FC2ブログ

いいとこみつけた

柏・松戸を中心に美味しいお得なお店を紹介しています。

二代目 渡来武

渡来武 (1)

この日は 寒さに負けて 思わず寄ってしまいました。
学芸大学 徒歩0分のところにある「二代目 渡来武 」です。

前お店も家系のお店だったのですが イマイチ感があったのですが今度のお店は どうでしょうか?

武蔵家系列で 修行されて オープンさせた方の様です。

渡来武 (2)

メニューは こちら。
典型的な家系らーめんですね。

渡来武 (3)

武蔵家出身ということで きゅうりの漬物あります。

渡来武 (4)

こちらのこだわり。

渡来武 (5)

他の家系と 違うのは この 食べ放題の海苔。(1袋に2枚入ってます。)

渡来武 (6)

ライスも無料なのですが あまり食べれそうもなかったので小にしました。
大・中・小とあり お替わりも可能のようですね。

渡来武 (7)
渡来武 (8)

頼んだのは らーめん 並 680円です。(玉子はサービスで付いてきました)
味は オーソドックスな 武蔵家と同じ 安定の美味しさがあります。

渡来武 (9)

無料の海苔を追加すると こんな感じになります。
家系らーめんで海苔が無料で食べ放題は かなり ポイントが高くなりますよね。

渡来武 (10)

後半は おろしにんにく・おろし生姜・胡麻のトッピングを追加。
こちらも いつもの 安定の美味しさと言うところでしょうか?

店員さんも明るく 元気なので 対応もいいので 来ても 気持ちよくらーめんが食べれます。

家系としては 味も安定してますし ライスも無料でたくさん食べれて 海苔も無料と来たら 家系ファンとしたら 申し分ないお店ですよね。

また駅からも 近く 魅力的な要素がたくさんあるので 今後 はやって来るような気はします。
スポンサーサイト



いよ翠(その5)

いよ翠5 (1)

2018年 最後の〆は 松戸 五香にある「いよ翠」に行って来ました。
ここの焼き鳥 マジで旨いので この日は 予約してきました。
6:00に行ったのに もう一杯 予約してきて良かったです。

いよ翠5 (2)
いよ翠5 (3)

お通しは キャベツとアンパンマンの高野豆腐。

いよ翠5 (4)

飲み物は ボトルを入れてあったので こちらをお湯割りで。

いよ翠5 (5)

最初の1品は ピラミッド。
一般的には ボンジリでと呼ばれているものです。
お肉の部分も付いているので あぶらっぽいものだけでなく 旨みも凄い これは 嵌る1本です。

いよ翠5 (6)
いよ翠5 (7)

多分 お初の 鶏のたたき。
ちょっとイメージ違いましたが 鶏ハムみたいな感じで 美味しかったです。

いよ翠5 (8)

もも・れば ・せせりを タレで・・・
あっさりしたタレで 飽きがこない味ですね。
色んな所で焼き鳥食べますが ここの焼き鳥は ひと味違います。

いよ翠5 (9)

ささみの 梅紫蘇とハツ。
ハツ ヤバイですね。
噛むほど 旨みが出て来ます。

いよ翠5 (10)

軟骨の唐揚げ。
こちらも ちょっと身がが付いているので 唐揚げ的な感覚もある軟骨の唐揚げですね。
コリっとした感覚と 骨の周りのお肉の旨みが 堪りませんよね。

いよ翠5 (11)
いよ翠5 (12)

最後は つくねと手羽先。
ここは どれを食べても 美味しいですね。

相変わらず 満足度が高いお店です。

良かったら 行ってみてください。

いよ翠(その4)
いよ翠(その3)
いよ翠(その2)
いよ翠(その1)

住所   松戸市金ケ作421
電話   047-389-3605
営業時間 17:00~23:00
定休日  水曜日
駐車場  なし

高橋水産 南柏店(その3)

高橋水産南柏店3 (1)

久しぶりに 南柏の「高橋水産」に来てみました。
この日は 2軒目だったので 軽く お酒がメインで飲みたかったので こちらにしました。

高橋水産南柏店3 (2)

いつの間にか 立ち飲み処が出来てました。
最初 寒いかなと思ったら そんなことはなく 中は 温かったですね。

高橋水産南柏店3 (3)
高橋水産南柏店3 (4)
高橋水産南柏店3 (5)

やっぱり この安さが魅力あります。
安いけど それなりにしっかりと食べれるお店でもあります。

高橋水産南柏店3 (6)

まずは チューハイ。
メニューはありませんでしたが 頼めば 出て来るのが有難いです。

高橋水産南柏店3 (7)

鰤の刺身 290円。
この価格なのに なかなか 美味しかったですね。
リピートしたい 1品です。

高橋水産南柏店3 (8)
高橋水産南柏店3 (9)

白味噌ベースのもつ煮。
モツも柔らかく煮込まれていて 中々の逸品。
おすすめと 書いてあっただけはあります。

高橋水産南柏店3 (10)
高橋水産南柏店3 (11)

最後は ポッカポッカの たぬき豆腐。
温かいそばつゆに豆腐にを入れ揚げ玉をかけたものですが 体が温まっていいですね。

今回は 軽くしか食べれませんでしたが 期待以上に この立ち飲みいいですね。

また さくっと飲みたいときに 来てみたいと思います。

高橋水産 南柏店(その2)
高橋水産 南柏店(その1)

住所    千葉県柏市南柏1-6-11
電話    04-7128-8069
営業時間  平日   15:00~23:30
      金土日祝 15:00~24:00
定休日   無休
駐車場   なし

KIKKAKE

kikkake (1)


柏の銀座通りにある「KIKKAKE」に ランチに行って来ました。
前から 気にはなっていたのですが 思っていた雰囲気と全然違うお店でした。
こんな おしゃれなお店だとは 思ってみませんでした。

kikkake (2)

中は ソファなどもあってオシャレですね。
過去の 他の方の履歴を見てみると 内装は かなり 変わっっている感じです。

kikkake (3)
kikkake (5)

こちらは デザートも 優秀みたいです。

kikkake (4)

この日のランチメニュー。
ドリンクが付いてこの価格は まあまあな感じですが 料理を見てみれば 満足感はさらにアップすると思いますよ。

kikkake (6)

プラス 200円で頼んだ ランチワイン。
ミニサイズかと思ったら しっかり1人前 これはお得です。
ジョッキで ビールを飲んでいる方もおられたので ビールも 同様かもしれません。

kikkake (11)

まずは スープ。
野菜たっぷり 優しい味のスープです。

kikkake (7)
kikkake (8)

豚肉と ほうれん草のドリア。
チーズたっぷりのドリアは安定の美味しさですね。
また 付け合わせのサラダの質が 高い。
シャキシャキの見栄えのいい野菜に 自家製のドレッシングが また 美味しい。
このサラダだけでも ポイントは高いです。

kikkake (9)
kikkake (10)

イタリアンハンバーグ。
トマトソース たっぷりの下には チーズが たっぷり入っています。
ハンバーグは  肉の旨みを引き立てた 肉質固めのお味。
しっかりと お肉を 楽しめる ハンバーグですね。

kikkake (12)

こちらも 充実度高い チキンカレープレートですね。
ボリュームもあり 野菜も多く 栄養価的にもバランスもいいです。

kikkake (13)

このチキンカレーは ヤバイほど旨い。
柏には 旨いカレーのお店が 多いですが これは 上位ランクに入りますね。
辛さは それほどではありませんが スパイシーさと旨み 素晴らしいコンビネーションで 口の中を襲ってきます。

kikkake (14)

この ナンに似たものは パラタと言って ナンよりも密度が高く ベーグルのような食感で しっかりとお腹にたまります。
ナン様に甘みもあり カレーとも良く合いますね。

kikkake (15)

こちらが 娘が頼んだ ちょこっとデザートの苺味のベイクドチーズケーキ。
苺の酸味とチーズのコクいいバランス。 
チョコやホイップで味を変えながら 食べれるのもまた いいですね。
大きさも ランチを食べた後に ちょうどいいくらいな大きさでした。

kikkake (16)

最後は おしゃれなカップで 締めです。

こんないい感じのお店なら もっと早く来ておけば良かったです。

今度 夜も来てみたいと 感じたお店でした。

住所      千葉県柏市柏3-3-17 サザナミビル 2F
電話      04-7100-2233
営業時間   11:00~22:00(L.O)21:00
定休日     不定休
駐車場     なし

てけてけ(その2)

てけてけ2 (1)

柏の西口の「てけてけ」に来てみました。
前回同様「サカノトモ」の後に寄ってみました。
魚食べたら 肉も 食べたくなりますからね。
近いのもあるのですが・・・

チェーン店なのですが 軽く焼き鳥を食べたいなら 魅力があるお店です。

てけてけ2 (2)

焼き鳥も安いのですが 飲物の安さも魅力ありますよね。

てけてけ2 (3)

夜も 定食があるのですね。
飲み物1杯つて この価格は 魅力です。

てけてけ2 (4)

こちらがメニュー。

てけてけ2 (5)

オーダーは こちらのタブレットで・・・・
メニューが 多いと探すのがめんどくさいです。

てけてけ2 (6)
てけてけ2 (7)

お通しのキャベツとデカビール。
キャベツは 味噌が絶品 お替わりも可能です。
これが結構 病み付きになります。
サラダを頼まなくでもいいくらい満足度があります。

デカビールは これで 確か 399円。
安さは 魅力的ですが 後はつぎ方かな・・・3分ほど置いて 普通となりました。

てけてけ2 (8)

焼き鳥が 出て来るのに 10~20分ほどかかるので 場つなぎに やみつき鶏皮 299円を追加。
お通しのきゃべつとの相性も いいです。

てけてけ2 (10)

やっと 焼き鳥盛り合わせの到着。
6本で 499円は 安いですよね。
味は よくスーパの前で売ってる屋台の焼き鳥屋レベル この価格なら 十分ありと言うところですね。
炭香りがしたので 炭で焼いてるのかな・・・ 

焼き鳥が出て来るまで時間がかかるのは 課題ですが 焼き鳥で軽く一杯には ここは いいお店ですね。

てけてけ(その1)

住所      千葉県柏市旭町1-1-4 アサノビル B1F
電話      050-2018-7665
営業時間   【月~土】17:00~23:30(LO.22:30)
         【日・祝】17:00~23:00(LO.22:00)
定休日     無休
駐車場     なし

じんざえ門(その2)

じんざえもん2 (1)

大衆酒場 「くろ」の後は 有名な 「じんざえ門」に来てみました。
相変わらず 人気ありますね。
安くて ボリュームがあるので サラリーマンが 一杯ひっかていくには ちょうどいいですもんね。

じんざえもん2 (2)
じんざえもん2 (3)
じんざえもん2 (4)

メニュー。
品種も 多く どれもリーズナブルです。

じんざえもん2 (5)

お通しは きくらげとメンマ。
これは 食感があるのが 特長程度です。

じんざえもん2 (6)

飲み物は チューハイにしました。
ジョッキも 大きいし 飲みやすい チューハイで良いですね。

じんざえもん2 (7)

のっけ盛り 580円。
この日は 鮪・サーモン・たこ・しめ鯖・つぶ貝の5点盛り。
味は スーパーレベルですが この価格で このボリュームで 提供する頑張りを評価したいです。

じんざえもん2 (8)

これが うわさのポテトサラダ 390円。
約5人前くらいですかね。
ポテサラ 好きだから 食べれるだろうと思って頼んだのですが 1人で 2軒目に頼むには 少し危険がありました。
なんとか 完食しましたが かなり苦しかったです。

2品しか 頼めなかったですが  かなり 満足しました。

このお店は このお店なりの楽しみ方があると思います。

サカノトモ(その2)

サカナノトモ2 (1)

柏東口 そばにある「サカノトモ」に来てみました。
前回 訪れてから ずっと気になっていたのですが 来れていなかったお店です。
リーズナブルで 魅力のありそうなお店だったので どうなったか楽しみです。

サカナノトモ2 (2)

日本酒 焼酎とも 結構の品数揃えてあります。
これ以外にも 棚に並んでいるものもすようですので よく見といた方がいいですよ。

サカナノトモ2 (3)
サカナノトモ2 (4)
サカナノトモ2 (5)

メニューは かなり増えましたね。
素材も こだわりのものも多そうだし 気になるところです。

サカナノトモ2 (6)

こちらが 選べるお通し。
カウンターで飲めば お通しは 頼まなくでも大丈夫です。
ただし カウンターは 立ち飲みになります。

サカナノトモ2 (7)

まずは ハイボール。
かなり 強炭酸で 美味しい。

サカナノトモ2 (8)

まずは おでん盛り合わせ 500円。
1個1個は小さ目ですが 鯛の出汁は あっさりとして 美味しい。
おでんは 6個くらい 入ってました。

サカナノトモ2 (9)

黄金鰺のなめろう。
それほど ボリュームはありませんでしたが さすが 黄金鰺だけあって 旨いね。

サカナノトモ2 (10)

穴子の天ぷら 250円。
1貫と書いてあったので どんなものかと思ったのですが 1pcsみたいでした。
お塩で 頂く形でしたが 天つゆがあっても 良かった気もします。

他の料理も 気になるものが たくさん。

立ち飲みなので 長居をするという感じではありませんが ちょっくら飲むには いいお店ですよね。

サカナノトモ(その1)

住所    千葉県柏市末広町4-5
電話    04-7157-1354
営業時間 17:00~24;00
定休日   日曜日
駐車場   なし

大衆酒場 くろ@北千住

くろ北千住 (1)

この日は 北千住で ちょい飲み はしご酒 1軒目はこちら「大衆酒場 くろ」です。
新しいお店みたいですが ビール1杯無料に惹かれて入ってしまいました。

くろ北千住 (2)
くろ北千住 (3)

メニューは こちら。
串は お手頃な価格でしょうか?
その他の料理 全体的に リーズナブルですね。
飲み物は レモンサワーが 人気があるようです。
ほとんどの方が レモンサワー飲んでいました。

くろ北千住 (4)

まずは 無料のビール。
この大きさで 無料は 有難いです。

くろ北千住 (5)

ねぎマグロブツ 380円。
見た目は 普通でしたが 結構美味しかったです。

くろ北千住 (6)

名物のカレーおでん 3点盛り。
これで280円は 嬉しいですね。
中身は 大根・こんにゃく・ロールキャベツ。
思ったより スパイシーなスープで いけますね。
冬には 安くて 温かい1品は 非常に 重宝です。

くろ北千住 (7)
くろ北千住 (8)
くろ北千住 (9)

串は 豚バラ・レバ・ももを頼みました。
お値段も それなりだったので 今回塩で 頼んでしましたが タレもおすすめみたいです。
レバは なかなか いい感じでしたね。

15:00~ 早くからやっているし、店員さんの対応も 悪くなく良かったです。 
締めには お蕎麦もありますので そういう使い方もありそうですよね。

一人でも良し しっかりでも飲めそうだし 使い勝手の良さそうなお店ですね。

プリュファン(その10)

プリュファン10 (1)

柏の長全寺通り沿いにある「プリュファン」 に行って来ました。
豚肉に特化したお店なので 普段は やってくれないのですが 特別なお願いさせて頂いて 来てみました。

プリュファン10 (2)

まずは おすすめ 白ワインを2種類。

プリュファン10 (3)

箸休めように 季節の野菜のピクルスをオーダー。
しっかり漬かっているので 箸休めもいいですが 口直しにもいいですよ。

プリュファン10 (4)

お通し替わりのパン。
こちらは お代わり可能です。
今回のセサミパン 焦げ加減(焼き加減)も含めて絶品でした。

プリュファン10 (5)
プリュファン10 (6)

こちらが 無理してお願いした 牡蠣グラタン。(通常メニューでは ないメニューです)
嫁が 牡蠣が苦手だったのですが 美味しい牡蠣なら 食べれるかもということだったので 通常はないメニューなのでですが 特別に作って頂きました。
1人1人前だったので どうかと思ったのですが まさか 完食して また 食べたい言っているくらいでした。

プリュファン10 (7)

また、牡蠣の旨みが移った デシャメルソースにパンを付けて食べるのも 最高に美味しいです。
ちなみ 牡蠣グラタンはありませんが、他のグラタンはある時はあります。

プリュファン10 (9)

この辺で 魚介も終わったので メインのために 赤ワインを頂きます。

プリュファン10 (8)

この日のメインは ソーセージの3種盛り合わせ。
鶏もも肉のピリ辛チョリソー・ブルーチーズ風味のブータンブラン・モルタデッラの3種です。
特に ブルーチーズのやつが良かったですね。
ブルーチーズの風味もあるのに 肉の味と交わることによって 食べづらいブルーチーズも 旨いに変化しますね。

プリュファン10 (10)

この辺で また パンを頼んでしましました。

プリュファン10 (11)

最後の〆デザートは 小倉のチーズケーキとガトーショコラとバニラアイス。
こちらも 美味しかったです。

そんなに食べた気はないのですが お腹は大満足 そして どれも美味しかった。

相変わらず ここは いいお店ですね。

是非 利用してみてください。

プリュファン(その9)
プリュファン(その8)
プリュファン(その7)
プリュファン(その6)
プリュファン(その5)
プリュファン(その4)
プリュファン(その3)
プリュファン(その2)
プリュファン(その1)

住所    千葉県柏市柏3-4-21 コーマス柏1F
電話     080-9675-2929
営業時間  17:00~23:00(L.O.21:30)       
定休日   火曜日・第1月曜日・第3月曜日
駐車場   なし

なな福(その4)

なな福4 (1)

柏の東口の「なな福」に行って来ました。
この日 2軒目なので 軽くでの 訪問です。
飛騨のお酒と料理を中心に頼んでみました。

なな福4 (2)
なな福4 (4)

飛騨のお酒メニューと本日のおすすめ。

なな福4 (3)
なな福4 (5)

飛騨のお酒は こんな感じです。
奥飛騨VODKAは アルコール度 55℃ これは ちょっと ヤバイね。
1杯飲むのに お水かなり頂いてしまいました。

なな福4 (6)

お通しはこちら。
帆立とカマンベールの生ハム巻・茄子の煮びたしと椎茸の煮物・リンゴのコンポートと干しぶどうと 盛り合わせ多数。

チョビチョビと 美味しく頂きました。

なな福4 (7)

お腹も いっぱいだったので 軽めなものから あかづけ。
あぶらげを煮て焼いたもの。
これが いいつまみになります。

なな福4 (8)

飛騨のつまみと言ったら 漬物ステーキ。
漬物とは 違ういいつまみになります。

この後も 少し飲んで ご馳走様です。

雰囲気も よく 落ち着きますし 軽く飲むにも いいお店ですね。

なな福(その3)
なな福(その2)
なな福(その1)

住所    柏市柏5-2-4
電話    04-7151-0668
営業時間 17::0~23:30
定休日   日曜日
駐車場   なし

珍来 柏東口店(その3)

来 柏東口店3 (1)

柏の東口にある「珍来」に行って来ました。
ビルが 新しくなってから 初の訪問です。
この 中華料理屋さんぽくない造りが またいいですね。

最近 表に貼ってある 限定メニューが気になっていました。

ここに来るのも 5年ぶりだったようです。 楽しみですね。

来 柏東口店3 (2)
 
それが こちらの3種類。
3者三様のらーめんですよね。
入る前は 真ん中でしたが 入ってしまうと どれにするか相当悩んでしまいした。

来 柏東口店3 (3)

こちらが 定番メニュー。
なんか 懐かしいですね。
ここは 自分が 中学生くらいから来ていたお店なので 形は変わっても 存在してくれることが嬉しいです。

来 柏東口店3 (4)

なかは こんな感じです。
展示物も よく見ると楽しそうです。

来 柏東口店3 (5)

トイレを探していたら 無いので 店員さんに聞いたら ここだったようです。
どうも 隠し扉となっていて 右の本を押すと 扉が開くようになっています。

来 柏東口店3 (6)

やっぱり 初心に戻って 麻辣ニラ麺にしました。
見た目から インパクト バッチリです。

来 柏東口店3 (7)

こんだけ ニラを小さく刻みのは 大変ですよね。
残念ながら あんまり ニラの香りは それほど 強くはないです。

来 柏東口店3 (8)

まず 一口 麺を食べると これが 珍来の麺だと 懐かしさがこみ上げてきます。
こしのある 素朴な感じが また、いいですね。
辛さも それほどでもなく 台湾らーめんのニラ たっぷりめと言う感じです。
久しぶりに食べた 珍来のらーめん 懐かしくて美味しかったですね。

機械があれば 後2種類も 食べてみたいですね。

珍来 柏東口店(その2)
珍来 柏東口店(その1)

住所     千葉県柏市柏1-7-1 DayOneタワー 1F
電話     04-7197-5050
営業時間  11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日   無休
駐車場   なし

泰生(その2)

泰生2 (1)

北千住 東口 徒歩0分にある「泰生」に行って来ました。
よくこの場所のお店が 変わるのですが 今回の店は 気になるお店なんですよね。

泰生2 (2)

メニューはこちら。
食欲がなかったので さくっと行きたかったので いいメニュー見つけてしまいました。

泰生2 (3)
泰生2 (4)

それは こちら ミニラーメン 500円。 醤油と塩味があるのですが 塩味にしました。
ここの特徴は こしのある麺と、こののど越しが 好きなんですよね。
スープは 旨みたっぷりの いわゆる出汁の効いたお茶漬け系 するっと いけてしまいます。
チャーシューも とろける系で旨いし、海苔の風味も バッチリ活きています。

飲んだ後などにも さらっといくには いいらーめんと思います。

駅そばなので 是非 はやって欲しいですね。

お粥屋さん(その2)

お粥屋さん3 (1)

南柏 西口に出来た「お粥屋さん」に行って来ました。

ここに来るのも オープンしたて以来だったのに 久しぶりきたのに覚えてくれたのは嬉しかったですね。

お粥屋と言っても 夜は お粥が食べれる居酒屋さんのようなものです。

久しぶりに来て どんなふうに変わったのか楽しみです。

お粥屋さん3 (2)

まずは ちょい飲みセットのようなものが出来たようです。
おつまみ3点プラス ビールで 780円は 安いです。

ダレヤメと書かれていますが 九州の言葉で 一杯のお酒を飲むことによって、今日の仕事の疲れをとり、ストレスを癒し、 気分を切り替え明日への活力を養うことができることみたいです。

今回も2軒目だったので 軽く1杯飲みたかったので 最適なお店を発見しました。

お粥屋さん3 (3)

お粥も トッピングも増えましたね。

お粥屋さん3 (4)

壁には 日替わりのメニューが 書いてあます。

お粥屋さん3 (6)
お粥屋さん3 (7)
お粥屋さん3 (8)

まずは ダレヤメセットお願いしました。
このの内容は 鶏むねの唐揚げ・白い麻婆豆腐・ポトフの3点盛り。
これに ビールが ついて 780円は かなりお得だと思いますよ。
家庭的な お味でしたが とても 美味しかったです。

お粥屋さん3 (10)
お粥屋さん3 (11)

この日は 金曜日だったので 鶏刺しがあるということでお願いしました。
女将さんの実家が 鹿児島で 鶏やさんをやっていて そこで捌いたものを送ってくれるということなので 鮮度がいいこと 普段 鶏刺しなどは あまり頼まないのですが これは かなり おすすめですね。

お粥屋さん3 (12)

そうなると 焼酎が飲みたくなってきます。
鹿児島の現地しか売っていない 伊佐舞も頂きました。
このたっぷりな量で500円は 何とも嬉しい。
白麹ながら ほんのり癖があって 鶏刺しには ベストマッチでした。

〆に あっさりとお粥も食べれるし いい感じに 楽しめましね。

南柏駅をご使用の方 ちょっと盛り足りないなと思った時 お粥やダレヤメセットなども ありだと思いますよ。

お粥屋さん(その1)

住所     柏市南柏1-1-8 MOMOビル 3F
電話     04-7103-8174
営業時間  11:30~15:00 18:00~22:00
定休日    火曜日終日 日曜ディナータイム
駐車場    なし

麺屋 藤代

藤代 (1)

柏の 西口のあさひ通りに新しく出来た「麺屋 藤代」に行って来ました。
柏市場にある 「流星」の2号店にあたります。
こちらは 鶏白湯をメインとしたお店ですね。

藤代 (2)

ちょっと分かりづらいですが 極めが あっさりで 匠が こってりのイメージになります。
他に 醤油ベースのらーめんもあるようですね。
店長の 一発ギャグは まだ 未発売の様でした。

藤代 (3)

こちらが こだわり。
字が小さくてその場では 良く読めませんでしたが 帰って 写真で内容を確認。
結局 読むより食べてみる方が 分かり易いかもしれません。

藤代 (4)

カウンターには 変わったものが・・・
少し 試してみましたが 私には よく分からなかったので 今度 再チャレンジしてみたいです。

藤代 (5)
藤代 (6)

頼んだのは 白湯の匠の方。
スープは 鶏白湯というより 家系にも近く かえしにサバ節・カツオ節・煮干などを使用しているせいか ほのかな苦みがあります。
その苦みが独特の個性を出して 他ではない味に仕上げてあります。
麺も具材も 完成度は高く オープンしたてのらーめん屋さんとしては 上々の出来ですね。

これからどうなっていくか 分かりませんが らーめん自体は 美味しかったので 今後が 楽しみなお店だと思います。

住所     千葉県柏市旭町1-11-3 バロンビル 1F
電話     04-7170-1010
営業時間  11:00~
定休日    無休
駐車場    なし

たけちゃん(その7)

たけちゃん7 (1)

柏の青葉台にある「たけちゃん」に行ってきました。
焼酎好きな 私には ここは 壺にはまりやすいお店ですね。

たけちゃん7 (3)

中はこんな感じです。
他に カウンターに7人くらい座れるかな・・・
照明が オレンジ色なので 写真は 少し写りづらくなっています。

たけちゃん7 (2)

この日の おすすめ。

たけちゃん7 (6)

お通しは あったかい 蓮のきんぴら。
この時期は このあったかいが 大事ですよね。

たけちゃん7 (4)
たけちゃん7 (5)

飲み物は、 七田と佐藤の黒。
焼酎をこの大きさのグラスで出してくるお店がありますが この半分くらいしか 入れないお店も ありますからね。
それを 考えると かなりお得です。(ちなみに 七田 550円 佐藤の黒(価格載っていませんでした)

たけちゃん7 (7)

厚揚げ。
シンプルなんですが 専用のだし醤油が また 旨いです。

たけちゃん7 (8)
たけちゃん7 (9)

焼き鳥 5本盛り。
内容は選べませんが この日は もつ・かわ・レバ・ハツ・なんこつ。
色んなところに食べに行きますが ここの 焼き鳥 中々の高レベル はずれがなくて 満足感が高いです。

たけちゃん7 (10)
 
飲んことがなかったので 飲んでみました 橙華です。
新品種のサツマイモ「ハマコマチ」を使用した焼酎なので お湯割りも良かったのですが、元の味を知りたったので ロックしてしまいました。
さつま芋 甘い香りが またいいですね。

たけちゃん7 (11)
たけちゃん7 (12)

寒くなってきたので 辛味噌牛もつ石鍋。
辛さは それほどではありませんが 旨みコクが強く こってりと美味しい鍋です。

たけちゃん7 (13)

最後は お餅と茄子の揚げ出汁。
こんな やばいメニューも あったのですね。
茄子は とろ~り 餅は揚げてあるので 出汁が良く滲みています。

料理も 旨いし お酒も しっかりと飲めるいいお店ですね。

是非 ご近所の方 いかがでしょう。

たけちゃん(その6)
たけちゃん(その5)
たけちゃん(その4)
たけちゃん(その3)
たけちゃん(その2)
たけちゃん(その1)

住所    柏市青葉台2-3-13
電話    04-7197-6762
営業時間 18:00~24:00
定休日  月曜日 第2火曜日
駐車場  あり

いぶし銀(その5)

いぶし銀5 (1)

嫁が 辛いものが食べたいことで 松戸の「いぶし銀」に来てみました。
土曜日のお昼に行ったのでが 5分ほど待ちました。
以前に比べて ご主人も明るくなったので それも 影響してしるのでしょうかね。

いぶし銀5 (2)

メニューは こちら。
新メニューとして 黒ゴマの担々麺が増えた様です。

いぶし銀5 (3)

まずは 汁なしの白胡麻。
相変わらず ナッツと肉味噌がたっぷりと 好印象です。
辛さ・痺れ ともに 3にしましたが 結構な 辛さです。
コクがあって 旨みと辛さの共存がいいですね。

いぶし銀5 (4)
いぶし銀5 (6)

坦々麺の黒ゴマ 辛さ3 シビレ3です。
黒の方が 辛さが引き立っていますね。
胡麻の風味は こっちの方が 強いかも・・・
逆に こってりとしたコクは 白胡麻の方がありますね。

いぶし銀5 (5)

やはり ここの担々麺には ご飯が良く合います。

いぶし銀5 (7)

丼から ひき肉を集めて 辛いスープをかけて食べる 飯は 何とも言えない美味しさです。

今日も 辛旨 とっても良かったです。

いぶし銀(その4)
いぶし銀(その3)
いぶし銀(その2)
いぶし銀(その1)

住所     千葉県松戸市本町18-3
電話     047-366-1010
営業時間  11:00~23:00(22:45L.O.)
定休日    不定休
駐車場    なし

石井@北千住

石井 北千住 (1)

北千住にある 「石井」に行って来ました。
この通りは 相変わらず 活気がありますね。
入れなくて 3軒目にチャレンジしたのが こちらでした。

石井 北千住 (2)

まずは お通しの 昆布と バリキング(スタミナ系のサワーの様です)。

石井 北千住 (3)

中には こんなことが書いてあります。
席数 12席 通路型の狭い店内に ボリュームのある安い料理と場所柄を考慮すると この手の考え方も お店を維持するのは必要なのかもしれませんね。
お店の方も いい感じ方で 雰囲気も良かったです。
ただ、お酒があまり飲めない方には 向いていないのは 間違いないですね。

石井 北千住 (4)
石井 北千住 (5)

焼き鳥は 1本 100円~ その他の料理もリーズナブル。

石井 北千住 (7)

日本酒や 焼酎も しっかりと 取り揃えています。
少し  お得な メガ系 ドリンクもあるようです。

石井 北千住 (6)

まずは ポテサラ。
価格の割には ボリュームあります。
味も なかなか いい感じ。

石井 北千住 (8)石井 北千住 (9)

1番人気の「やわらかゆでレバー」
ヤバイほど 旨いです。
まことやの ネギ塩レバのような感じで レバを絶妙な茹で方してますね。
特製味噌と ネギの香味 ごま油の風味で 味付けされたレバの旨みが 病みつきになる 美味しさを醸し出しています。

石井 北千住 (10)
石井 北千住 (11)

ゆで豚カルビ。
3種類の味(特製味噌・八丁味噌・梅肉)が茹でた豚の身と良く合います。

石井 北千住 (13)

この辺で トマトハイを追加。
30分で1杯のペースなら 普通なら 楽勝と言えば 楽勝です。

石井 北千住 (12)

串の レバ・ねぎとり・ぼんじりを頼んだら まさかのこのボリューム。
レバ・ねぎとりは 100円で これは かなりお得ですね。
それも レバなんか 持つところがないくらい大きさです。

石井 北千住 (14)

今度は お疲れさんサワー行きました。

石井 北千住 (15)

最後は、数量限定の 特上ねぎタン塩。
特上かは よく分かりませんが 美味しい豚タンでした。

どれも 美味しかったし お得感もありいいお店ですね。

さすが 北千住 いいお店がありますね。


いっぽ(その8)

いっぽ8 (1)

柏の 西口にある「いっぽ」に行って来ました。
がっつり系と お刺身の質高さを併せ持った 珍しいタイプのお店ですね。
なかなか 一人で来れなかったのですが 久しぶりに来てみました。

いっぽ8 (2)
いっぽ8 (3)
いっぽ8 (4)

メニューが 凄んですよね。
それも どれも 気になるものばかりです。

いっぽ8 (5)
いっぽ8 (6)

お通しも ボリュームあります。
この日は ミニおでんと 鮪のあえ物。

いっぽ8 (7)

とりのささみ(わさび)を頼んだらこの大きさ。
通常の2倍の大きさはありますね。
食べ応えあって 美味しかった。

いっぽ8 (8)
いっぽ8 (9)

鰤のお刺身。
この厚さがたまりませんよね。
脂の乗りと言い このレベルの鰤ならば 下手な 鮪より 絶対に美味しいです。

いっぽ8 (10)
 
この辺で バイスサワー。
瓶で出て来るので 中を頼めば もう1杯飲めるのも有難いです。

いっぽ8 (11)
いっぽ8 (12)

最後は 秋刀魚の梅肉ソテー。
秋刀魚の脂と梅肉の酸味が良く合いますね。
秋刀魚も このような形に加工してもらうと ぐっと食べやすくなるので 魚離れの解消につながりそうです。

今回は ひとりでしたが 3品+お通しと 意外と食べれましたね。

この日も カウンターも ほぼいっぱいだったし 一人でも 楽しめるお店だと 再発見しました。

いっぽ(その7)
いっぽ(その6)
いっぽ(その5)
いっぽ(その4)
いっぽ(その3)
いっぽ(その2)
いっぽ(その1)

住所 柏市明原2-8-22 向学社ビル1F
電話     04-7105-7089
営業時間  17:30~23:00(Last Order)
定休日   不定休
駐車場   なし

あん

あん (1)

増尾にある焼き鳥屋さん「あん」に行って来ました。
地域密着型のお店で 昔から 気になっていたお店です。
今回 珍しく 南増尾に早めに帰れたので ちょっと寄ってみました。

ただ、2軒目なので 軽めの訪問です。

あん (2)
あん (3)
あん (4)あん (6)

メニューは こんな感じです。

あん (5)

まずは ホッピーを頂きました。
グラスが キンキンに冷えているのがいいですね。

あん (7)

お通しは さつま揚げのおでん。
熱々で 出してくれましたね。 寒くなってきたので有難いです。

あん (8)

わさびさきいか 400円。
これが 絶妙なピリ辛感 これが 近くで売っていたら 絶対買いたいですね。

あん (9)

豚バラ。
赤身お肉もしっかりあってジューシー。
豚バラはお店によって焼きも味も 様々で 楽しみです。

あん (10)

つくねは 小判型 ほんのり甘いタレも良いですね。
肉質も 柔らく ぺろりと頂いてしまいました。

あん (11)

もも。
ここは しっかり焼きかな・・・
その分 肉の旨みが 詰まっている感じがします。

あん (12)

最後は レバ。
わさびをつけて食べるのも変わっていますが ボリュームもあっていいですね。
こっちは レバらしいいい感じの火の通し方で 美味しかったです。

お店の方も いい感じでしたし もっと通えば もっと楽しめそうな お店ですね。

住所      千葉県柏市加賀3-17-13
電話      04-7173-5963
営業時間
定休日
駐車場    なし

友絆酒房 紙や(その2)

紙や2 (1)

この日は 久しぶりに五香に来てみました。
前回 ランチにも来たのですが 夜もよさそうな雰囲気だったので さっそく来てみました。
地元密着型の 居酒屋さんですが なかなか いいものありそうですよ。

紙や2 (3)
紙や2 (4)
紙や2 (5)

メニューも いい感じですね。
お手頃だし 気に なるものも多数ありますよね。

紙や2 (2)
紙や2 (6)

まずは チューハイと お通しのポテサラ。
ポテサラは しっとりタイプで 味が濃いですね。
このタイプの ポテサラが 好きなんですよ。

紙や2 (7)

ネギトロ(本マグロ入り)
価格も価格なんで 量は あまりないのですが 味は なかなか・・・
なんか 壺に はまってしまう 味付けなんですよね。

紙や2 (8)

秋刀魚の開き なんと300円。
それほど 大きくはありませんが 脂も乗って美味しかったですね。
干し物なので 旨みも凝縮してました。

紙や2 (9)

この辺で ハイボール。

紙や2 (10)
紙や2 (11)

最後の〆は 富士宮焼きそば。
マスターが 富士宮の出身のようで 現地から 食材を取り寄せて 作っている本物の富士宮焼きそばです。
実際 食べてみると マジで旨いですね。
麺のこしの具合といい ソースの独特の甘さ 油かすのこくといい これが B-1グランプリで 優勝しただけことは あります。

これを 食べに来るだけでも 価値は あると思います。

思ったより いい感じのお店でした。

また、来るときが 楽しみですね。

友絆酒房 紙や(その1)

住所     千葉県松戸市常盤平5-28-5 ジュウェル常盤平1-3
電話     047-389-4514
営業時間  ランチ:11:30〜14:00 LO13:30  ディナー:17:00〜24:00 LO24:00
定休日    不定休
駐車場    なし

串郎(その26)

串郎26 (1)

柏の光が丘にある「串郎」に行って来ました。
この日は 南柏でやっていた イベントに行ったのですが、特に変わったものもなかったので その後 こちらに来てみました。

串郎26 (2)

11月のおすすめ。
アップされる頃は 12月だと思いますが 月替わりのメニューがあるので 定期的来やすいですよね。

串郎26 (3)

昼飲みだったので 軽めに ビールにしました。
瓶ビール 一人で飲むのは 久しぶりです。

串郎26 (4)

最近 こちらで売られている万能タレ。
むね肉やささみなどを 軽く絡めるだけでも 肉が柔らくなって 味もしっかりと付きます。
かなり重宝な タレです。

串郎26 (5)

ちくわのおつまみ。
半分にカットされたちくわに 梅肉タレ枝豆を乗せたものです。
意外と いいつまみですね。

串郎26 (6)

ラム串 1本100円。
それほど癖もなく これなら 何本でもいけてしまします。
焼き鳥・やきとんに飽き気味な時に これがあるといいかも・・・

串郎26 (7)

先ほどの タレに付け込んだ 唐揚げ。
胸肉なんですが 本当に 柔らくて 下味がしっかりと付いてます。
作るところ見てましたが 軽くタレに絡めて 粉を付けるだけで この味を出せるなら お手軽で いいですよね。

今回は 早めの時間だったので このくらいで 終了です。

この日は ビールを飲みましたが 焼酎好きには このお店は 堪らない いいお店ですよね。

串郎(その25)
串郎(その24)
串郎(その23)
串郎(その22)
串郎(その21)
串郎(その20)
串郎(その19)
串郎(その18)
串郎(その17)
串郎(その16)
串郎(その15)
串郎(その14)
串郎(その13)
串郎(その12)
串郎(その11)
串郎(その10)
串郎(その9)
串郎(その8)
串郎(その7)
串郎(その6)
串郎(その5)
串郎(その4)
串郎(その3)
串郎(その2)
串郎(その1)

住所    柏市光ヶ丘2-14-14
電話    04-7100-1453
営業時間  12:00~22:00
定休日   月曜日
駐車場   なし



壱道(その2)

壱道2 (1)

松戸木根内にある「壱道」に行ってきました。
繁華街にあるお店では ないのですが 昔から頑張っているお店ですね。

壱道2 (2)
壱道2 (3)

昔からの定食屋さんですね。
メニューは 豊富です。
今回で 2回目ですが ボリュームがありお店です。

壱道2 (4)

お酒が飲めるようですが お近くに住んでいないと ここは むずいかしいかな・・・
駅からも離れているし バスなども 近くを通っているかは よく分かりません。
詳しい方いたら教えてください。

壱道2 (5)

こっちのジャンボメニューも気になりますね。
かなり凄いのが出て来そうですね。

壱道2 (6)

壱道らーめん定食 980円。
定食にすると ライスと小鉢、漬物が プラスされるようです。
らーめんも 見た目以上に ボリュームもあるので 定食は相当食べ応えがあります。

壱道2 (7)

今回の小鉢は チキンのトマト煮でした。
これで 1セット みたいなものです。

壱道2 (8)
壱道2 (9)

壱道らーめんは クリーミーな味噌味。
味噌に細麺は 珍しいですが このクリーミーな味には合っています。
麺の上には もやしがたっぷりと乗っているので 少なめの二郎タイプに匹敵するくらいのボリュームはあります。
味噌に 紅ショウガが乗っているのも珍しいのですが この味噌味とは 良く合うのも面白いです。

今どきのらーめんと違う 独自路線のらーめんですが これはこれで かなり美味しかった。

他の定食も 気になるものばかり 来訪が 楽しみなお店ですね。

壱道(その1)

住所    千葉県松戸市根木内351-17
電話    047-341-7371
営業時間  11:00~
定休日   水曜日
駐車場   あり

和楽(その7)

和楽7 (1)

柏 東口のある「和楽」に行って来ました。
冬と言ったら 鍋 食べたくなりますよね。
それも 家では食べれないレベルの 鍋が 食べたい ここには そういう鍋がありますよ。

和楽7 (2)

この日のおすすめメニュー。

和楽7 (3)

ここは お通しも 豪華。
この日は 肉じゃが・アオサ入り玉子焼き・鰤の握りの3点盛り。
これだけでも 結構なボリュームありました。

和楽7 (4)

ここの 代表格の1つ 牛筋のピリ辛煮込み。
すじ以外も 赤身の部分もたっぷりで 食べ応えももありますよ。

和楽7 (6)

若鳥の唐揚げ。
下味が しっかりと滲みて美味しかったです。

和楽7 (7)

ズワイガニのクリームコロッケ。
ヤバ 蟹の風味がずっしり、また 自家製のソースが 旨いんです。

和楽7 (5)

この日 メインは こちら。
まずは、鰹出汁のスープでです。

和楽7 (8)
和楽7 (10)

そして 本日のメインディッシュは、鰤のしゃぶしゃぶです。
八幡鰤と言う養殖の鰤ですが 脂もしっかりと 臭みもなく 鰤しゃぶには 最適な鰤です。
生で食べれる鰤のなので 半生くらいがベストです。
金粉が 鮮やか・・・

和楽7 (9)

薬味は 定番のわけぎと紅葉おろしと特製ポン酢で頂きます。

和楽7 (11)

まずは 野菜を入れて甘みをプラスします。

和楽7 (12)

そして ぶりを軽く しゃぶしゃぶと・・・   もうたまりませんよね。

和楽7 (13)

最後は 最初に頼んだ出汁巻たまごで完了です。

本当は 鍋の〆も頼みたかったのですが もう お腹もかなりいっぱいになってしまって 諦めました。

念願の 鰤しゃぶ 美味しかったですね。

これからのシーズン 鍋は楽しみですね。 
ここの鰤しゃぶは 1人前から頼めるもいいですね。(今回の写真は2人前です。)

和楽(その6)
和楽(その5)
和楽(その4)
和楽(その3)
和楽(その2)
和楽(その1)

住所    千葉県柏市柏3-2-6 KSビル1F
電話    04-7192-8630
営業時間 17:00~24:00(LO23:30)
定休日   日曜日
駐車場   なし

発酵Cafe

発酵Cafe (1)

柏の光が丘にある「発酵Cafe」に行って来ました。
夜は 「BEG」というウイスキーバーですが 木金土のお昼だけ 発酵Cafeに変身します。

発酵Cafe (2)

基本的なメニューは こんな感じです。

発酵Cafe (3)

少し 遅めの時間だったので 売り切れているものもありましたね。
日によって サンドイッチの種類は 少し変わっているようです。

発酵Cafe (4)

マフィンや 発酵ドリンクも飲むことが出来ます。

発酵Cafe (5)

店内で 食べることも出来るのですが 今回は テイクアウトにしました。
1個でも かなりのボリュームありますし、 中の具は 半端なく多いので 周りの目を気にせず 家で こっそりと味合うのも ありですね。

それに 家でしたら 2つくらいなら 切ること可能ですし シェアして食べた方が 色々食べれていいですよね。

ただ 店内なら お昼から ビールやウイスキーなども 飲めてしまうという魅力もあります。

以前からこういう サンドイッチ 食べたかったので 今回嬉しかったです。

こういうの見たら 他のサンドイッチも 食べたくなりますよね。

住所    柏市光ヶ丘2-14-14 (南柏駅東口からバスで5分。聖光ヶ丘病院降車、徒歩1分)
電話    04-7113-4626
営業時間 11:30~15:00
営業日  (木、金、土のみ営業)
駐車場  なし

バカみたいに愛していた(その8)

バカみたいに愛していた8 (1)

松戸 八ヶ崎にある「バカみたいに愛してた」に行って来ました。
ここのらーめん たまに 無性に食べたくなるんですよ。
ここのジャンクさは 半端ないですからね。

バカみたいに愛していた8 (2)

メニューはこちら。
メニュー(食券器)まで ジャンクなのが また 面白いです。
新メニューに あご出汁らーめんも増えたみたいです。

バカみたいに愛していた8 (3)

カウンターには 辛い揚げ玉とにんにくチップ。
今回は こちらが合うらーめんを選びました。

バカみたいに愛していた8 (4)

まぜそば 担々麺+チャシュー(800円+200円)。
見た目から ジャンクさ来てますよね。

バカみたいに愛していた8 (5)

これを チャーシューと言っていいのか? 正直 肉の塊です。
これが 5個くらい乗っています。
これは 肉好きには堪りませんね。
柔らくて 肉の味もあるので この量でも 意外とバクバク食べれてしまいます。

バカみたいに愛していた8 (6)
 
担々タレの胡麻が しっかりと効いており この太麺に ガッツリと絡んできます。
ニンニクと 生卵とのハーモニーも ジャンクさをアップさせます。

バカみたいに愛していた8 (7)

途中から 揚げ玉ボンバーを追加、辛さとコクがアップします。
お好きな方は にんにくチップも入れると スタミナもパワーアップしますよ。

バカみたいに愛していた8 (8)

裏トッピングもあるので 追加すれば さらに 凄いことにもなりますよね。

バカみたいに愛していた8 (9)

この辺りで お酢も入れてみましたが また さっぱり感が追加されて 新しい味になって これも 美味しい。

バカみたいに愛していた8 (10)

残ったタレに ご飯を和えるもの また美味しそうですね。(私は もう食べれなかったですけど・・・)
ちなみに TKGが100円で売っていました。

この複雑な旨みが 何とも言えない 美味しさですね。

ジャンク好きな方 是非食べに行ってみてください。
デカ盛りメニューも いっぱいありますよ。

バカみたいに愛してた(その7)
バカみたいに愛してた(その6)
バカみたいに愛してた(その5)
バカみたいに愛してた(その4)
バカみたいに愛してた(その3)
バカみたいに愛してた(その2)
バカみたいに愛してた(その1)

住所     千葉県松戸市八ヶ崎1-1-1 八ヶ崎京葉ハイツ 1F
電話     047-341-6107
営業時間  11:30~15:00 18:00~23:00
定休日    無休
駐車場    なし 

そば助(その5)

そば助5 (1)

久しぶりに北千住の「そば助」に行って来ました。
この日は ヘルシーにお蕎麦気分だったのですが ここのお蕎麦は ちょっと普通の蕎麦とは 違います。
和の蕎麦と言うより 中の蕎麦とういう感じかな・・・

そば助5 (2)
 
学生さんには 優しいお店ですね。

そば助5 (3)

一応 ちょい飲みメニューもあります。
2軒目、3軒目の ちょっと軽くには いいかもしれません。

そば助5 (4)

しゃぶしゃぶ メニューも出来たのですね。
それにしても メニューの多いお店です。

そば助5 (5)
そば助5 (6)

こちらが そばメニュー。
お値段は だいぶん上がったような気がします。
以前は 食券器でしたが 今は 後は払いになったようです。

そば助5 (7)

中は こんな感じです。

そば助5 (8)

激辛唐辛子とニンにらのたれ。
ここの蕎麦は 出汁がしっかりと効いているので 私は あえて使うことは ないことが多いですね。

そば助5 (9)

極め塩 豚とろ角煮 温汁つけそば 950円です。
価格の割には ボリュームは控えめです。

そば助5 (10)
そば助5 (12)

塩出しは 相変わらず旨いですね。
エッジのたった角煮の方も お上品なお味で かなりの美味しさ。
この旨み出汁と良く合っています。

そば助5 (11)

そばは 国産のそば粉を使用した十割そば。
あまり いいお蕎麦は 食べないので 何とも言えませんが 私には 美味しいそばでした。

そば助5 (13)
そば助5 (14)

最後は 蕎麦湯で ツユを割って 出汁を味わいます。

とても 美味しかったのですが 以前の感覚ですと 高くなった気もしますね。

それも 時代の流れですかね。 でも 以前より 美味しくもなった気がしましたよ。

麺屋 音 別邸(その3)

麺屋 音 別邸3 (7)

北千住にある「麺屋 音 別邸」に行って来ました。
ここは どのらーめんも個性的ならーめんを出されるお店です。

麺屋 音 別邸3 (8)

お値段は そこそこしますが その分 こだわりありますね。

麺屋 音 別邸3 (1)

メニューは こちら。
今回の限定は 濃厚味噌担々麺でした。

麺屋 音 別邸3 (2)
麺屋 音 別邸3 (3)
麺屋 音 別邸3 (4)

せっかくなので 限定の濃厚味噌担々麺 1000円にしました。
この限定の濃厚味噌担々麺 必ず チーズのせご飯がついてきます。
ここの味噌は 特徴があり 野菜をドロドロに溶かしてとろみをつけてあります。
それでいて 塩分もそれほど強くなく 味噌の風味を生かしたまったりとした味に仕上がっています。
極太の 平麺との相性も 良く 個性的で面白いらーめんです。
ただ、今までのらーめんとは 感覚が違うので 好みが別れるかもしれませんね。

麺屋 音 別邸3 (5)

チーズを活かすために まずは コッテリ味噌スープを かけて チーズの乗った部分ご飯を頂きました。
味噌とチーズなので 合わないはずはないのですが それほどチーズぽさは 感じられなかったですね。
価格を下げて 小ライス(50円)追加でも いいような気もします。

麺屋 音 別邸3 (6)

その後 ひき肉を たっぷりと拾って スープもたっぷり こっちの方が 個人的には好きですね。
でも このらーめん 単品ですと 物足りなさもあるので やはり ご飯は付けたいです。

とは 言っても 個性豊かならーめんで 美味しかったです。


すする担々麺(その3)

すする担々麺3 (7)

学芸大学の「すする担々麺」でランチしてきました。
学芸大学もチェーン店の ランチが食べれるお店は あるのですが 個人店で ランチをやっているところは少ないですね。
これは どこの街でも 同じ傾向は ありますが・・・

すする担々麺3 (1)

メニューは こちら。
やはり 全体的に高いのが気にはなりますね。
他のお店は もっと高いところが多いので これでも まだ 入りやすい方です。

すする担々麺3 (2)
 
この日食べたのは 油淋鶏定食 900円。
ランチ時には ご飯は食べ放題になります。

すする担々麺3 (3)

縦盛りのされた 唐揚げは 見ごたえがありますね。
大体 普通の大きさで 6個くらいでしょうか?
ボリュームはありますので ご飯が お代わり出来るのは 有難いですね。

すする担々麺3 (4)
すする担々麺3 (5)

付け合わせは わかめスープ・温泉卵・きゅうりの漬物とご飯です。
ご飯が 最初から 盛りがいいです。

すする担々麺3 (6)

唐揚げの下には 醤油ベースのタレが たっぷりとかかっているのですが このタレが あまりしょっぱくもなく 美味しい。
唐揚げに たっぷり付けてもいいですし ご飯にかけてもいけます。
玉ねぎにもいい塩梅に染みており 唐揚げと一緒に食べるとさらに美味しくなります。

美味しかったので あと 100円くらい安いと また 来てみたいかなと思えますが・・・
これも 時代の流れですかね。

晃市(その2)

晃市 2(1)

柏の 公設市場内にある「晃市」に行って来ました。
ここに来るのも 約10年ぶりです。
外見は 昔と変わらないですね。

土曜日の 12:00少し前に行ったのですが ほぼいっぱいの状態でした。

晃市 2(2)
晃市 2(3)
晃市 2(4)
晃市 2(5)

こちらのお店は 写真付きでメニューを飾ってくれているので 内容が分かり易くていいです。
それにしても 種類が多いです。
かなり悩んでしまいました。

晃市 2(10)
晃市 2(11)

中にもメニューはあるのですが これの他に 壁にいっぱい貼ってあります。

晃市 2(6)
晃市 2(7)

中落ち定食 1000円。
中落ちは たっぷりあって いいのですが もう何かが 欲しい感じ・・・
入口に 特別に今日はありますように書いてあったので ちょっと寂しかったです。
でも、味は 美味しかったですけどね。

晃市 2(9)
晃市 2(8)

マグロユッケ丼 880円。
差は もやしのナムルくらいですが 1品少なくて 安いのに こちらの方が 魅力的ですね。
赤身と中落ちの違いがあるのでしょうが・・・

こんなにメニュー いらないから もう少し量を増やした方が いいような気がしました。

そっちの方が お店にもメリットがあるように思えます。

晃市(その1)

住所   千葉県柏市若柴69-1   
電話   04-7131-3635
営業時間 [月、火、木~土]5:00~13:30頃
       [水] 10:30~14:00
定休日  日曜・祝日
駐車場  あり

松戸香房(その4)

松戸香房4 (1)

久しぶりに「松戸香房」に来てみました。
メニューも だいぶん増えていますね。
ずいぶんと 安定感が出てきたと思います。
場所柄 目立たない場所ですので これからも 頑張って欲しいですね。
 

松戸香房4 (2)
松戸香房4 (6)
松戸香房4 (5)

新メニューは こんなところでしょうか?
ルーロー飯なんて 渋いものまであります。

松戸香房4 (4)

こちらが 夜の定番メニュー。
おつまみ 100円シリーズが 特長あります。

松戸香房4 (3)

お得な 晩酌セットもありますよ。

松戸香房4 (7)

平日の 早めの時間には ビールが安くなります。

松戸香房4 (8)

こちらが ランチメニューです。
良く分からないのがありますが お店の方に聞いてみてくださいね。

松戸香房4 (9)
松戸香房4 (10)松戸香房4 (12)
松戸香房4 (11)
 
新メニューから 全トロ麻婆麺にしました。
プラス50円で 1口ライスも・・・
いわゆる 麻婆豆腐が らーめんの上に乗ったものですが これが なかなかの絶品。
中華料理のらーめんは 単品ですと 物足りなさがあったりしますが 何がとドッキングすると 倍以上のパワーを発揮する場合があります。まさに これが その1品です。
最近 思うのですが らーめんに 豆腐って良く合いますよね。

松戸香房4 (14)

このラーメンには、ご飯は 鉄板ですね。
半分残しておいた ご飯に 豆腐とスープをたっぷりと かけて食べるのも 美味しかったですよ。

松戸香房4 (15)

こんな スタンプシートも頂いてしまいました。
職場が 近い方などは これは 有難いですよね。

松戸香房(その3)
松戸香房(その2)
松戸香房(その1)

住所      千葉県松戸市根本13-1 中銀マンシオン107
電話      047-711-7886
営業時間   11:30~14:30 L.O.14:00 17:30~23:00 L.O.22:30
定休日     月曜
駐車場     なし

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

kou

Author:kou
いいとこみつけたへようこそ!

このサイトは お店側と見て頂いる側とのいい関係を目指しておりますので お店の誹謗中傷的なコメント等があった場合は、勝手に削除させていただくことがあるのでご了承ください。

また、紹介している内容は 訪問当時の内容になります。価格やメニューなど変わっていることもありますので そちらもご了承ください。

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ランチ(柏) (229)
ランチ(松戸) (89)
ランチ(その他) (58)
未分類 (0)
らーめん松戸 (255)
らーめん柏 (139)
らーめん東京 (86)
らーめん(その他千葉県内) (18)
居酒屋・BAR(柏) (628)
居酒屋・BAR(松戸) (187)
居酒屋・BAR(その他) (95)
洋食(柏) (14)
洋食(その他) (21)
和食 (131)
中華 (127)
寿司 (27)
焼肉など (50)
エスニック (76)
スイーツ (2)
イベント (130)
おうちdeごはん (5)
日記 (26)
お店 (22)
美味しいお店(東京) (6)
らーめん(その他) (6)
パン (9)
Cafe (8)
昼飲み (4)

Adsense

Adsense2

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん