーツポンチみたいな味わいが特徴。
開けるときには 注意が必要なくらい 発酵しており おりがらみならでは甘みの特徴がある日本酒です。

さすが 日本酒を60種類ほど 取り揃えているだけあって 個性的な日本酒がたくさんありますね。

今年 4月にオープンしたばかりですが、日本酒好きな方 1度 顔を出してみてはいかがでしょうか?

住所     千葉県松戸市根本12-9 丸商第2ビル 201
電話     050-5593-7955
営業時間  18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日    水曜日
駐車場    なし

ボンベイ 西口店(その3)

ボンベイ 西口店3 (1)

柏の「ボンベイ 西口店」に行って来ました。
本店の方は たまに行くのですが 西口は久しぶりです。
新しいカレーがあることなので来てみました。

ボンベイ 西口店3 (2)
ボンベイ 西口店3 (3)

メニューはこちら。
前回より メニューは増えています。
店員さんが、外国の方多いようです。

ボンベイ 西口店3 (4) - コピー

頼んだのは Aターリー 1000円です。
お好きなカレーが2点が選べて ライス・チャパティ・タンドリティッカ・モモ・サラダ2点・茄子の炒めたもの・シメジを炒めたもので計9点盛りと豪勢なセットです。
カレーは、 カシミールとボンベイににしました。
これだけ色々とついて 1000円とは 嬉しい限りですよね。

ボンベイ 西口店3 (5) - コピー
ボンベイ 西口店3 (6) - コピー
ボンベイ 西口店3 (7)
ボンベイ 西口店3 (9)
ボンベイ 西口店3 (10)

野菜も多く お肉も食べれてバランスがいいです。
辛いカレーを頼んだので 発汗作用もあり、体にもいいです。

ボンベイ 西口店3 (11)

色んな具材をそのまま食べても美味しいのですが、カレーとまぜて食べるのも 複雑さが出てきて 美味しさが増しますよ。

ボンベイ 西口店3 (12)

最後に いつものコーヒーで クールダウン。
カシミールはかなり辛いので この時のチョコレートは 本当に 嬉しい。

ボンベイのカレーは どれも 美味しいですが このセットは 別格ですよね。

ボンベイ 西口店(その2)
ボンベイ 西口店(その1)

住所    千葉県柏市旭町1ー7ー17中山ビル
電話    04-7145-2797
営業時間  11:50〜15:00
       18:00〜23:00
定休日   木曜日
駐車場   なし

いぶし銀(その2)

いぶし銀2 (1)

松戸に新しく出来た 担々麺専門店の「いぶし銀」に行って来ました。
前回食べた 担々麺が 結構良かったので 今回は もう1つの方 食べに来ました。

オープン時に比べて 看板青く光ってが おしゃれになってます。

いぶし銀2 (2)

メニューはこちら。
担々麺・汁なし担々麺の2種類ですが、凝ったものを出してますよ。

いぶし銀2 (3)

辛さとシビレは 選択することが出来ます。
共に4以上になると 追加料金が発生いたします。
ただ、 汁なし担々麵は辛さ・痺れ 共に 3までしかないようです。

いぶし銀2 (4)

早速 汁なし担々麺の辛さ3 シビレ3です。
思ったより 汁たっぷり、具も 多めです。
ナッツがいっぱい入っているのは 嬉しいです。
正統派の汁なし担々麺ですね。

いぶし銀2 (5)

まぜるとこんな感じです。
ちぢれ平麵は 辛いタレとの相性は 抜群です。
ただ 辛さは そこそこ辛いのですが シビレはもう少しあっても いいかも・・・
タレ自体は 旨みもあるので 美味しく頂けると思います。

いぶし銀2 (6)

1口食べて 半ライスを追加しました。
半ライス 50円は 魅力あります。

汁なしですが 替え玉は頼めませんが 結構 ボリュームあるようです。

いぶし銀2 (7)いぶし銀2 (8)

麺を完食して 半ライスを入れると こんな感じになります。
ヤバ 旨いです。
半ライスですが この様に食べると ボリュームもありますね。

正統派の汁なし担々麺なので 特に 個性的なものでは ありませんが、美味しい汁なし担々麺でしたよ。

出来て 間もないお店ですが 今後が楽しみでですね。

いぶし銀(その1)

住所     千葉県松戸市本町18-3
電話     047-366-1010
営業時間  11:00~23:00(22:45L.O.)
定休日
駐車場    なし

Bar BEG

BEG (1)

光が丘 団地に新しく出来た「Bar BEG」に来てみました。
団地の中にあるバーなので 価格も 考えたバーになっていますね。
気軽に ちょこっと寄れるのもありがたいです。

BEG (3)
BEG (4)

価格も 500円~とリーズナブル。
この手のウイスキーがこの価格で飲めてしまうのは 嬉しい限りです。

BEG (10)

中は こんな感じ。
とても落ち着いているので ゆっくりとお酒が飲めます。

BEG (6)
BEG (2)

壁には ウイスキーの瓶がズラリ。
これだけあると どれを飲むか 悩んでしまいますよね。
困ったら お店の方に相談してください。
人当たりのいい方なので 色々と親切に教えてくれますよ。

BEG (7)

お通しは カキのタネ。(おそらく 300円くらい)
別途 チャージ代はかかりません。

BEG (5)

オープン記念で やっていた ジョニ黒のグリーンラベルが 500円でした。
15年物が この価格で飲めるのは 嬉しいですよね。
ただし なくなり次第 完了かも・・・

BEG (8)

軽く ミックスナッツ 300円。
残念ながら 火を通す食べ物は売っていません。

BEG (9)

2杯目は 季の美。京都のドライジンです。
ジン特有の香りが豊かで まろやかな口当たりで 非常に 飲みやすいです。
お米からつくるライススピリッツとボタニカルに玉露や柚子、檜や山椒など 日本ならではの素材を積極的に取り入れ、伏見の柔らかくきめ細やかな伏流水を使用してます。

今までのジンのイメージとは 少し違います。

今後も 国産のジンが増えていくと楽しみですね。

お手頃に 本格ウイスキーが飲めるお店ですので ご近所の方は 顔を出してみては いかがでしょうか?

住所    柏市光が丘2-14-14
電話    04-7113-4626
営業時間 19:00~24:00
定休日   不定休

table beet (その2)

table beet2 (2)
table beet2 (1)

柏 南口にある「table beet 」にランチに来ました。
前回も良かったので 再訪です。

table beet2 (3)

ランチは3種類でどれも1000円です。
AとBは日替わりでこの日は、
Aが 豚バラのネギ塩だれ
Bが 鶏の甘酢あんかけでした。

table beet2 (14)

お水は デトックスウォーターでセルフですが 飲み放題です。

table beet2 (4)table beet2 (5)

コーヒーも たっぷり入ってますし、ランチワイン(赤・白)もランチの中に含まれているので お昼からちょっと一杯できるのも 嬉しいですよね。

table beet2 (11)table beet2
table beet2 (13)

Aの豚のネギ塩ダレ。
パンとご飯を選べます。 ご飯は 五穀米です。
肉質は あまり柔らくはなかったですが その分 肉の旨みが強く 美味しかったですね。
ネギ塩だれがも 上手く豚肉の美味しさを引き出しています。

table beet2 (8)
table beet2 (9)

Bの鶏肉の甘酢餡かけ。
大き目な 鶏肉に 酸味のちょっと強めな味付けなので パンより ご飯の方が合いそうですね。
サラダも 付いてますが  鶏肉の甘酢餡かけの方にも 野菜が たっぷり入ってます。

table beet2 (10)

ベジタブルプレート。
この日は 茄子の味噌炒めに紫キャベツあえ物・蕪のマリネ・アンチョビポテトサラダでした。
野菜が 色々な方法で 食べれるのは野菜好きな方には 嬉しいプレートですよね。
上の方には 生で食べれるカボチャなどもあったようですよ。
珍しい野菜なども入っていたりするので 楽しみですね。

table beet2 (6)
table beet2 (7)

直売の野菜も 美味しそうなものばかりです。
こちらで お野菜を買うのもありですよね。

今回も 美味しかったです。

夏は 美味しい野菜の種類もふえますので ガッツリと美味しい野菜が食べれるこういうお店は ありがたいですよね。

table beet (その1)

住所     千葉県柏市中央町7-26 栄マンション1F
電話     04-7103-6395
営業時間  ランチ 11:30~15:00  ディナー 15:00~翌1:00
定休日   無休
駐車場   なし

二代目 肉そば家(その14)

肉そば家14 (1)

南柏の「二代目 肉そば家」に行って来ました。
今回は 家族で訪問です。

肉そば家14 (2)
肉そば家14 (4)

この券売機 らーめんを選ぶと 麺の太さ・固さ、スープの濃さや脂の量 にんにくの有無まで 機械で選択ができる優れものです。
ついでに トッピングや サイドメニューまで紹介してくれます。

肉そば家14 (3)

相変わらず 背中の壁側には 漫画がぎっしり これは 漫画好きな方には いいですよね。

肉そば家14 (6)
肉そば家14 (7)

旨辛ヒーハータンメン 並盛 辛さ4です。
以前に比べて 野菜盛りが 全然違う。丼も 少し小さいのですが それでも ボリュームあります。
辛さ 4にしましたが 思ったより辛いですし、スープは 味噌ベースで パンチが効いていて美味しかったです。

肉そば家14 (8)

2代目 みそ肉蕎麦。
甘めの味噌スープと炒めたお肉がたっぷり。
おもわず ご飯が食べたくなってしまいます。

肉そば家14 (5)
肉そば家14 (9)肉そば家14 (11)

スペシャルラーメン 並盛。
スープは 相変わらず 家系としてはインパクトが弱いです。
煮玉子と分厚くカットしたチャーシューに たっぷり入ったほうれん草と青ネギは 高評価です。

肉そば家14 (12)

スープに コクをインパクトをつけるための 生姜と大蒜を入れてみましたが、気持ちよくなった感じです。

肉そば家14 (10)

羽根つき餃子も頼んだのですが 確か200円で安いのは いいのですが 焦げているのは ちょっと 頂けないですね。
箸で こすったらすぐ取れてしまったので もう少し配慮が 欲しかったです。
味は 美味しかったので もったいないです。

兎も角 看板が 横浜家系らーめんになっているので もう少し スープに 力を入れてほしいかな・・・

他のらーめんは 結構 美味しんですけどね。

頑張ってください。
肉そば家(その13)
肉そば家(その12)
肉そば家(その11)
肉そば家(その10)
肉そば家(その9)
肉そば家(その8)
肉そば家(その7)
肉そば家(その6)
肉そば家(その5)
肉そば家(その4)
肉そば家(その3)
肉そば家(その2)
肉そば家(その1)

住所   千葉県柏市南柏中央1-4 君塚ビル1F
電話   047-175-2929
営業時間 11:00~翌1:30
定休日  無休
駐車場  なし

やまん(その29)

やまん29

ほぼ 定期訪問になっている「やまん」です。
これだけ行っているのに飽きが来ないのも素晴らしいのですが、2軒目として利用が出来るので 非常に重宝なお店です。

やまん29 (1)

まずは 超メジャーなところから 魔王と兼八。
昔は 高いお金を払って飲んでいた焼酎ですが ここでは 500円なので 気軽に飲めます。

やまん29 (2)

相変わらず 2軒目ということで 軽めなもので いぶりがっこのチーズのせ。
チーズで 胃をいたわるには もってこいのおつまみです。

やまん29 (3)

八千代伝 ムーンシリーズのつるし芋仕込み 25度と氷結芋仕込みクリオ。
共に自社農園で全量栽培した「紅ハルカ」を使用。
つるしは2か月生芋のまま吊るし、糖蜜芋を作って仕込んだもの。
氷結は生芋を低温熟成させその後氷結冷蔵で氷結熟成させてます。
簡単言えば 自然乾燥させて甘くした芋と 冷凍技術 水分を減らして甘くした芋を使って作った焼酎のイメージです。

最近の焼酎も 凝ったもの多くなっていますよね。

やまん29 (4)

月の中。
と言っても 月の中の限定酒。
蔵主が気にいった部分の焼酎を抜き出して 限定で販売したものみたいで いつもより ワンランク上のような気がしました。
全体的に 濃い感じでとても美味しかったです。

やまん29 (5)

蔵の師魂 The Green。
ワイン酵母の一つで白葡萄の品種である「ソーヴィニヨン・ブラン」から採取された酵母を使用して作らられた焼酎。
ほのかに ワインの風味を残しながら 甘みとキレが存在する 面白い焼酎ですね。

やまん29 (6)

冷や汁。
ここの冷や汁は、さっぱりとしているの お腹が いっぱいでも さらっと食べれます。
イクラも入っているので 見た目も非常にきれいで 食欲も湧きます。

やまん29 (7)

最後は ココナッツとトマトのシャーベットで締めて ご馳走様です。

今回も 貴重な お酒を堪能できました。

やっぱり やまんは 色んな意味で楽しめますよね。

やまん(その28)
やまん(その27)
やまん(その26)
やまん(その25)
やまん(その24)
やまん(その23)
やまん(その22)
やまん(その21)
やまん(その20)
やまん(その19)
やまん(その18)
やまん(その17)
やまん(その16)
やまん(その15)
やまん(その14)
やまん(その13)
やまん(その12)
やまん(その11)
やまん(その10)
やまん(その9)
やまん(その8)
やまん(その7)
やまん(その6)
やまん(その5)
やまん(その4)
やまん(その3)
やまん(その2)
やまん(その1)

住所   柏市東上町2-3
電話   04-7163-6602
営業時間 17:30~
定休日  月曜日
駐車場  なし

ひよこeast

ひよこeast (1)

柏の 人気の焼き鳥屋「ひよこeast」に行ってきました。
お値段は ちょっと高いのですが それだけのものは 出してくれます。
それなのに いつもいっぱいなのですから 凄いですよね。

ひよこeast (14)
ひよこeast (15)

メニューは こんな感じです。
串は 1本 240円~ そこそこの価格です。
鶏は 大山鶏を使用しているので身は柔らく 滋味深い味が特徴です。

ひよこeast (2)

カウンターは こんな感じです。
落ちついて ゆっくり食べるお店かと思っていたら 思ったより 声が通る感じで ゆったりとする雰囲気では ないです。
友達同士で 楽しむ感じが いいと思います。

ひよこeast (3)

最初の1杯のビール。

ひよこeast (4)

お通しは こんな感じです。
人によって内容が違う様です。
シェアして食べれると楽しめます。

ひよこeast (6)

ひよこ 特製フレッシュサラダのハーフ。
予想以上に ボリュームがあって 2人なら 十分 ハーフで満足できます。
夏らしい 食材が たくさん入ってました。

ひよこeast (5)

おまかせ 7本の 1本目は つくねです。
ともかく ここは 焼き方が素晴らしいですね。
とても 美味しいので 一口食べて にっこりしてしまいます。

ひよこeast (7)
ひよこeast (8)

2本目は ささみのわさび。
中がレアで 超柔らかい。わさびの風味でさっぱりと・・・・

ひよこeast (9)

おすすめの乗っていた レバのアンチョビソテー。
もっと アンチョビが ガツンと来るのかと思っていたら 意外と優しい感じ、焼き鳥自体は どれも完成度が高いので もう少しパンチが欲しかったかな・・・・

ひよこeast (10)

ネギマ。
表面が カリッとなっていながら 中はジューシーで 口の中で 旨い脂が じゅわっと広がります。

ひよこeast (11)

この秘密兵器が 凄いです。
串から 身を取りたいときに使用するのですが、これがあると 簡単にとることが出来ます。
シェアして食べるのは 良くないと言われますが 色んな種類食べたいですからね。

ひよこeast (12)

せせり。
しっかりとした歯ごたえに 噛むほどの旨み 美味しいですよね。

ひよこeast (13)

はつ。
玉ねぎの甘みと はつの 食感と独特の旨みが ベストマッチでした。

ひよこeast (16)

最後の1本は 燻製ぼんじり。
燻製のいい香りと ぼんじり特有の脂が 口の中で広がります。

ひよこeast (17)

大山鶏の ももの香草焼き アンチョビソース。
兎も角 盛り付けがきれいです。
手前の茶色い線は バルサミコソースでした。
お肉を たくさん 味わい方向けかもしれませんね。

個人的には この分金額だけ もも焼を頼んだ方が好みかもしれません。

今気づきましたが レバ串の写真撮り忘れてました。
レアで とろけるほど柔らくて 美味しかったですよ。

値段も そこそこしますが、その分だけの 満足感も味わえますよ。

是非 絶品焼き鳥 食べに行ってみてくださいね。

住所    柏市柏2-7-10
電話    04-7197-6165  
営業時間 17:00~22:30
定休日   月曜日
駐車場   なし 

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

kou

Author:kou
いいとこみつけたへようこそ!

このサイトは お店側と見て頂いる側とのいい関係を目指しておりますので お店の誹謗中傷的なコメント等があった場合は、勝手に削除させていただくことがあるのでご了承ください。

また、紹介している内容は 訪問当時の内容になります。価格やメニューなど変わっていることもありますので そちらもご了承ください。

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランチ(柏) (223)
ランチ(松戸) (84)
ランチ(その他) (55)
未分類 (0)
らーめん松戸 (251)
らーめん柏 (132)
らーめん東京 (83)
らーめん(その他千葉県内) (18)
居酒屋・BAR(柏) (600)
居酒屋・BAR(松戸) (183)
居酒屋・BAR(その他) (88)
洋食(柏) (14)
洋食(その他) (21)
和食 (130)
中華 (125)
寿司 (26)
焼肉など (47)
エスニック (76)
スイーツ (2)
イベント (128)
おうちdeごはん (5)
日記 (21)
お店 (21)
美味しいお店(東京) (6)
らーめん(その他) (6)
パン (9)
Cafe (8)
昼飲み (4)

Adsense

Adsense2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん