プリュファン
プリュファン (1)

豚肉に特化したお店「プリュファン」です。
特に ソーセージは 絶品です。

フレンチのシェフが、気持ちを込めて作る 本格ソーセージは 他では食べれないものです。

プリュファンとは、フランス語で「満足・お腹いっぱいになる」と言う意味で まさに今回は そんな内容です。

プリュファン (13)

中の様子は こんな感じです。

プリュファン (2)

この日は ショージさんと・・・
ソーセージには やはりビールです。

プリュファン (3)
プリュファン (4)
プリュファン (5)
プリュファン (6)

シャルトキュリ盛り合わせ 3点盛り。
シャルトキュリとは 肉の盛り合わせのことを言うようです。
まさに 肉好きのお店です。
それに 前菜なのですが このボリューム。
左から 牛タンのスモーク ピクルス添え・レバパテ・岩手・岩中豚の炙りベーコンの3種です。
チップの香りが香ばしい 柔らかい豚タンに ピクルスが お酒に合う感じで いい塩梅に漬かっています。
レバパテの下のパンは、レバパテ専用に 焼いた自家製レーズンパンです。
炙りベーコンは、あえて 熟成期間短くして しっとりと仕上げた一品。
なかなか このベーコンは 他では食べられない味だと思いますよ。

どれも シェフが 手間暇かけて 素材から作り上げている こだわりようが 素晴らしい。

プリュファン (7)

子羊・ミックスハーブのソーセージ。
1本が ボリュームありますね。
プリプリのソーセージは、間違いなく 美味しい。

プリュファン (8)
プリュファン (11)
プリュファン (12)

こちらの パンも素晴らしい。
全て自家製パンで 種類も豊富。
これを 目当てに来るお客さんも増えているそうです。

プリュファン (9)
プリュファン (10)

アンドゥイエット。
豚の内臓のソーセージです。
これも 柏のお店では 食べたことがないです。
他のソーセージと比べると 内臓を使用している為か あっさりとしてます。
つなぎを使用していないため、上手く食べないと ホロホロと崩れてします。
内臓の臭みもなく 美味しいソーセージですね。

プリュファン (14)
プリュファン (15)

メインは、豚こめかみの赤ワインソース煮にしました。
柔らかく煮込まれた 豚こめかみの肉は、超 美味しい。
付け合わせの 京いも旨いし ちょっと お値段が張りますが、頼んだ甲斐があります。

プリュファン (16)

ここで ショージさんが頼んだ 地ビール。
ビールも 変わっていたのを置いてあって 楽しめそうです。

プリュファン (17)
プリュファン (18)

最後に 気になった 豚のグラタンも 頼んでみました。
普段は 豚の内装系が入っているようですが この日は ソーセージが多かったようで ソーセージでした。
トマトベースのソースとソーセージが また合います。
結構 これ好きかもしれないです。

どれも ボリュームがあって美味しかった。

そして お腹も 超いっぱい。

まさに ”プリュファン”状態。 

シェフの 箕輪さんとも色々とお話が出来たし 楽しい1日でしたよ。

肉好きな方には 是非 おすすめのお店です。

住所    千葉県柏市柏3-4-21 コーマス柏1F
電話     080-9675-2929
営業時間 月~金 17:00~23:00(LO21:30)
       土・日  12:00~15:00(LO14:00) 17:00~23:00(LO21:30)
定休日   火・第1・3月曜日
駐車場   なし
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?