五感ず(その10)
五感ず10 (1)

久し振りに 柏 東口の「五感ず」に行って来ました。
ここの創作料理は 何食べても美味しいし 面白いものもたくさんあります。

五感ず10 (3)

この日の黒板。
今日は 何を食べようかな・・・

五感ず10 (2)

まずはエビスビール。
ピンボケですいません。

五感ず10 (4)

お通しは 煮物。
ちょっと寒くなってきたので こういうお通しは 嬉しいです。
大根の味が良く滲みていました。

五感ず10 (5)

1品目は しめさば。
五感ずのしめさばは いい感じの締め方なんですよ。
見つけたら 頼む確率非常に高いです。

五感ず10 (6)

鰯明太。
通常 お腹に明太を入れるのですが こちらは もう 、明太子に漬かりまくっています。(お腹にも明太入ってました)
こんなの 初めて見ました。
マジ 超ウマです。
鰯の脂と明太子の辛味が いいハーモニーを醸し出してお酒には合いますよね。

五感ず10 (7)

小牧醸造の 伊勢吉どん 平成二十九年新酒。
最近ここの蔵の焼酎を良く飲んでいます。
今回は ロックで飲んでしまいましたが、お湯割りにすると もっと楽しい様です。
温度によって 表情が変わるみたいので 次回は お湯割りで飲んでみたいです。

五感ず10 (8)

珍しいのがあるということで 村重酒造のジョーカー。
アルコール度数35度の清酒をオーク樽にて10ヶ月以上貯蔵、熟成させたものです。
バーボンを彷彿させるスモーキーなフレーバーと米麹が醸し出す、刺激的でお奥深い味わいのある個性豊かなお酒です。

五感ず10 (9)

能登のお酒で 竹葉 純米 ひやおろし 生酒。
芳醇な香りと円熟したまろやかさが しっかりとした味わいで 味の濃い料理でも負けません。

五感ず10 (10)
五感ず10 (11)

周りの方がみんな食べていたので 頼んでしまいました。”牡蠣チャウダーです。”

ビックリするほど 牡蠣の旨みがスープににじみ出ています。
こんな旨みの強いチャウダーは 今まで食べたことがないと思います。

五感ず10 (12)

今度は、麦冠 情け嶋。
言わずと知れた 有名な麦焼酎。
口に含んだ瞬間 麦の香りが口いっぱいに広がります。
麦好きに 堪らないですよね。

五感ず10 (13)

最後は 和歌山の桃ジュースで アルコールではありません。
果汁50%ながら 上品な ももの旨みが詰まっています。
通常 ももジュースは 甘すぎるか物足りないか どちらが多い気がしますが、こちらは ちょうど中間くらいです。
アルコール類と 価格は それほど変わらないありませんが、良く出るそうです。
みかんバージョンもありますのでそちらも 試してみてください。

この日も 満足な1日を過ごせましたね。
このお店は はずれがないので 毎回 楽しく飲めるいいお店だと思います。

五感ず(その9)
五感ず(その8)
五感ず(その7)
五感ず(その6)
五感ず(その5)
五感ず(その4)
五感ず(その3)
五感ず(その2)
五感ず(その1)

住所     千葉県柏市柏4-9-10 
電話     04-7196-7744
営業時間  17:30~翌 1:00 
定休日    不定休
駐車場    なし 
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?