プリュファン(その6)
プリュファン6 (1)

柏のプリュファンでイベントをやるとのことで 行って来ました。

プリュファン6 (2)

その内容は 世界のビールと世界のソーセージ。
西口のクラスターさんから協力を得ての開催です。

プリュファン6 (3)
プリュファン6 (4)

ビールは こんな感じです。
これに 普段出しているビールも飲むことが出来ました。

プリュファン6 (5)

ソーセージメニューは こちら。
内容を書いていただいているので 頼みやすいですね。
どれも 美味しそうですが 1本あたりのボリュームがあるので 何本も頼めないのが 悩みですね。

プリュファン6 (6)

サイドメニューは こちらです。
お手頃ですが 凝っているものばかりです。

プリュファン6 (7)

まず1本目は ドイツの ヴァイエンシュテファン ヘーフェヴァイスビア。
それほど 苦みも強くなく 細かい泡でソーセージに ピッタリ。

プリュファン6 (8)プリュファン6 (9)

ソーセージが焼けるまでに 小玉ねぎローストと彩りピクルス。
小玉ねぎローストは 4時間も 低温で火を通した逸品。 甘みがたまらく良かったです。
200円に商品に これだけ労力をかけるのが プリュファンらしいですよね。

彩りピクルスも酸味もほどほどで いい箸休めになります。

プリュファン6 (11)
プリュファン6 (12)

1本目のソ-セージは、北スベロニアのクランスキー。
牛と豚のソーセージで 肉質がしっかりとした お肉本来の味を よく噛んで味わうタイプの ソーセージです。

プリュファン6 (13)

ビール2本目は 舞浜のハーヴェスト・ムーン シュバルツ。
黒ビールながら 苦みが抑えてあり 飲みやすいビールです。

プリュファン6 (10)

この辺で 自家製パンも頂きました。
今回は ミルク・ガサムマサラ・セサミです。
水分を足して 焼き直して出してくれるので 焼き立ての美味しさが 戻ってきます。

プリュファン6 (14)
プリュファン6 (15)

最後は サルシッチャ。
1度水分を飛ばしてから また焼き直しすので 皮の部分が パリパリです。
生ソーゼージなので、ジューシーで 歯ごたえもいいです。

今回も 美味しかったです。

次回の イベントも 楽しみですね。

プリュファン(その5)
プリュファン(その4)
プリュファン(その3)
プリュファン(その2)
プリュファン(その1)

住所    千葉県柏市柏3-4-21 コーマス柏1F
電話     080-9675-2929
営業時間 月~金 17:00~23:00(LO21:30)
       土・日  12:00~15:00(LO14:00) 17:00~23:00(LO21:30)
定休日   不定休
駐車場   なし

スポンサーサイト

Comment 0

What's new?