FC2ブログ

いいとこみつけた

柏・松戸を中心に美味しいお得なお店を紹介しています。

みのりか(その2)

みのりか2 (1)

柏 西口にある「みのりか」に行って来ました。
かなり 気には なっているのですが ちょっと壁があり 2回目の訪問です。
この雰囲気 柏には あまりないお店ですよね。

みのりか2 (3)

メニューは こちら。
焼き鳥は 1本 100円~とリーズナブル 気になる料理も結構ありますね。

みのりか2 (2)
みのりか2 (4)

まずは 生ビール・お通しと焼き鳥5本のセット 990円です。
ここの焼き鳥 1本 100円ですが かなり旨い。

みのりか2 (5)

もつ煮込み。
出汁が効いていて 旨!!
見た目は 普通ですが また 食べたくなってしまう もつ煮ですね。

みのりか2 (6)
みのりか2 (9)

にんにく焼き。
皮ごと焼いてあります。
皮ごと焼いているのに 焼き加減も良く 中は ホクホク。
それでいて 皮がかぶっているので 食べるまで 保湿効果で 中は ジューシー。
これは 嵌る方 多そうです。

みのりか2 (7)

皮ぎょうざ。
見た目はイマイチですが 食べてみると これが 絶品。
カリッと焼かれた 鶏皮の中には 鶏肉餡がぎっしり、手間のかかっている料理なので さらに美味しく感じられますね。
これは 食べてもらわないと 味の表現は難しいですね。

みのりか2 (8)

この辺で お店の雰囲気に合わせて ホッピーの黒。

みのりか2 (10)

最後は タン焼き。
ちょっと固めなのですが 肉の旨みが 凄い。
タンも旨いですね。

さすが 老舗の焼き鳥屋 いいもの出してきます。

まだ 気になるものもあるし 次回が楽しみです。

みのりか(その1)

住所       柏市旭町1-14-14
電話
営業時間
定休日
駐車場     なし

スポンサーサイト



ワインバル ブッシュウッド

ブッシュウッド (1)

柏の泉町の「ぎんくらん」の後に出来た「ブッシュウッド」に行って来ました。
都内で 修行された 柏出身の方が開かれた ワインバルです。

ブッシュウッド (2)

この日 早めに行けたので ビールとハウスワインが ハッピーアワーで200円でした。(ハッピーアワーは20:00まで)
このハッピーアワーは5月5日まで やっているサービスなります。

ブッシュウッド (3)
ブッシュウッド (4)
ブッシュウッド (5)

メニューは こちら。
どれも Sサイズがあるのがいいですね。
お一人のお客さんも多いようです。

メニューの幅も広いですし 期待感が高まります。

ブッシュウッド (6)

中は こんな感じで 開放的です。

ブッシュウッド (7)

まずは ブルーチーズが薫るポテトサラダ Sサイズ。
パクチーのサラダも付いて250円 何とも嬉しい価格設定。
ワインとも 相性がよさそうですね。

ブッシュウッド (8)

せっかくなので ハウスワインの赤の方も・・・
オーストラリア産ワインをメインにしているようですが あえてラベルを作らないワインで コストを下げているワインを 低価格で提供されているのも 魅力ありますよね。

ブッシュウッド (9)

牡蠣のグラタン Sサイズ。
広島産の牡蠣と優しいホワイトソースが 白ワインと合いそうです。
しっかり食べたかったら ナンやバケットと合わせても良さそうです。

ブッシュウッド (10)
ブッシュウッド (11)

最後は おすすめの牛帆ほほ肉の赤ワイン煮込み Sサイズ。
これ ヤバイほど美味しい、お肉も口の中でとろけますし、赤ワインのソースも絶品。
これで 600円は 超おすすめです。 

最初は ワインが主体のお店かと思っていたのですが 種類も多く料理もか美味しいものばかりです。

これは いいお店が出来ましたね。 今後も楽しみですよ。

女性の一人飲みでも かなりいいです。

住所     千葉県柏市泉町6-53 泉荘1F
電話     04-7192-8884
営業時間  18:00~翌1:00(L.O.24:30)
定休日    月曜日
駐車場    なし

屋台らーめん いってんばり

屋台らーめんいってんばり (3)

南増尾交差点 そばのハローマートの隣に出来た「屋台らーめんいってんばり」に行って来ました。
どこかで 見たことある名前だなと思ったら 手羽先のいってんばりの らーめん店進出だったようです。

屋台らーめんいってんばり (1)
屋台らーめんいってんばり (5)

まだで来たばかりなので メニューは こんな感じです。
ちょっと変わったメニューもありますね。
居酒屋出身の店主が作るらーめんですので 個性もあります。

屋台らーめんいってんばり (2)

屋台風なので 食べるのは外になります。

屋台らーめんいってんばり

こちらの器で テイクアウトすることも出来ます。ただし 100円プラスになります。
次回持ってくると 100円キャッシュバックになるそうです。

屋台らーめんいってんばり (4)

煮干しらーめん。
居酒屋さん出身ならではの個性的味で美味しい。
濃いめの醤油に 煮干し旨みが後から追ってきますが 独特の旨みも健在、 今まで食べたことがない味ですね。
このお店 特有の隠し味を入れてあるようです。

屋台らーめんいってんばり (6)
屋台らーめんいってんばり (7)

もやしらーめん。
こちらは 白みそ仕立てスープです。
シャキシャキのもやしと 濃い甘めの味噌味が いいバランスに仕上がっています。
この手の味噌らーめん 自分的には好きなタイプの味噌らーめんです。

今 流行りのらーめん屋さの流れを汲んでいないので 新鮮さがあっていいですね。

ここの 店主のかた アイデアマンなので 今後も 楽しみなお店だと思いますよ。

住所     千葉県柏市南増尾7-1-30
電話     
営業時間  11:00~13:00   17:00~21:001
定休日
駐車場    あり

バカみたいに愛してた(その6)

バカみたいに愛してた6 (1)

松戸 八ヶ崎にある「バカみたいに愛してた」に行って来ました。
ここも 来るたびに 楽しみがあるお店です。

オリジナルのシャンクならーめん 惹きつけるものがありますよ。

バカみたいに愛してた6 (2)

メニューは こちらですが 何が何だか よく分かりません。
分からなかった お店の方に聞いてください。
何回か 来てますが 相変わらず よくわかっていないです。

バカみたいに愛してた6 (3)

今回頼んだのは、味噌担々麺+ローストポーク。
麺は 平麺を選択。(他 細麺・太麺)

バカみたいに愛してた6 (4)
バカみたいに愛してた6 (6)

裏側には 1.5cmほどのトロトロチャーシューにうずらの卵がゴロゴロ。
平麺は 200gはあり、肉の下には もやしがたっぷりに 極太メンマが入っています。
単体でも かなり ボリュームありますよ。

バカみたいに愛してた6 (5)バカみたいに愛してた6 (7)

スープは とろみがかった 濃厚味噌+芝麻醤のピリ辛濃厚スープ。
最少は 味濃く感じていましたが 徐々に この味の虜に・・・ 
濃いけど 中毒性の高いスープ それが 平麺に 濃厚に絡みつきます。

味噌としては個性的ですが コッテリ好きな方 嵌るらーめんだと思います。

バカみたいに愛してた6 (8)

元々 おろしにんにくを入れてあったのですが カウンターにあった にんにくチップも気になったので入れてみました。
すでに ニンニクが入っていたので これは あまり効果は 無かったです。
スープの 濃厚さが こちらの写真の方が 分かりやすいですよね。

バカみたいに愛してた6 (9)

新メニューのミニゆで豚甘酢餡かけ丼。
柔らかく茹で上げた豚肉に 甘すっぱいタレをかけてあるので ご飯が進みますね。
これ 大盛り単品であったら頼みたいくらいです。(メニューにあるかはわかりません。)

今回も 満足度 お腹いっぱい度 高かったですね。

次回 何がたべれるか 楽しみです。

バカみたいに愛してた(その5)
バカみたいに愛してた(その4)
バカみたいに愛してた(その3)
バカみたいに愛してた(その2)
バカみたいに愛してた(その1)

住所     千葉県松戸市八ヶ崎1-1-1 八ヶ崎京葉ハイツ 1F
電話     047-341-6107
営業時間  11:30~15:00 18:00~23:00
定休日    火曜日・水曜日
駐車場    なし 

ずず平(その2)

ずず平2 (1)

柏の酒井根のアリーナ柏店(パチンコ屋)に併設されている 「ずず平」に行って来ました。

今回も ランパス掲載店です。
今回のランパスは 結構 活用出来ました。次回もどうなるか分かりませんが 期待いたしましょう。

ずず平2 (2)

こちらが メニュー。
結構 バッテンが多いですね。
お店の方がお一人だったので この広さで このメニューは 多すぎるかな・・・
今回 ランパスのボタンは 書いていなく 1番下の段の左から3番目の星のマークが相当するそうです。
書いておいてくれれば 聞かなくて済んだのに・・・

ずず平2 (3)

お蕎麦は こちらで作っています。
二八そばを使っています。
店主の実家は栃木の老舗蕎麦屋。蕎麦の名店で修行を重ねた店主が目の前で蕎麦を手打ちしてくれるので質は高いと思います。

ずず平2 (5)

中は こんな感じ。
昔のドライブイン様な造りですね。

ずず平2 (4)

毎月10の倍数の日は せいろとミニカツ丼のセットが500円で食べれる様です。(限定50食)
ランパスと同じ内容ですが、こちらの方が 40円安いです。

ずず平2 (6)
ずず平2 (7)
ずず平2 (8)

早速 ランパスでの提供のせいろとミニカツ丼のセット。
この内容で 540円は かなり立派なものですよね。
蕎麦は 細切りで 風味もあり この価格帯で販売するなら 上々の出来です。
ただ、ざるが トレイに直置きのため 蕎麦を取る時 ざるが回ってしまい 食べづらかったです。
細かい点で なんかもったいないことろがあります。

ミニカツ丼は それなりに美味しい。
思ったより ご飯の量も多いので 全体的なボリューム感もありましたよ。

お客さんが パチンコ屋の方ばかりというものあるのかもしれませんが、実力的にはもっと上のレベルを狙える力はありそうなので もう少し工夫があると いいかもしれませんね。

まずは 10の倍数の日 500円セットは かなりお得だと思いますので 1度行ってみてはいかがでしょうか?

ずず平(その1)

住所    千葉県柏市酒井根753-2
電話    04-7174-3000
営業時間  11:30~20:00
定休日    無休
駐車場   あり

紫光(その4)

紫光4 (1)

柏 あさひ通り沿いにある「紫光」に行って来ました。
このお店 22:00になると形態が変わって 沖縄そばお店に変身します。

紫光4 (2)

メニューはこちら。
沖縄そば 現在 沖縄そば(角煮入り)・ソーキそば(ソーキ入り)・あさひそば(錦糸卵が乗って肉なし)・紫光そば(全部乗せの)の4種類です。
価格も 500円~800円と リーズナブルさが売りです。
もちろん 簡単なおつまみやお酒も飲むことが出来ます。

紫光4 (3)
紫光4 (4)

おそばが出来るまでの場つなぎに 緑茶ハイとお通しのマカロニサラダです。

紫光4 (5)
紫光4 (6)

頼んだのは 角煮が入った沖縄そば 600円です。
麺は 平麺と丸麺を選べますが 食べやすい方の丸麺にしました。
飲んだ後の 鰹だしの効いたスープは 絶品ですね。

これは ちょっと物足りなかった時の 締めに最高ですね。

おそばだけも okですので 是非 寄ってみてください。

紫光(その3)
紫光(その2)
紫光(その1)

住所     柏市旭町1-3-14
電話     04-7161-1088
営業時間
定休日
駐車場  なし


やまん(その35)

やまん35 (1)

柏銀座通りの「やまん」に行って来ました。
このお店 飲んでも良し 食べても良し 満足感 バツグンお店です。
だいたい 2軒目に行くことが 多いですね。

やまん35 (2)

この日のお酒。
これ 全て 500円というのは素晴らしいですよね。

やまん35 (3)

この日は 国産のワインを仕入れたとのこと 早速 農民ロッソの2016。
日本の ワインも 美味しいものが増えましたからね。
もっと 市場にも流れるようになるといいですね。

やまん35 (4)

お通しは 菜花のお浸し。
これが また 旨い ここのお通しの中でも 特に好きな方です。
茎の部分の食感と 出汁のしみ方が絶妙です。

やまん35 (5)

おすすめの桜鱒のカルパッチョ。
この桜鱒 味が濃厚で ここで食べたカルパッチョの中で 1番美味しいかも・・・
卵の黄身と交わって ヤバイほどの美味しさです。

やまん35 (6)

せっかく あったので 森伊蔵頂きました。
森伊蔵が500円で飲めるお店は そうはないですよね。

やまん35 (7)

何かつまみたかったので おつまみを頼んで出てきたのが こちら。
いぶりがっこ・酒盗・さかな味噌のクリームチーズ。
通常のメニューにないスペシャルメニューです。
ただ 材料は いつもあるので 頼めば 作ってくれるかもしれませんね。

やまん35 (8)

最後は 氷結芋仕込み Crio。
すっきりとした味わいは 森伊蔵よりもこちらの方が 好きですね。

それほど 頼んではいないのですが 相変わらずのレベルの高さ、 食べ終わった後の 満足感も高かったです。

本当に いいお店ですね。

やまん(その34)
やまん(その33)
やまん(その32)
やまん(その31)
やまん(その30)
やまん(その29)
やまん(その28)
やまん(その27)
やまん(その26)
やまん(その25)
やまん(その24)
やまん(その23)
やまん(その22)
やまん(その21)
やまん(その20)
やまん(その19)
やまん(その18)
やまん(その17)
やまん(その16)
やまん(その15)
やまん(その14)
やまん(その13)
やまん(その12)
やまん(その11)
やまん(その10)
やまん(その9)
やまん(その8)
やまん(その7)
やまん(その6)
やまん(その5)
やまん(その4)
やまん(その3)
やまん(その2)
やまん(その1)

住所   柏市東上町2-3
電話   04-7163-6602
営業時間 17:30~24:00
定休日  月曜日
駐車場  なし



奏(その12)

奏12 (1)

柏 泉町にある「奏」に行って来ました。
旨い料理に旨い酒 そしてアットホームな雰囲気 本当にいいお店です。

奏12 (2)

この日のおすすめ。

奏12 (4)

この日のお通しは 筍の土佐煮。
出汁の効き方は 半端なく美味しい。
美味しくて お代わりしたくなるような お通しです。

お代わりしたくなるような お通しって魅力ありますよね。

奏12 (3)

この日は まずバイスサワーから・・・

奏12 (5)

チカの唐揚げ。
川魚特有の苦みが少しだけあって 美味しい。
チカを出しているところも少ないので 変わったものが食べれて ちょっと嬉しい。

奏12 (6)

ピーマンの肉詰め ハーフ。
これは 定番の味でしたね。

奏12 (8)

ここでは 珍しく ハイボール。
ここは 一人客が多いので 結構 話が盛り上がっていたりするので お酒は 飲んでしまいますね。

奏12 (7)

裏メニューの焼き鳥 ももと皮。
これが また 旨いんだよね。
また 焼き加減がいい。

奏12 (9)

最後は 栄光冨士 純米大吟醸 森のくまさん 無濾過生原酒で 可愛く 〆です。

この日も 楽しく お酒が飲めましたね。

奏(その11)
奏(その10)
奏(その9)
奏(その8)
奏(その7)
奏(その6)
奏(その5)
奏(その4)
奏(その3)
奏(その2)
奏(その1)

住所    千葉県柏市泉町6-57
電話    04-7163-8150
営業時間 17:00~翌3:00
定休日   水曜日
駐車場   なし



焼肉 極

極 (1)

柏銀座通りに新しく出来た 「焼肉 極」に行って来ました。
立派な 建物だったので 何が入るか 気にはなっていたのですが 結局 焼肉屋さんでした。(でも飲食店で良かった)
高級ブランドの常陸牛の専門店です。

野田の精肉店が 柏進出のお店になります。

極 (2)
極 (3)

メニューは こちら。
常陸牛を使用しているのは 価格は かなり抑えめに設定されているようです。
これは 今後 期待感が 高そうです。

極 (4)

まずはビール。香るエールでした。
これ旨いですよね。

極 (6)

中は こんな感じ 焼肉屋らしくゆったりとした造りになっています。
全体的に 高級感がある造りでしたよ。

極 (7)

キムチ。 普通に美味しいキムチでした。

極 (9)

チョレギサラダ。
メニュー自体は オーソドックスものばかりです。
問題は 肉の質ですよね。

極 (8)
極 (14)

まずは 普通のタン塩。
780円なら 十分美味しいと思います。
無煙ロースターを使用しているので 焼肉の匂いも付きづらいです。

極 (10)

内臓系から ホルモンとレバ。
ヤバ、もう うめぇ!
レバは 表面が色づくくらい焼くと 堪らないですね。
ホルモンは 口の中で 肉汁が ジャバジャバです。

極 (11)
極 (12)

普通のローズとカルビ。
見た目は どっちがどっちだかわかりませんが 食べると分かります。
どちらかというと カルビの方がおすすめかな・・・
この 普通のレベルでも 十分旨い。

極 (13)

こちらは 普通のハラミ。
ランクは普通だけど 流石 常陸牛 旨いです。

極 (15)

メガハイボール。
飲み物も 普通価格でした。

極 (16)

最後はいいところから リブ芯。
旨いけど 脂も凄い。
という場合は・・・

極 (17)
極 (18)

ということで 醤油と山葵をお願いしました。(これは 頼まないと出てこないです)
ガラっと引き締まって 美味しさが増しましたよ。

まだ 食べていないものもたくさんありますが、兎も角 並クラスのものを頼んでも相当美味しいです。

これは 人気になる感じはありますね。

住所     柏市柏3-4-2
電話     04-7170-1110
営業時間  17:00~翌2:00
定休日    無休
駐車場    なし

井上チンパジー@中目黒

井上チンパンジー (1)

中目黒のガード下にある「井上チンパジー」に行って来ました。
女性が 並んでいることが多かったのでインスタ映えするものを出しているのかなと思ったらEXILEのHIROの経営するカレーショップだったようです。
本人がいるわけではないのですが この日も 半分が女性でした。

井上チンパンジー (2)

メニューは こんな感じ。
カレーのベースは 1種類 トッピングで品種を増やしているようです。

井上チンパンジー (3)

辛さは 4種類。食券を店員さん渡すときに選んでください。
今回 辛口にしましたが いい感じの辛さ 激辛は 相当辛いと思われます。

井上チンパンジー (4)

この時の 月変わりカレーは シーフードとアボカドの梅和えでした。
女性が 好みそうなカレーですよね。

井上チンパンジー (5)

頼んだのは 看板の生姜焼きカレー 生卵のせ 850円。
ご飯は 特盛(400g)まで無料なので 特盛にしました。

井上チンパンジー (6)

辛口でも そこそこ辛いので 福神漬けは たくさん乗せたいですね。
15種類の香辛料をブレンドしたルーは 期待以上の美味しさです。
価格も 高くないので これなら また食べたくなりますね。

井上チンパンジー (7)

生姜焼きも ご飯が進む味付け。
400gのご飯は 少し余り気味なるかなと思ったのですが この生姜焼きおかげで 十分バランスよく食べることが出来ました。
出来れば 生卵 別盛りにしてもらったら もっと 色々と楽しめそうです。

ここでしかないカレーを目指しているようですが バランスのいい 美味しいカレーだったような気がします。

井上チンパンジー (8)

最後に 目黒川のさくらです。
あまりきれいに撮れていませんが 人気になるのはよく分かりますよね。

ボッチーノ

ボッチーノ (1)

柏 東口 メガロスの前にある「ボッチーノ」に行ってきました。
写真好きなイケメンオーナーのお店 初めての訪問です。
8名くらいしか入れない小さなお店ですが アットホームな感じでいい雰囲気でしたよ。

ボッチーノ (2)

まずは 飲物メニュー。

ボッチーノ (4)

メニューは 壁に書いてあるこちらだけですが 他にも 材料に合わせて 色々作ってくれるようです。

ボッチーノ (3)

ワインが 1杯 400円なのも魅力ですね。

ボッチーノ (5)ボッチーノ (6)

トマトとベーコンのペペロチーノ風炒め。
彩り鮮やかで ガーリックが効いており 食欲が進みます。

ボッチーノ (7)

オムレツ トマトソースかけ。
軽いトマトの酸味とオムレツは 相性がいいですよね。
トロ~リふわふわのオムレツは 間違いなく美味しい。

ボッチーノ (8)

豚肩のハンバーグ ホワイトソース。
豚肩を使用している為 肉の塊がゴロゴロ入っていて いかにも 肉肉しいハンバーグになっています。
やっぱり ハンバーグは肉肉しい方が 美味しいですね。

ここは 1人で行っても 大いに楽しめますね。

是非 ふらりと立ち寄ってみては いかがでしょうか?

住所    千葉県柏市柏6-7-8
電話     080-6433-5593
営業時間  18:00~24:00
定休日    月曜日
駐車場    なし

居酒屋はじめ(その4)

はじめ4 (1)

柏の明原にある「居酒屋 はじめ」に行って来ました。
駅から 少し離れていますが ここは いいお店ですよ。

はじめ4 (3)はじめ4 (4)

この日のおすすめ。
旬の魚を取り揃えています。
お値段も リーズナブルだし どれも美味しいです。

はじめ4 (2)

この日のお通しは タコ煮物。
柔らかくて 噛むほどタコの旨みが出てきて いい場つなぎになります。

はじめ4 (5)

ここにたら これがおすすめ。
お刺身3点盛り 800円です。
内容は 日替わりですが この日は くじら・生鯖・やりいか・中トロの4点です。
名目は3点盛りになっていますが、いつも 4点盛りになています。
特に くじらは 高級な生肉の様な味で 絶品でしたよ。

はじめ4 (6)

おすすめの焼き蛤。
茨城の地ものの様で 旨み凝縮さが 半端ないです。
身も大きくて 美味しかったです。

はじめ4 (7)

最後は 手羽塩焼き。
焼き加減もいいのですが 塩の振り方もいい。
ジューシーな鶏の脂が 堪りませんね。

食べ物の種類も多くて 飽きも来ないし、いいお店ですね。

今後も 定期的に 訪問することが多そうです。

居酒屋 はじめ(その3)
居酒屋 はじめ(その2)
居酒屋 はじめ(その1)

住所    柏市明原1-11-9
電話    04-7199-9936
営業時間 17:00~
定休日   日曜日
駐車場   なし

福徳(その7)

福徳7 (1)

学芸大学にあり「福徳」に行ってきました。
お昼時は かなり人気のお店です。

福徳7 (2)

ランチには 半ご飯・麺の大盛り わかめのどれかがサービスで付けられるのが この辺りでは 魅力のあるサービスになっているのでしょう。

福徳7 (3)

メニューはこちら。あまり変わっていませんね。

福徳7 (4)
福徳7 (5)

この日は 期間限定の新メニューがありまして そちらの「アオサらーめん」にしました。
せっかくなので麺を大盛りにしました。

豚骨ベースにアオサの組み合わせはあまりないですよね。
昔風の あっさりめの豚骨に さらに アオサで あっさり感を出してます。
今どきのコッテリ好きには物たりなさがあるかもしれませんが 食べやすい 万人に愛される味付けになっています。

地元に愛されるらーめん ボリュームもあって 美味しかったです。

住所   東京都目黒区鷹番3-8-4  
電話   03-5773-1199
営業時間 11:30~2:30 17:30~翌1:00
定休日  無休
駐車場  なし

亀壱(その12)

亀壱12 (1)

稔台にある「亀壱」に家族で行って来ました。
ここの らーめん 個性があっていいですよね。
結構な回数通っていますが 未だに飽きることがないです。

亀壱12 (2)

この日は 味噌が戻ってきましたね。
味噌があると メニューの幅が一気に広がりますね。

亀壱12 (3)

家族で来ると 良く頼んでいる唐揚げ。
正直 1人では これは 食べきるのは大変です。
カレー風味のマヨネーズが最高に合うんです。
このボリュームですが あっという間になくなります。

亀壱12 (4)

このお店しかない 松戸式タンタンメン。
勝浦式タンタンメンに似ていますが このお店ならではの味付けになっています。
ピリ辛ながら 飽きの来ないタンタンメンに仕上がっています。

亀壱12 (5)

ニヌキらーめん。
このお店の基本になっている 醤油らーめんに煮玉子を追加したものです。
醬油かえしに特徴があり 他で食べる醤油らーめんとは ひと味違います。

亀壱12 (7)

チンジャ辛葱味噌らーめん。
濃厚ながら甘みのある味噌にチンジャのコク 辛ネギの辛さが交じり合って ピリ辛ながら 複雑な味の味噌らーめんになっています。

亀壱12 (6)
亀壱12 (8)

最後は 鬼生姜味噌らーめん。
濃厚ながら甘みのある味噌に 鬼ように生姜を入れています。
これが 絶妙に合う。
熱々ですが 生姜がガンガン攻めてきます。
体 超温まります。(ただ 味濃いめなので 体調が不良の時は 醤油の方がいいかも・・・)

今回も 美味しかったです。
ただ、お一人で作っているので 混んでしまうと時間がかかるので 余裕見て行った方が いいと思います。

亀壱(その11)
亀壱(その10)
亀壱(その9)
亀壱(その8)
亀壱(その7)
亀壱(その6)
亀壱(その5)
亀壱(その4)
亀壱(その3)
亀壱(その2)
亀壱(その1)

住所     松戸市みのり台1-14-2
電話     090-4959-4343
営業時間  [月・火・水] 18:00~翌1:00
        [木・金・土] 12:00~14:00 18:00~翌1:00
        [日] 12:00~14:00 18:00~22:00
定休日    火曜日
駐車場    なし 

丸一(その34)

丸一34 (1)

柏 明原にある「丸一」に行って来ました。
大将が 船に乗ってしまったので 愛ちゃんが作る 韓国料理が中心のお店になるようでしたが、
実は・・・・

丸一34 (2)
丸一34 (3)

この日のメニュー。
あれ? あまり変わっていないですね。

実は 大将が 船を降りているときは お店に立っていることがあるのです。
この日は まさに そういう日でした。

丸一34 (4)
丸一34 (6)

お通しは 筍の若竹煮・つぶ貝の塩ゆで・枝豆の組み合わせ。
これで 300円なんだから 有難い限りです。

丸一34 (5)

この日は ビールから・・・・

丸一34 (8)
丸一34 (9)
丸一34 (10)

せっかく大将が いるので お刺身の盛り合わせ5点盛り。
鰺・赤貝・つぶ貝・鮪の赤身・鰹の5種。
やはり 丸一の刺し盛りは いいですね。

丸一34 (7)

そして これが食べたくやって来た チーズタッカルビ。
今 流行っているので 是非食べてみたっかったです。

丸一のチーズタッカルビはお汁たっぷりタイプ これには 後の楽しみがあります。
コクのある甘辛のタレに4種のチーズのまろやかさが 鶏肉と野菜に絡まって絶品です。

丸一34 (11)
丸一34 (12)
丸一34 (13)

中身を食べ終わったら ご飯とキムチ・青のりを入れて おじや風に・・・
もうこれは ヤバイっしょ・・・
お腹も 超いっぱいになりました。

やはり 丸一は 楽しいですね。

丸一(その33)
丸一(その32)
丸一(その31)
丸一(その30)
丸一(その29)
丸一(その28)
丸一(その27)
丸一(その26)
丸一花見 ’2016
丸一(その24)
丸一(その23)
丸一(その22)
丸一(その21)
丸一(その20)
丸一(その19)
丸一(その18)
丸一(その17)
丸一(その16)
丸一 花見’2014
丸一(その15)
丸一(その14)
丸一(その13)
丸一(その12)
丸一(その11)
花見 ’2012
丸一(その9)
丸一(その8)
丸一(その7)
丸一(その6)
丸一(その5)
丸一(その4)
丸一(その3)
丸一(その2)
丸一(その1)

丸一 花見(その2)
丸一 花見(その1)

住所   柏市明原4-5
電話   04-7144-8802
営業時間 17:00~23:30
定休日  月曜日
駐車場  なし

にくまる

にくまる (1)

南柏 東口にあった しちりんが「にくまる」という焼き肉屋になっていました。
焼肉屋と言っても しちりんを 焼肉に特化したようなお店です。
メニューが 肉料理ばかりなっただけで後は あまり変わっていません。

にくまる (2)
にくまる (4)

とりあえず 安さが売りです。
焼肉は 1人前 290円~。
カウンターもあるので 1人でも 焼肉が気軽に食べることが出来ます。
安いので 家族連れの方も多かったようです。

にくまる (3)

メニューは こちらも パットで注文をします。
間違いは 少ないですが まだ 違和感ありますね。

にくまる (5)

まずは この日 290円だったビール。(通常は 398円)ただ 7日のみ今後は 290円になります。

にくまる (6)

早速 しちりんが来ました。
炭火で焼く 焼肉ってそれだけでも 美味しさがアップします。

にくまる (7)
にくまる (8)

ハラミとロース 共に 290円。
さすが この価格なので 量は少ないですね。
ハラミの方は 290円でしたら 十分 美味しいと思います。
お肉の味付けも 5,6種類の中から 選ぶことが出来ます。

にくまる (9)

野菜も取らないといけないので 豆腐サラダ 380円。
思ったよりボリュームあり 2人くらいで食べるにはいい量です。
シンプルですが 美味しかったです。

にくまる (10)

せっかくなので 看板メニューのしろてっちゃん。
あまり期待していなかったのですが 思ったよりいけますね。
大き目の身の方が 脂が乗っていて美味しいです。

にくまる (11)

最後は カルビも味見して これは 見た目通りの味で まあまあです。

安い焼肉屋さんとしてはありですね。

もう少し 脱しちりんしていくと もっと楽しみですね。

住所     柏市南柏中央2-4
電話     04-7171-5355
営業時間
定休日
駐車場   なし

たけいち(その3)

たけいち3 (1)

久し振りに学芸大学の「たけいち」に行って来ました。
美味しい鶏白湯のお店ですが 目立たないところになります。
今では 何店舗かあるチェーン店になっているようです。

たけいち3 (2)たけいち3 (3)

メニューも 相当増えましたね。

たけいち3 (4)

プラス100円で 麺を豆腐麺に出来るようです。
はたして どんな味なんでしょうか?

たけいち3 (5)
たけいち3 (6)

サイドメニューも充実しているので ちょい飲みなども可能ですよ。
最後は さっぱり 塩鶏そばなどもいいかもしれません。

たけいち3 (7)

こちらのこだわり。
鳥系のお店は 似た感じになるところが 多いですかね。

たけいち3 (8)
たけいち3 (9)

頼んだのは かなりに気なっていた 「鳥二郎」の全部増しです。
出て来るまでちょっと心配だったのですが 二郎のような パワフルなボリュームはありません。
豚の代わりに唐揚げが2個乗って 700円という価格は 頑張っていますよね。
スープは 鶏白湯ではなく 二郎に近いスープです。
麺は 平麺で つるっとしており パスタの様で「にかいや」の麺に似ています。
真ん中のもやしの上に乗っている白いものは背脂でした。
おろしにんにくもたっぷりで ジャンクさは なかなかの感じです。

ボリュームを求める方には 物足りないかもしれませんが 久しぶりに 二郎ぽいらーめんを食べれて嬉しかったです。

住所    東京都目黒区鷹番3-1-4 1F
電話    03-5768-7955
営業時間  11:30~15:00 17:00~22:00
定休日   日曜日
駐車場   なし

猪太(その12)

猪太12 (1)

柏 東口の「猪太」に行ってみました。
柏店に来るのは 久しぶりですね。
相変わらずの人気で オープン前から 並んでます。

猪太12 (2)

メニューは 安定のメニューです。
ここは どれも 個性的で美味しいものがばかりなので どれにするか悩んでしまいます。

猪太12 (3)

まずは 火焔らーめん の3辛。
辛さは 5段階まであります。
5辛にすると 相当辛いですので注意してください。
こちらの らーめんは 唐辛子系の辛さですね。

猪太12 (4)

柏店に来た理由の1つは もう1つの辛いらーめん カレーらーめんです。
こちらは 柏店しかないメニューなんですよね。
辛さは 3種類 大体1番辛い 激辛を食べることがお多いです。(今回も激辛)
感じとしては  激辛のカレールーの中に麺が 入っているような らーめんになっています。
ベースの豚骨の濃度が違うので 他のカレーらーめんとちょっと 違うんですよね。

猪太12 (6)

見て分かりますか?
細麺なのに 麺にカレースープの絡みが 半端ないです。
辛いけど 旨いから 箸が止まりません。
濃度も高いので お腹の弱い方には おすすめできません。

猪太12 (5)

そして サービスのライス。

猪太12 (7)
猪太12 (8)

麺を食べ終わったにライスをスープに投入。
もう 激辛カレーライスです。

久しぶりでしたが やはり 旨かった。
でも 夕飯がいらないくらい お腹いっぱいになります。

こってり 辛党の方 是非 チャレンジしてみてください。

猪太(その11)
猪太(その10)
猪太(その9)
猪太(その8)
猪太(その7)
猪太(その6)
猪太(その5)
猪太(その4)
猪太(その3)
猪太(その2)
猪太(その1)

住所   千葉県柏市柏3-10-20 柏ストーンハイツ101
電話番号  04-7166-5800
営業時間  11:30~14:30 17:00~22:00(売り切れ次第終了)
定休日   水曜日
駐車場  なし

五感ず(その11)

五感ず11 (1)

柏 東口の「五感ず」に行って来ました。
とっても 美味しい創作料理のお店です。
この日は 2軒目なので 軽めの訪問です。

五感ず11 (2)

この日のお通し。
茄子の甘辛炒めと しめ鯖のマリネと嬉しいお通し。

五感ず11 (3)

1杯目の焼酎は 七田。
とうとうここにも 七田が現れましたね。

五感ず11 (4)

そうなると 和のものが食べたくなります。
鰯のお刺身。
盛りつけも綺麗だから 何となく 美味しさもアップする気がします。

五感ず11 (5)

五感ずと言えば 柏野菜のソーセージのグリル ハーフでお願い致しました。
柏産の珍しい野菜と 肉肉しいソーセージが いい具合にグリルされていて 美味しいですよ。

この日も 楽しい飲みでしたね。
雰囲気も いいですし いつも 混んでいるのは 納得ですよね。

五感ず(その10)
五感ず(その9)
五感ず(その8)
五感ず(その7)
五感ず(その6)
五感ず(その5)
五感ず(その4)
五感ず(その3)
五感ず(その2)
五感ず(その1)

住所     千葉県柏市柏4-9-10 
電話     04-7196-7744
営業時間  17:30~翌 1:00 
定休日    日曜日
駐車場    なし 

リウレザン(その5)

リウレザン5 (1)

柏 東口 メガロスのそばににある「リウレザン」に行って来ました。
この日は ランチを食べてみました。
ここのらんち なかなかいいものを出してます。
また、土曜日は ランチメニュー以外にも 通常メニューも頼むことが出来ます。

ということは 昼飲みを楽しめることが出来るってことですよね。

リウレザン5 (2)

ランチメニューは こちらです。
メインのお魚かお肉を選ぶ形になります。

リウレザン5 (4)

こちらが 夜のメニューの1部。
土曜日のランチだけは、こちらも頼めます。

リウレザン5 (3)

まずは おすすめの白ワイン。

リウレザン5 (5)

前菜の盛り合わせ。
鰹のマリネ・鴨のロースト・玉ねぎのキッシュ・サラダです。
キッシュの玉ねぎの甘さが印象的です。

リウレザン5 (6)

付け合わせのパン。
こちらは お代わり可能です。

リウレザン5 (7)
リウレザン5 (8)
リウレザン5 (9)
リウレザン5 (10)

せっかくなので日本酒の飲み比べセットを利用して この日の日本酒の全種類を頼んでみました。(飲み比べセット 3種1000円)
春らしいもの 貴重なもの 盛り沢山ありますよね。

リウレザン5 (11)

この日の魚のメインは 桜鱒のグリル トマトソース。
パリパリの皮の部分と 脂の乗った身の部分が 美味しい。

リウレザン5 (13)
リウレザン5 (12)

お肉の方は 鶏肉のクリーム煮 バターライス添え。
鶏の旨みと 優しい感じのクリームソースが いい味出してます。
この辺で 思わずパンを追加してしまいました。

リウレザン5 (14)
リウレザン5 (15)

こちらが デザートセットの抹茶のブラン・マンジェとフロマージュ オレンジ添え。
紅茶はポットで出て来るので 2.3杯は飲めます。

小さなお店ですが ブランチをするには いいお店ですよ。

是非 ゆっくりと 楽しんでください。

リウレザン(その4)
リウレザン(その3)
リウレザン(その2)
リウレザン(その1)

住所    柏市柏6-7-8 オーキスビル1F
電話    04-7170-0526
営業時間 11:30~14:30 18:00~22:30 ランチは 木・金・土曜日のみ
定休日  日・祝(定休日の翌日のランチはお休み)
駐車場  なし

たんけ

たんけ (1)

柏東口 匠神 角ふじの2階に新しく出来た「たんけ」に行ってきました。
以前は ステーキ屋さんだった場所ですが 今度は 和食系の居酒屋になります。

たんけ (3)
たんけ (6)

メニューは こんな感じです。
お刺身と焼き魚が 売りのような感じですね。

たんけ (4)

日本酒もなかなかのものを 揃えられていますね。

たんけ (5)

お通しは 魚のマリネ。
立て盛りなので 見た目以上に お魚も入ってましたよ。

たんけ (2)

この日は オープン記念でビールが399円でした。

たんけ (7)

サービス刺し盛り 1000円。
鯛・サーモン・太刀魚・ホウボウ・鰤という内容です。
どれも 美味しそうなお刺身ですよね。

たんけ (8)

他の方が 頼んでいた唐揚げが美味しそうだったので頼んでみました。
通常 3個なのですが 今回は 2個で出してもらいました。
大きくて 下味もしっかりついており 美味しい唐揚げですね。
これなら 3つでも 良かったかもしれなかったです。

この日は もう1軒行きたかったので ここで おしまいです。

まだ 出来たばかりのお店なので 今後が楽しみですね。

住所     千葉県柏市柏4-9-11 2F
電話     04-7168-0244
営業時間  17:00~24:00(仮)
定休日    不定休
駐車場    なし

たけちゃん(その4)

たけちゃん4 (1)

柏の青葉台にある「たけちゃん」に行って来ました。
料理も 美味しいし、焼酎の取り揃えもいいので 地元の方に人気のお店です。

たけちゃん4 (2)
たけちゃん4 (7)
たけちゃん4 (8)

この日のおすすめと定番メニュー。
お一人でやっていらっしゃるのですが、料理の幅も広く おすすめも定期的に変わるので 飽きないお店ですよね。

たけちゃん4 (5)
 
お通しは 鶏とレンコンの甘辛煮。
鶏の脂とレンコンの食感 共にいいです。

たけちゃん4 (6)

カウンターには その日のおすすめ焼酎が並んでいます。
結構 レアなもの置いてあるので 楽しみです。

たけちゃん4 (4)
たけちゃん4 (3)

この日は 嫁と二人で訪問。
まずは 久耀お湯割りと萬膳庵をロックで・・・
ここのロックは かなり量が多いので お得感はあります。

たけちゃん4 (9)

体のためにオニオンスライス。
ポン酢とレモンの酸味と玉ねぎの酸味 トリプル酸味がいいです。

たけちゃん4 (10)

焼きとりは つくね・せせり・モモ・手羽を タレで・・・
特に 手羽は ボリュームがあって おすすめです。
ここは 焼き鳥も おすすめのメニューです。

たけちゃん4 (11)

目光の唐揚げもあったので頼んで滲みました。
淡白な白身の魚ですが 唐揚げにすると 美味しさが一段と増します。
シーズンものですので 見かけると頼みたくなりますよね。

たけちゃん4 (12)

ちょっと変わった焼酎があったので頼んでみました。
「鼻つまみ焼酎」 明るい農村と同じ蔵のものです。
ラベルも面白いのですよね。
ロックで飲んだのですが ラベルほど それほど臭みも感じられず 古酒らしい深みもあって 美味しい焼酎です。
ただ、アルコール度が32%もあるので 飲み方は 注意が必要です。(かなり酔いやすいです)
お湯割りにすると 鼻をつまみたくなるほど臭くなるようですので 気になる方は チャレンジしてみてください。

たけちゃん4 (13)
たけちゃん4 (14)

辛味噌牛もつ石鍋。
牛もつの旨みと辛めの味噌の絡みが いい感じでまじりあい 絶品な味になっています。
辛さもそこそこあります。

たけちゃん4 (15)

最後は 馬刺しの赤身。
サッパリと ニンニクと生姜がまた 合いますね。

駅から 離れていますが 地域密着のお店も いいお店ありますよね。

是非 良かったら 行ってみてくださいね。

たけちゃん(その3)
たけちゃん(その2)
たけちゃん(その1)

住所    柏市青葉台2-3-13
電話    04-7197-6762
営業時間 18:00~24:00
定休日  月曜日 第2火曜日
駐車場  あり

わさび(その7)

和さび7 (1)

久し振りに 夜の「わさび」に行って来ました。
柏駅から 離れていますが ここは いい店ですよ。

和さび7 (2)

酒肴セットも 1人で行ったときは いいですし、季節の土鍋ごはんも絶品です。

和さび7 (7)
和さび7 (8)

メニューは こんな感じ お手頃価格です。

和さび7 (6)
和さび7 (5)

お酒も いい感じの安さですね。
これなら 色々と飲んでみたいな・・・

和さび7 (3)

この日は 少し寒かったので 最初は 安田のお湯割り。
安田のお湯割り なかなかいけますね。

和さび7 (4)

お通しも 帆立の酢味噌和えとやりいかの煮物?と豪勢です。

和さび7 (9)
和さび7 (10)

今回 1番気になった ヤリイカの姿造り。
40cmくらいのヤリイカ いか特有のねっとりした甘さと 鮮度のいいコリコリ感 生姜醤油が 良く合う。
いいもの頂いてしまいました。

和さび7 (11)

体も 温まってきましたので 情け嶋のロックで・・・
情け嶋も 500円で飲るのは 嬉しいです。

和さび7 (12)

鶏のたれ焼。
甘めのタレと 鶏の脂が合いまみれて 美味しいですよね。
山椒や唐辛子をかけて 頂くと もっと美味しいくなります。

和さび7 (13)

葱のグラタン。
熱々の葱が本当に甘かったです。
チーズもたっぷりで 優しい味で美味しかったです。

和さび7 (14)

ホッキ貝の醤油焼き。
貝って 貝殻の上で焼くと 旨みが増しますよね。
お酒が 進みます。

和さび7 (15)
和さび7 (16)

〆は さくら鱒と菜の花の土鍋ごはん。
ここの土鍋ごはんは 他とは 違います。
柏産のお米を使用してますが、ご飯で感動できる美味しさです。

今回も 美味しいもの堪能いたしました。

駅から歩きますが ここまで来る価値はありますよ。

是非 みなさんも 1度行ってみてください 心地良いお店ですよ。

和さび(その6)
和さび(その5)
和さび(その4)
和さび(その3)
和さび(その2)
和さび(その1)

住所 千葉県柏市千代田1-5-50
電話 04-7103-8601
営業時間 11:30-14:00 17:00-22:000
定休日 日曜
駐車場 有

麺屋 音 別邸@北千住

麺屋音 別邸 (1)

北千住にある「麺屋 音 別邸」に行って来ました。
本店の「音」より 少し奥にあるお店です。

麺屋音 別邸 (2)

本店とは 別のメニューなのが嬉しいですね。

麺屋音 別邸 (3)

メニューは こちら。
今 気づきましたが 濃厚海老しばなるものもあるのですね。

麺屋音 別邸 (4)

「音」言えば この金のお盆と 三味線のBGM。

麺屋音 別邸 (5)

こちらでは テイクアウトもあります。
今度買ってみようかな・・・

麺屋音 別邸 (6)

卓上の調味料はこちら。
ここのらーめんは 濃厚なので 締めのご飯が良く合います。
お腹に 入る方は 是非 白飯を追加してくださいね。

麺屋音 別邸 (7)
麺屋音 別邸 (8)

頼んだのは 特製辛痺濃厚味噌 1030円+白飯(小)50円です。
真ん中には 韓国唐辛子が たっぷりとお乗っています。
見た目から かなり やんちゃな感じ・・・

麺屋音 別邸 (9)

辛さが 足らない方には 特製の胡椒です。
これは 是非 入れてほしいアイテムです。

麺屋音 別邸 (10)

海苔をどかすとこんな感じです。
厚切りチャーシューに 牛すじ・煮玉子・めんま、 唐辛子の下には もやしが 入っています。
どの具も なかなかの完成度 具を味わうだけでも 音のレベルの高さが よく分かります。

麺屋音 別邸 (11)
 
麺は 太麺の縮れ麺。
粘度の高いスープがこれでもかというくらいに絡んできます。
スープは コッテリはしていますが それほど辛くはないです。(痺れもそれほどではないです)
特製の 胡椒を入れると もっとスパイシーさがましてさらに 美味しくなります。

麺屋音 別邸 (12)

最後は ご飯にスープと 牛すじを入れておじや風に・・・
これは 堪らんですね。

やんちゃなイメージで頼みましたが 意外と 芯がしっかりと真面目なところも・・・

濃厚さが 売りなので コッテリ好きとしては 他のらーめんも 気になりますよね。

住所     東京都足立区千住4-19-11
電話     03-5284-1139
営業時間  11:30~24:00
定休日    無休
駐車場    なし

鶏味座 柏高島屋ステーションモール店

鶏味座 (1)

柏の高島屋の中にある「鶏味座」に行って来ました。
よくテレビなどで紹介されている 親子丼の美味しいお店ですよね。

この日も並んでおり10分ほど待ちました。

鶏味座

メニューは こちら。
ピンボケですいません。
高島屋の中に入っているお店なので 大体1000円を超えるものが多いです。

鶏味座 (2)
鶏味座 (3)

唐揚げ 黄身とろろ定食 1080円。
唐揚げは かなりのボリューム、ただ 肉本来の味を重視しているせいか 下味があまり付いていないので 意外とあっさりとした唐揚げです。
量は あるのですが がっつり ご飯が進むくんではなく お上品に頂く唐揚げのようです。

鶏味座 (5)
鶏味座 (4)

炭火焼き鳥 そぼろ丼。
焼き鳥とそぼろが一緒に食べたい方には おすすめ。
前回 親子丼を食べたので 次に これって言うのに 向いてます。

鶏味座 (6)

炭火焼鳥丼  レバ入り。
ご定番 の親子丼にレバ焼を追加したものです。
さすが 東京軍鶏の親子丼は 間違いなく美味しいですね。

鶏味座 (7)
鶏味座 (8)
鶏味座 (9)

鶏味座御前。
親子丼と焼き鳥を一緒に食べれるセットです。
親子丼は 醤油?・塩・山椒 のどれかを選べます。
串は レバ・砂肝・ボンジリ・ハツの4種類、東京シャモを使用しているだけあって 流石の美味しさ。
出来れば 身(かしわ)も入れてくれたら もっと嬉しかったですね。

夜は 少し高そうなので まずは ランチがおすすめですね。

親子丼が好きな方には お手頃で かなり 美味しいので おすすめですよ。 

ミート大山 我孫子本店

ミート大山 (1)

我孫子にある 「ミート大山 我孫子本店」に行って来ました。
こちら柏の 有名店 「肉の大山」の元になるお肉屋さんです。
駅から 少し離れていますが とても 美味しいお肉が買えますよ。

我孫子駅 北口には 2号店もあります。

ミート大山 (2)

土・日・祝日は コロッケ3個で110円と超お得です。
実際買ってみましたが 優しい味わいで 美味しい。

ミート大山 (3)

揚げ物のお惣菜も売っています。
売りのメンチコロッケも買ってみましたが、表面カラッと揚がっており いいお肉の脂を使用しているので 相当旨いメンチですね。
ローソンのゲンコツメンチに似ていますが はるかにこちらの方が 美味しいです。

他の惣菜も 美味しそうだったので 次回 もっと 買ってみたいです。

ミート大山 (4)
ミート大山 (6)
 
メインのお肉の方がこちらです。
物が いいので そこそこのお値段はしてしまいますが、食べてみるとわかるのですが どれも 超美味しいお肉たちです。

焼豚も買いましたが おつまみでも らーめんに乗せても 絶品です。
焼豚は当たり・はずれがありますが これは 間違いなく大当たりです。 

ミート大山 (7)

こちらは 和牛上カルビ 100g 780円。
この大きさで 1000円ちょっとですが、もう 焼肉屋さんのお肉ですね。
脂の美味しさが 全然違います。

ミート大山 (5)

奥久慈の 自然卵も 売っていますので 是非、超 ブランド卵ですからね。

いいお肉屋 見つけましたね。
家から 少し遠いのですが また行ってみたいお肉屋さんです。

住所:千葉県我孫子市久寺家2-2-2

女根(その5)

女根5 (1)

最近 お気に入り系の 和食系居酒屋の「女根」に行ってきました。
駅から 少し離れていますが ここはいいものありますよ。

女根5 (2)

この日のメニュー。
一人で行くと ハーフで出してくれるものもありますのでお店の方に聞いてみてください。

女根5 (3)
女根5 (4)

お酒は こんな感じです。
日本酒は 基本内容が変わりますが その他の飲み物も 種類が増えていますね。

女根5 (5)

3月・4月の限定コースメニュー。
特に Aコース ヤバイですよね。
フリー予約の方は タクシーワンメーター代 値引き対象になるようです。
詳しくは お店の方に 聞いてみてください。

女根5 (6)

まずは サンピースハイボール。
キンミヤの蔵で作っているウイスキーのハイボールです。
コップが グリーンですが 中は 普通にウイスキー色です。

女根5 (7)

お通しは 菜の花と大根の煮物。
最初から 春を感じさせますね。

女根5 (8)
女根5 (9)

炙りしめ鯖のハーフ。
辛し醤油で頂きます。
脂ノリノリですが 辛し醤油とも合いますね。
このボリュームも素晴らしい。

女根5 (10)

目光の唐揚げ ハーフ。
目がないんですよね 目光があるとすぐ頼んでしまいます。
小魚の揚げ物系の中では 1番好きかな・・・・

女根5 (11)

たたみいわし酒。
たたみいわしで出汁を取った日本酒です。
これが フグヒレ酒をもっと濃くしたように 出汁が出ていて美味しい。
これは お魚との相性 抜群なお酒です。

女根5 (12)
女根5 (13)

サバカレーwithバケットのハーフ。
ここで出で来る カレー かなり残ったものが 多いです。
それほどスパイシーではありませんが その分 旨みの強いカレーです。
サバカレーライスも メニューにあります。

女根5 (14)
女根5 (15)

〆は この日のお目当て 鯛出汁塩らーめんのハーフ。
骨ごと5時間以上煮込んだスープは 鯛の旨みがぎっしりと甘みを感じられるほど濃厚。
〆には これ最高ですよ。
足らない方は 最後に ご飯を入れても 相当旨いと思います。(ただしメニューはありませんので ご飯だけ頼めるが聞いてみてください)

女根5 (16)

最後は お気持ちの 桜と浅蜊のお吸い物(サービス)。
これも 季節を感じさせて良かったです。

今回も 堪能しました。

チャレンジ精神も 旺盛だし 今後も楽しみなお店です。

女根(その4)
女根(その3)
女根(その2)
女根(その1)

住所      千葉県 柏市 中央1丁目9-16 -2F
電話      04-7164-0022
営業時間   17.:30~翌1:00
定休日     不定休
駐車場     なし

大樽 祐天寺店

大樽祐天寺 (1)

祐天寺にある「大樽」に行って来ました。
本当は 他のお店に行き予定だったのが あるものに惹かれて 思わず入ってしまいました。

大樽祐天寺 (2)

それは こちら。
この時期 暑さ吹き飛ばせなのか よく分かりませんが ビール1杯 100円は 魅力ありますよね。
この系列のお店 日本人の店員が ほぼいないので それでかな・・・

大樽祐天寺 (3)

中は こんな感じです。
これだけ安いのに 思ったより空いていますね。

大樽祐天寺 (4)

お通しの煮物。
これが なかなかいけます。

大樽祐天寺 (5)

早速 100円ビール。
グラスは 少し小さ目です。

大樽祐天寺 (6)
大樽祐天寺 (7)

メニューは こんな感じです。
色々とありますが 250円メニューが メインになりますかね。
サワー 190円は 魅力ありますよね。

大樽祐天寺 (8)

もつ煮。
これで 250円は 悪くないですが ただ お酢が入っているので イメージが少し違います。
慣れれば これは これで いけるのかもしれません。

大樽祐天寺 (9)

大樽と言えば このさんま焼き 1匹 170円です。
鮮度のいいものではありませんが 味は なかなかいい。
ワタの部分も苦みがなく 脂も乗っていて美味しい。
ただ、出て来るのが 早いのが気になります。

大樽祐天寺 (10)

数合わせで ハズレがないポテトサラダも 頼んでみました。
普通に 美味しかったです。

トータル 1000円ちょっと こんな感じでありですかね。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

kou

Author:kou
いいとこみつけたへようこそ!

このサイトは お店側と見て頂いる側とのいい関係を目指しておりますので お店の誹謗中傷的なコメント等があった場合は、勝手に削除させていただくことがあるのでご了承ください。

また、紹介している内容は 訪問当時の内容になります。価格やメニューなど変わっていることもありますので そちらもご了承ください。

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランチ(柏) (227)
ランチ(松戸) (85)
ランチ(その他) (55)
未分類 (0)
らーめん松戸 (253)
らーめん柏 (134)
らーめん東京 (84)
らーめん(その他千葉県内) (18)
居酒屋・BAR(柏) (613)
居酒屋・BAR(松戸) (186)
居酒屋・BAR(その他) (89)
洋食(柏) (14)
洋食(その他) (21)
和食 (130)
中華 (127)
寿司 (27)
焼肉など (48)
エスニック (76)
スイーツ (2)
イベント (128)
おうちdeごはん (5)
日記 (21)
お店 (21)
美味しいお店(東京) (6)
らーめん(その他) (6)
パン (9)
Cafe (8)
昼飲み (4)

Adsense

Adsense2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん